事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

空き家活用

空き家活用 アイデア

投稿日:

空き家活用 古民家をカフェに、過疎地でも成功する秘訣


空き家活用を考える時、その立地条件によって活用法が変わってきます。その地域によっても違いますが、有名建築家などが手がけた古民家の場合、そのまま外観は残して中はカフェなどの経営も一つの案です。

人通りの多いところでも良いですが、住宅地の中に佇む古民家ということであったとしても、口コミなどで評判になれば集客は見込めます。個人的な趣味として、アンティークな雑貨、キャンドル、そして目玉になるようなスイーツが揃っていれば、間違いなく女子は食いついてきます。

この時に、とても古い民家、すこし風変わりな建物、そしてあの建築家が関わっているということであれば、知名度も上がります。

もし、このような建物で2階建ての一軒家などでしたら、2階はフリースペースとして開放します。一軒家の2階をぶち抜いたとしても、広い空間ではないかもしれませんが、サークルの会合、ちょっとした集まりなどに使用してもらうことで、定期的な収益にもつながります。

仮に、自分で経営が困難なときには、経営者を探して賃貸する形でも良いでしょう。それまで人の流れがなかった地域に人を呼び、まちづくりの一端を担うことができます。

地方に行くと、このようなカフェが点在しています。地元の方は、大した相手にしていない空き家周辺に観光客などが来るようになり、あとか地元で評判になるというパターンです。

フェイスブックやツイッターなどでの口コミを推奨し、インスタグラムなどを駆使して宣伝をすると、結構人は集まります。ただ、単なるカフェではなく、目玉がほしいところですが、これが古民家であれば、それだけでも十分だったりします。

空き家活用 保育園の増設で待機児童問題も解決


これからの事業と期待されているのが、空き家を利用した保育園です。都心を中心に待機児童が増加しています。

これは、ハード面の保育園とソフト面の保育士不足が決定的な問題となっていますが、空き家をそのまま保育園に変身させることで、解決することができます。

ちなみに東京都では、空き家を保育園に改修した場合、固定資産税ゼロの政策をとっており、空き家活用の後押しになっています。もちろん改修工事の補助金などもありますし、保育士さえ集まれば、空き家問題だけではなく子育て世帯にはありがたい存在になります。

実際に動き出しているプロジェクトのようですが、実態としては難しい壁もあります。保育士不足もそうですが、ご近所で子どもの声が騒音とされて拒否されてしまう事例もありました。

規模の問題もあり問題は山積していますが、大掛かりな保育園ではなく、常時20人程度の小さな保育施設だったり病児保育園などにする提案もあります。特に病児保育園の場合、病気になった保育児は普通の保育園では預かることはできません。

しかし、母親は働かなくてはならない場合、どうしようもなく困ってしまう状態になってしまいます。そんな時、一時的に病児保育園に預けることで、母親は安心して仕事に行くことができます。

特殊な保育園として、保育士だけではなく看護師や病院との連携などの問題はありますが、ニーズとしてはかなり高いものと言えます。そして、この場合、大きな施設ではなく、民家程度の小さな施設でも対応ができるものと考えられます。

もし、その空き家の敷地が広いのなら、普通の保育園ではなく、一時預かりが可能なキッズルームと併設することで、収益関係でも安心できます。

本当に病児を持った親たちの立場を考えると、もっと増加してほしい病児保育園。そうしたニーズに一軒家の広さなどは理想的といえるのではないかと思われます。

空き家活用で町を変える 限界集落からの挑戦


現在全国各地の過疎地に、新しい文化の風が流れ始めている地域が広がっています。

高齢者が人口の大半を占める限界集落などでは、空き家対策に困っている地域はとても多いのですが、たとえそこにマンションなどを建設下としても、住む人などは皆無です。

建っている家と言えば、築50年60年と言った古い一軒家ばかり。住む人なしの廃屋になるのをただ見つめるばかり。そんな集落に、自治体が立ち上がり、町再生プロジェクトなどを掲げるNPO法人などの協力で、とにかく町を活性化したいと考えているところは多くなっています。

この時に中途半端な大きさではなく、限界集落などの忘れ去られそうな地域の方が再生しやすい環境になっています。過疎地域に点在する空き家をそのNPO法人が目指すものに改修することで、芸術家達の集まる空間、IT機器の導入でサテライトオフィス、提案型ワークショップなど、多くの若者が流入することが目的です。

