事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

空き家活用

空き家活用 東京

投稿日:

国からの補助金制度がスタート


全国的に空き家の増加による問題が続出しています。国としても対策として、空き家対策に取り組む自治体や民間企業者の支援のための補助金制度を新設しました。

東京でも以前から問題視されている空き家ですが、今まではそれぞれの自治体が判断基準を持っていましたが、本格的に空き家対策総合支援事業として協議会を設置、各区方面が連携して空き家対策に講じると言うものです。

自治体が事業主体となる場合は、国の補助率は2分の一、民間事業者向けには3分の一と具体的な数字も掲げられています。空き家対策事業とも言っても良いこのような補助金制度は、これからますます充実、加速していくものと見られています。

各自治体においても、空き家の活用する民間事業者募集要項などが公布されるなど、ホームページなどで働きかけています。補助対象費用等の要項があり、自治体が窓口となって相談に対応しています。

例えば、空き家を地域活性のための地域交流の施設にして、その周辺を整備、居住できるようリフォームをした上で、低所得者のための住宅の転用等にする場合に補助対象になるというものです。

このような取り組みで、注目されているのが、低所得高齢者の住宅、保育園に入園できない待機児童対策のための幼児施設等の転用が考えられています。

今ある空き家をどのようにして活用ができるか、自治体も民間企業、そして個人でも今一度真剣に取り組むことで、空き家対策を官民一緒に考えなければならない時代になってきています。

空き家の活用 補助金でできた実例


東京都では、空き家活用のモデル事業者を公募、選定しています。ワンストップ相談窓口を設置、さまざまな相談と提案をして、費用の一部の補助の用意もあります。

この相談窓口では、不動産や金融機関、法律の専門組織との連携がなっていて、ここだけですべての相談ができるシステムになっています。高齢者や子育て支援、待機児童対策等への賃貸のための改修については補助金の助成等にも対応できますから、都内での空き家で困っている方、何か事業を考えている価値は直接問い合わせをしてみると良いでしょう。

過去の実例から見てみましょう。

多世代同居や子育て世帯向けに活用

バリアフリー改修工事、省エネルギー改修工事、耐震構造改修工事で国からと東京都からの補助金が210万円出ます。

一軒家やグループホームに活用

バリアフリー改修工事、省エネルギー改修工事で、国から500万円、東京都から600万円の補助金が出ます。

これらの活用で、改修工事にかかる一部補助金を受けることができます。

改修工事の規模等でも変わりますが、この工事を行うことで、空き家が生まれ変わること、人の流れや周辺整備などでできることは、空き家対策だけではなく、雇用や高齢者対策の一助ともなっているのが特徴です。

東京の空き家活用 グループホームの提案


東京都の補助金を使って空き家を目的に応じた建物にして、事業を行う。これが空き家活用の最大のメリットです。その家の環境や大きさに関係しますが、最近多いのがグループホームなどへの活用です。

普通の一軒家で、入居者を多くしないグループホームの場合、補助対象費用だけでも、転用が可能です。その後、入居者がいればそのまま事業として運営することが可能です。

もちろん事業者等が介入することで、一軒家だけを賃貸する形に持っていければ、賃貸料金での収入を見込むことが可能です。自分で行うのは大変な場合は、そのようなグループホームとしての賃貸方法もあります。

不動産会社によっては、普通の賃貸物件として対応するよう勧められることもありますが、これからの事業展開を考えると、東京都でのグループホームのニーズは高まると言えます。改修工事に補助金が出ることは大きな魅力です。

また、少し土地があれば、高齢者住宅というのも魅力です。グループホームとは違うのですが、高齢者のための福祉住宅にすることで、こちらも普通の賃貸物件よりはニーズが高く、入居率が低くなる心配はないとされています。

賃貸という点で考えると、改修のための補助金、そして、その後の転用も考えた空き家をどうするか、不動産会社や専門家、そして、東京都の相談を考えてみてください。

空き家活用はこれからのプロジェクト


東京の空き家活用では、各自治体がモデル事業を募集しています。

具体的に動き出した各プロジェクトは、空き家と地域団体のマッチング等で、自治体が橋渡しをするものです。空き家をなんとかしたい持ち主にとっては、賃貸での事業を目的として、自治体が借りたい団体との交渉をするものです。

この場合、問題点として、建物の老朽化や欠陥が指摘されたものが数多くありました。もちろん、改修工事には補助金制度もありますが、持ち主としてはその費用負担が高いことがネックとなっています。もともと空き家として何もしていない状態の家の場合、すぐに使用できる状態にない等の問題が出てきます。

また、家賃の交渉でも折り合いかつかず、失敗事例も少なくありません。その上、ここでは借りたい方と比較して貸したい方が圧倒的に少ないのも現状です。

都に相談に来る件数が圧倒的に少ないのですが、空き家は多い。それは、その持ち主が都内に住んでいない、このような情報が浸透していない、空き家を貸すというシステムそのものの認識がないなどの問題があります。まだ、自治体でも一気に多くの案件を処理することができない等の事務的な手続きもあります。

ただ、始まったばかりの自治体が介入する空き家解消対策。人口が多いエリアならではの新しい企画ですが、まだまだ周知に時間がかかってしまうということです。

空き家活用にランドピア土地活用サイトの利用


最近、土地や不動産等の一括査定サイトなどが多いですが、土地活用のためのサイトも多くなっています。

これは、不動産の査定ではなく、空き家や遊んでいる土地をどう生かしたら良いかという一歩先行く提案をするものです。ランドピア土地活用サイトなどでは、土地の都道府県と広さ等を入力した上で、地域別に土地活用の相談に乗ってくれます。様々な土地活用に対応していますから、他の業者の介入なしに、ここだけで相談ができる強みがあります。

賃貸住宅は対応していますが、ガレージには他の業者を当たってくださいと言うよう事はなく、その地域に合うニーズを一緒に考えてくれます。

土地活用は、利回りまでを考慮したものを提案してくれます。空き家に関しても同じことです。改修工事ができるのなら、補助金を使った建物、思い切って買いたいをして新しい賃貸住宅を建てる等の事業が考えられます。その時にかかるコスト、その後の収入等を細かく計算した上で、空き家の生かし方等の提案が期待できます。

民間業者だからできる提案もあることから、このようなサイト利用で新しい空き家対策を考えてみるのも良いでしょう。東京等の都会においては、空き家活用もやり方しだいでは、大きな利益をもたらすことも多いビジネスチャンスとも言えます。

-空き家活用
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.