事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

土地活用法

初心者でも事業しやすい駐車場経営の土地有効活用方法

投稿日:

初心者でも事業しやすい駐車場経営の土地有効活用方法

土地有効活用で1番に思いつく事といえば、駐車場経営の土地有効活用方法ではないでしょうか。手軽に始める事が出来る土地有効活用方法ですので、どなたでも気軽に出来るというイメージが強いと思います。

駐車場経営で土地の有効活用とする為には、様々なパターンやポイントを加味して行う必要性があります。土地有効活用の駐車場経営の方法やポイントなど、わかりやすくご紹介致します。

駐車場経営は簡単と思っていると土地の有効活用とならない事もある

土地有効活用に駐車場経営を行う場合は、その土地のエリアに合わせた駐車場を検討しなければ、失敗して赤字経営になってしまう事もあります。

特に近年は車離れが進んでおり、やみくみにスペースを作れば借りてくれるという考え方では土地の有効的な活用とならない場合があります。きちんと計画をし、リスクが低い駐車場経営になるようにしなければいけません。

駐車場は大きく分けて2つのパターンがある

駐車所は、大きく分けてこれらの2つのパターンがあります。

月極駐車場

月極駐車場は、月当たりで契約をして使ってもらう駐車場です。近くにマンションや企業が多い場合、月極駐車場はニーズがあります。

土地賃貸方式と自己経営方式がありますが、一般の素人の方には簡単な事ではありませんので、業者に管理運営を委託するパターンが増えております。

コインパーキング

近くに商業施設があり、都度使う時に使用するパー絹キングです。こちらは土地賃貸方式で、業者に運営を委託するパターンが多くあります。

駐車場経営のメリット

土地有効活用に駐車場経営を行う事で、このようなメリットを得る事が出来ます。

どのような土地でも対応が可能

駐車場ですので、日当たりが悪くても対応が可能です。余程田舎であればニーズは良くはなりませんが、ある程度の立地条件であれば対応が可能です。

途中で土地の活用の変更も可能

駐車場は平らな敷地状態ですので、途中でやむをえず土地の活用の変更をしなければならなくても、転用が簡単です。途中で売却も可能ですので、ご自分の都合に合わせて使う事が出来ます。

自己資金0円から可能

平らな土地であれば整備の必要が無いので、自己資金0円から始める事が出来ます。

駐車場経営のデメリット

逆に、駐車場経営のデメリットは、このようなポイントが挙げられます。

建物経営より節税効果が低い

土地を有効活用するという事は土地にかかる税金対策も視野に入れますが、駐車場経営では税金対策までとはいかない事もあり、税金への優遇が少ないといえます。

車離れにより景気への変動を受けやすい

近年車離れが多いので、自家用車所有率が高い場所での駐車場経営じゃなければ収益性が低くなってしまい、景気の返答を受けてしまう事があります。車離れの影響を受けない場合は、駐車場近郊の条件を細かく調べた上で、駐車場経営とする事が大事となります。

駐車場経営に適した人

駐車場経営に適した人は、このような方です。

極力費用を掛けずに土地の有効活用をしたい方

土地は有効活用したいけれど、あまり費用場掛けたくない。そのような方には、費用を最小限にとどめる事が出来る駐車場経営がオススメです。

転用性を確保したまま土地有効活用したい

土地をお持ちの方は将来子供に相続させる予定の方も多いので、いつでも転用できるような土地有効活用をされたい方がいらっしゃいます。駐車場経営の場合、すぐに転用したい場合は更地に出来ますので、最適です。

土地が建設に向いていない

土地が小さかったり不便ですと、建物を建てる敷地として使いにくいのが現状です。駐車場の場合は車を停めるだけですので、不便な土地でも活用可能です。

駐車場経営の際に気を付けるポイント

駐車場経営の際は、これらのポイントに気を付けて行う事が大事となります。

周辺の駐車場の需要に目を向ける

駐車場というのは、作れば必ず埋まる物ではなりません。利便性等によりニーズにも違いが発生し、中には5割程度しか常に埋まっていない駐車場もあります。

まずは周辺の駐車場の需要を調べ、果たして駐車場経営に向いているのかを確認するようにしましょう。

1台当たりの駐車場のスペースの確保

駐車場は近辺の利便性もそうですが、使いやすく停めやすい駐車場というのもとても重要となります。

駐車スペースに入った際、すんなり停める事が出来る駐車スペースなのか否かは、とても大事なポイントとなります。よくある失敗談といえば、駐車の数を多く作りたく実際の1台当たりの駐車スペースが狭すぎて停めにくいという事です。

駐車スペースというのは1台当たりの寸法ギリギリに作るのではなく、車の切り替えのスペース等の余白が想像以上に必要となります。最低限2.5m×5.5mは必要であり、停めにくいなら斜め駐車にするなど細かい部分まで検討して駐車場計画をするようにしましょう。

建築士の居る業者であれば駐車スペースに詳しいので、相談をしてプランニングを作ってもらうと良いでしょう。より多くの台数を停めたい等目先の事ばかりを考えて計画してしまうと、使いにくい駐車場となってしまいニーズが少なくなってしまいます。

収支をマイナスにしない

土地有効活用は土地にかかる税金対策とする為に行う場合は大半であり、土地有効活用をする為には税金と終始の差し引きによりプラスになっていなければいけません。それらを先にシミュレーションする事が一般的であり、収支が合わなく赤字になる事がないようにしなければいけません。

もちろん業者の方でシミュレーションを作ってくれますので、充分に検討した上で駐車場経営を検討するようにしましょう。

ご自分の使っていない土地の有効活用として、駐車場経営が手っ取り早いと思われる方が多いと思います。しかし、様々な点まで目を向けるようにしなければ、失敗してしまう事もあります。これらのポイントに目を向け、失敗のない土地有効活用に目を向けるようにしましょう。

-土地活用法
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.