事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

土地活用法

土地有効活用の際の目を向けて欲しい方法やポイント

投稿日:

土地有効活用の際の目を向けて欲しい方法やポイント

近年不動産投資に目を向けられる方が多くなり、土地の有効活用が注目されるようになりました。土地をお持ちの方は固定資産税がかかりますので、あらゆる方向に活用しメリットを得る事が1番の方法になります。

しかし、土地の有効活用は簡単そうで難しい事でもあります。ご自分に合った適切な選択が出来るためには、土地有効活用の知識を深めておきましょう。

土地の有効活用にはどのような方法があるのか、ポイントも踏まえてわかりやすくご紹介致します。

建てて賃貸する場合

土地活用で1番に目を向ける事といえば、建物を建てて賃貸する賃貸経営ではないでしょうか。

建物を建てる事で大きな投資となってしまいますが、成功すると安定した収入となりますので、将来的な収入に繋げる事が出来る大きなメリットがあります。しかし、賃貸住宅物件の維持は思いのほか難しく、空き家の発生は建物の維持費等見据えて置かなくてはいけません。

建物を建てて賃貸する方法は、これらがあります。

アパート、マンション

賃貸物件といえば、アパート経営やマンション経営ではないでしょうか。交通の便や人が集まると事であれば入居者は安定するので、賃貸物件は成功しやすい土地有効活用となり定期的な収入へと繋げる事が出来ます。

その為、投資物件として経営を行う方が大変多くいらっしゃいます。

借家や事務所などの戸建賃貸

住宅や事務所等の借家は長期的住居としてニーズがあるので、多少田舎でも入居者が定着しやすい物件となります。また、近年ではコンビニ店舗への借地としても、大変ニーズがあります。

ですが、賃貸住宅経営や賃貸事務所経営は1戸であるため、入居者が居なくなると収入が途絶えてしまうデメリットがあります。

貸別荘、ペンション

レジャー施設やリゾート施設等、旅行者が集う場所に賃貸物件として建てる物件です。旅館業の適用となるので、官公庁の検査を受けないといけないデメリットがあります。

シーズンオフもありますが、シーズン中はニーズがありますので、多少お高くても入居者を得る事が出来るメリットがあります。

高齢者住宅

団塊の世代が高齢者となっている現代では、高齢者住宅施設の数が足りなく困っております。今後もっと足りなくなるので、大きなニーズとなります。

しかし、高齢者施設の建設は大きな費用となりますので、費用に余裕が無い場合は経営ではなく土地の賃貸のみでも十分な土地有効活用となり収益を得る事が出来ます。個人が行う土地活用にしては規模が大きすぎるので、事業用地として貸すお宅も大変多くあります。

このように建物を建築し資産とする事で、相続税対策の関係も有利になりますので注目される方は多くいらっしゃいます。

トランクルーム

建築ではありませんが、このような土地活用もございます。建物を建設するという意味とは少し違いますが、土地にコンテナを設置して貸し物置のように一般の方に提供する収納です。

土地有効活用に使われる事があるのは、輸送コンテナを使ったトランクルームです。コンテナを複数のお部屋に間仕切りし、賃貸します。首都圏等人が集う場所でニーズが高く、常に満杯になっているトランクルームもあるほどです。

土地のまま賃貸する方法

建物を建てず、土地だけを賃貸して収入を得る方法です。ただ土地を貸すだけですので、費用が全くかかりません。

どのような土地賃貸方法があるのか、ご紹介致します。

事業用地としての賃貸

店舗や事務所など、利便性が高い建物建設の際の事業用地として、賃貸する方法です。

事業用定期借地権の契約は、10~50年までの期間となります。契約期間が終わったら更地で返してもらえますので、貸す側としては何もせず賃貸できるので安心してお貸しする事が出来ます。

駐車場としての賃貸

利用者が多い場所の土地であれば、駐車場として賃貸する事で大きな収入とする事が出来ます。舗装をしたり整備する必要がありますが、賃貸駐車場経営は意外とニーズが多いので想像以上の収入とする事が出来ます。

資材置き場としての賃貸

工場や土場など、企業で資材の置き場に困っているケースは多く、大きな公共工事が近くで行われる場合資材置き場としてとても需要があります。一時的な契約となってしまう事もありますが、返却の際には綺麗に更地にして返却してくれますので、貸す側としては手間がかかりません。

太陽光発電

近年空地を太陽光発電のパネルでいっぱいになっているのを見かける程、年々増えて来た土地有効活用方法です。確実な日照を得る事が出来るのであればソーラー経営は可能ですので、賃貸でもご自分で行っても大きな収益性とする事が出来ます。

土地の有効活用は、このように様々な方法があります。ご自分にとってどのような土地活用方法が適しているのか、よく考えて決定するようにしましょう。出来れば、長期的に利益を得る事が出来る土地活用がオススメです。また、土地の有効活用に拘らず、売買して現金化する事も1つの方法といえるでしょう。

土地は、何もせずに放っておく事が1番してはいけない事です。土地には税金がかかりますので、せめて税金分だけでも土地有効活用にて利益を得るようにする事が大きなポイントとなります。

-土地活用法
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.