事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

土地活用法

土地有効活用相談の際に目を向けて欲しい他オーナーの意見

投稿日:

土地有効活用相談の際に目を向けて欲しい他オーナーの意見

土地有効活用を検討する際は、実際に土地有効活用を行っている他のオーナーの意見や体験談にも目を向けるようにしましょう。

既に土地有効活用を行っているオーナーであれば、メリットもデメリットも経験しておりますので、正確な声を受ける事が出来ます。これからご自分で不動産経営をしていくのであれば、先輩の声には耳を傾けるようにしましょう。

実際に不動産経営で土地有効活用した方からは、このような声があがっております。

税金対策となった

更地に建物を建てる事で、更地時代の固定資産税の1/6へと軽減されます。今まで更地に多額の税金を支払ってきた事がもったいなかったという声も多く挙がっております。

敷地に対し1戸建つ事で200㎡までの上限となりますので、1軒家を建てたら200㎡上限まで1/6の税金の軽減となり、それ以上の敷地には1/3に減税が該当します。

業者に保証を付けてもらい安定した収入とする事が出来た

賃貸物件の場合、入居者がいつもいるとは限らず経年により空室が出来てしまう事があります。

ローンの返済計画が崩れてしまい厄介な状態になってしまいますが、不動産業者に保証を付けてもらう事で全戸の毎月の家賃収入を得る事に繋げる事が出来ます。10%程の手数料は取られますが、それでもずっと一定の家賃収入が得られる事で、一生安定した生活へと導く事が出来ます。

逆に、賃貸の保証を付けてもらわない事で収入に安定性が無くなってしまい、ローンの支払いに困ったというケースもあります。

安定した資産運用

資産運用を考えられる方は、投資信託などを検討される方も多くいらっしゃいますが、景気に左右されて安定しないのがデメリットです。土地有効活用は低いリスクでの資産運用となりますので、大きな収入とする事が出来ます。

地域貢献が出来た

コンビニなどの商業施設を建てる事で、地域に足りない物を建設する事で地域貢献に繋げる事が出来ます。近年は、コンビニ建設が多くあり、土地を提供したりご自身で提供する事で地域の皆さんが便利に利用が出来る快適な建物とする事が出来ます。

資産が形として残る

建物を建てる土地有効活用を行うと、建物が資産として残ります。土地だけでは無く建物も資産となり、結果的に大きな財産が出来たと語る方も多くいらっしゃいます。担保となりますので、後に事業を行う事があっても担保として使う事が可能となります。

この様な状態に繋げる事が出来る事から、近年使っていない更地を活用される方が増えてきました。不動産投資は100%の成功率ではありませんが、成功される方が多い傾向があります。失敗にならないようにすれば大きなメリットが生まれるので、専門業者に相談をし将来が安定出来る土地有効活用へと繋げるようにしましょう。

-土地活用法
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.