事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

土地活用法

「太陽光発電」は何故土地有効活用方法で注目されているのか

投稿日:

「太陽光発電」は何故土地有効活用方法で注目されているのか

土地有効活用方法で近年注目されている事といえば、太陽光発電での活用方法です。太陽光発電で土地有効活用する為には、これらのポイントに目を向けて検討するようにしましょう。

太陽光発電で土地活用する際の注意点等、知っておくべきポイントをまとめてみました。

土地有効活用に太陽光発電が注目されている理由

土地有効活用に太陽光発電が注目されている理由は、電気が高く売れるという事です。太陽光発電から生み出した電力は、電力会社が販売する電力価格よりも高い価格で買い取ってもらえます。

一般的な電力会社の電力価格が1kwh20円程度に対し、太陽光発電で生み出された電力は、1kwh当たり37円程度で売電が可能となります。使っていない土地に太陽光発電システムを設置する事で、効率的な土地有効活用と出来るのです。

太陽光発電に適している土地とは

土地有効活用で太陽光発電事業を行いたくても、その土地が太陽光発電に適していなければ、土地有効活用とはなりません。

太陽光発電にはどのような土地が適しているのか、ポイントをご紹介致します。

日当たりが良く周りに障害物がない

太陽光発電の1番の大前提は、日当たりが良くて発電率が高い事です。終日日が当たって発電できる、障害物がない土地が前提となります。当たり前の事に思えるかもしれませんが、意外と該当する土地は少ない傾向があります。

発電率が高くないと、せっかく投資した太陽光発電システムの費用を回収する事が出来なくなってしまいます。

整地コストの問題

太陽光パネルの設置は平地になっている事が前提となりますので、平地になっていない場合は整地の造成が必要となります。土地に凹凸があったり樹木が多い場合は、それらの整地費用を加味して考えるとコストが高くなってしまい、土地有効活用とは程遠くなってしまいます。

太陽光発電への土地活用は自分で行うべきか賃貸すべきか

太陽光発電の土地活用は、ご自分で太陽光発電を行うか、土地を賃貸して借主が太陽光発電を行うのかの2つの方法があります。

これらの2つの、メリットとデメリットをご紹介致します。

ご自分で太陽光発電を行う場合

ご自分で太陽光発電を行う場合は、売電収入が地代収入よりもはるかに高いので、大きな利益とする事が出来ます。土地を貸す方がローリスクではありますが、売電収入は想像以上です。

土地の借主に太陽光発電を行ってもらう場合

単純に、土地の賃貸費用を得る事が出来ます。太陽光発電の設備設置等の費用を持ち出す事が無いので、土地賃貸の費用のみが毎月収入として入ってきます。

太陽光発電設備を設置する場合は長期にわたって土地を借りるので、長期的な土地賃貸の収入を得る事が出来ますので、安定した収入となります。土地を貸す場合、20年間はご自分で使う事が出来ない土地と思っておかないと、相続等後に困ってしまう場合もありますので、ご家族の都合等よく考えて決定するようにしましょう。

太陽光パネルに対し発電量を下げる物が付着しないか

積雪や落ち葉など、太陽光パネルに付着してしまうと発電量が下がってしまいます。降雪の場合自然現象ですので止める事は出来ませんが、あまりにも降雪期間が長い地域では太陽光パネル事業は適さないといえます。

また、近くに大きな木があって落ち葉の影響を太陽光パネルに与えてしまう場合、太陽光パネルの発電量を下げてしまいます。

近くに電柱がある

太陽光パネル設置の際は、発電した電気を売る為に送電設備が必要となります。その為、近くに電柱が無い場合、電柱を新設しなければなりません。

電柱の新設費用は、太陽光パネル事業を申し込んだ事業者の負担となりますので、お客様負担となります。大きな費用となりますので、近くに電柱があるか無いかは必須項目となります。

遊んでいる土地があるのなら、今流行りの太陽光発電に目を向ける事をオススメします。ご自分が事業者となっても土地の賃貸のみであっても、収益性を高める事が出来る事間違いありません。

-土地活用法
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.