事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

土地活用法

極小土地の活用法について

投稿日:

極小土地の活用法について

極小土地と言うのは、10坪以下の土地を言います。四角ではなく三角地や旗竿地など、狭さだけではなく建築に不向きな土地であっても、土地活用法はあります。

建物は建築できません。候補としてあげられるのが駐車場ですが、車を止められるだけのスペースがない場合がほとんどです。ですから、車ではなく自転車やバイクなどの駐輪場としての利用が最適です。初期費用がほとんどかからず、看板一つで活用ができます。

もし、その場所が駅周辺でも、オフィス周辺でもニーズはあります。自転車やバイクの駐輪場の場合、車にはない工夫が必要です。それは雨風対策です。屋根の設置、アスファルト舗装、盗難防止策などが必要になります。

建築物は無理でもコンテナは置ける極小土地の場合、貸倉庫としての土地活用もできます。コンテナボックスを設置するだけですが、初期費用はかかります。1基に月100万円ほどのコストがかかります。

また、自分で設置するのではなく、貸倉庫会社に依頼をすることも可能です。手数料はかかりますが、管理運営を任す事ができるので、一度依頼することで、その後の管理が楽になります。

自動販売機の設置も極小土地活用の一つですが、月平均電気代として5,000円はかかります。それを上回るほどの利用者がいるかどうかが大きな問題になります。初期費用はかからないので、メーカーですべて行ってくれるのは大きなメリットですが、収益の観点から不安が残ります。

しかし、例えば駐輪場と自動販売機でドッキングが出来るだけのスペースが確保できると、利用者が存在する安心感はあります。周辺の人通りや建物に左右されることが多いですから、実施調査を行ってからじゃないと、自動販売機の設置は簡単には決められないかもしれません。

-土地活用法
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.