事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

土地活用法

老朽化した家はどうしたら良い?

投稿日:

老朽化した家はどうしたら良い?

空き家問題は日本中どこでも起きていることですが、老朽化して誰も住めなくなった家のある土地をお持ちの方は、その土地活用に頭を悩ましていることでしょう。誰も住めないのか、住まないのか、売却は可能なのか。まずはそこから考えてみましょう。

老朽化と言っても、古民家であれば借り手や買い手はゼロではありません。風情を残した家であれば、却って高く売却できたり貸すことができます。建築物として、リフォームやリノベーションは可能でしょうか?もし、直して人に貸すことができれば、安定した家賃収入で一番の土地活用法と言えるでしょう。

とてもじゃないけれど、人が住めないということになると解体の必要があります。そこで経費ですが、解体費用で200万円程度、そして、更地になったところで、固定資産税が約5倍になるという試算です。建物がない分税金が高くなってしまいます。ですから、更地にしてしまう場合、次の土地活用の事は考えなければならないのです。

広い土地であったり賃貸マンションなどのニーズがある場合、初期費用はかかりますがアパート・マンション経営が一般的です。駐車場経営も良いのですが、税制上の優遇はありません。土地活用がうまくできない、固定資産税が払えないというのなら売却の手段もあります。

まずはその家の診断と周辺の環境から、何かの活用ができるかを判断しましょう。解体をする前に、土地の評価額を確認して、売却をするにしても、そのままが良いか更地の必要があるのかなど、不動産会社に相談してみてから行動することも必要です。

全国に空き家が点在している理由は、高い解体費用とその後の固定資産税の大きな負担がネックになっています。こうした場所は点在していますが、うまく土地活用ができることで、空き家対策となれば良いのですが。

-土地活用法
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.