空き家も新しいものに作り変えるのではなく、そのまま形で使いやすいように変えていく、町並みはそのままで、人々の流入が増えていくこと、いずれは移住までのお手伝いをしていくものです。交通のアクセスなどは関係のない仕事であれば、返って田舎の空間に身をおくことで、リフレッシュができると好評です。

最近では、IT関係の企業も多く参加していて、都会にいる必要がなく、収入も目減りすることなく、そのままその町に住んでしまう方もいます。空き家対策と言うよりは、限界集落そのものの解決に大きなヒントがあるこの企画ですが、自治体のバックアッブは絶対です。

現在、全国の自治体に対し、空き家対策についてのワンストップ相談窓口、計画段階からのアドバイスと補助金の増額などが決定しています。

都会ならば、空き家活用として賃貸や駐車場などの提案が多いですが、過疎地においては新しい何かを見つけなければ、本気の空き家活用はできないのです。そして、空き家問題の解決が人口増加につながる、これこそ過疎地で抱える問題解決の一助となっています。

空き家を越えた廃屋の存在


廃屋は、写真マニアの中では人気のアングルです。かつて、そこに歴史が存在していたことを示す朽ち果てた建物もまわりの雑草さえ、ファインダーを覗けば、声や音が聞こえてくると言います。

そんな趣味で廃屋を撮る方にとっては絶好のものですが、周辺の方にとっては迷惑な存在です。畑の中の朽ち果てた廃屋、地方に行けばゴロゴロとしています。

空き家問題では、このような廃屋についてはあまり問題視されないのですが、正直言って景観的には最悪なものです。写真家にとっては、良いものでも地域にとっては迷惑なものですし、所有者にしてみれば更地にしたら固定資産税が高くなってしまうことで、そのままにしている。住人がいなくなり、相続人も見てみないふりをしているというのが実情です。

ただ、この廃屋が町中にあったとしたら、これは大問題です。景観ばかりではなく、火災の原因にもなりかねないことでなんとかしたいところですが、空き家活用としてはどうしたものか?ということで悩んでいる方は多いです。

まず、廃屋であれば、取り壊すしかないでしょう。リフォームも改修工事もできないのであれば、更地にするのが原則です。ただ、古民家と称した場合は別です。昭和の始めなどの建物の場合、洒落たデザイン、レトロな雰囲気であれば、カフェ、雑貨屋などができないこともありません。

そして、所有者の趣味の問題もあり、その地域の規模にもよりますが、町中で若者などで比較的多い場合、レトロな店で魅力的な商品があるとなれば、成功するビジネスもあります。使える空き家であればの話ですが、町中の廃屋に関しては、なかなかその先の話が進まないのが実態です。

空き家をどうする?自治体との連携


まちにとって家は宝です。ただし、人が使っているものに限定され、空き家はその中に入りません。

人はだれでも新しい住まいには魅力を感じのすが、古いものについては、失くしてしまうかそのまま放置してしまうことになります。古い物を壊して新しいものを作る創生は良いですが、放置、これが厄介な空き家を作ってしまいます。

何か空き家活用をしたいと言っても、その地域に合うものでなければなりません。一番良いのは、そのまま賃貸してしまうことです。不動産会社を介しての賃貸経営が、安定した収入を得ることができ、空き家ではなくなりますが、それも古くなれば借り手はいかない状態です。

では、商売ということになると、何をしたら収益を上げることができるか?現在の町並みであの店があった良いのにというものであれば、間違いなくヒットするのですが、今の時代はそんな商売はなかなかありません。

何か特別な魅力を持つもの。わざわざここに来たくなるものがあれば良いのですが、それもないということになると、困りものです。

ただ都会では、一軒家などを、地元の集会所として提供してくれることで、一定の補助金で改修工事などできるシステムが構築され始めています。ワークショップ、サークルの集会所としてのニーズが高まる地域では、自治体が間に入って、空き家対策に乗り出しています。

賃貸も商売も不向きであれば、このようなシステムに乗って、自治体との連携でスペースを貸すのが無難です。ただ、これも一定の規定があり、借り手の要望、賃料交渉などで、なかなかうまくいっていないというのが現状のようです。空き家活用、空き家対策は、問題は山積しているようです。

-空き家活用
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.