事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

空き家活用

空き家 活用

投稿日:

空き家の活用事例


全国的に空き家が増加していますが、使わない家をそのままにしておくのはもったいない。何か活用法は?というと、真っ先に浮かぶのは、賃貸です。都会なら借り手もあることが多い空き家ですが、地方においても地方移住者にとって空き家の存在が注目されています。

しかし、実際には不動産などの市場がうまく機能していない地域では、自治体が空き家バンクなどの形で空き家をストックしている場合があります。

できれば、すぐにでも人が住める環境にすることで、バンクに登録することで空き家の活用ができます。そんな面倒なことをせずに、賃貸物件として提供したいところですが、その地域に合う賃貸状況を見極めることが大切です。

賃貸の別の形では、店舗用に改修工事を行ったり、リフォームをして付加価値を高めるなどの空き家の工夫も必要です。自由度の高い賃貸物件にすることで、空き家バンクにしても、新しく何かをしたいと物件を探している方のニーズに合う形にしておくこともポイントです。

しかし、いずれにしても、その地域性の問題も大きく、いくらキレイに仕上げた空き家だとしても、肝心の人口減少が続いているところでは空き家などには目もくれないと言った状況が続いているのも確かです。

借り手が現れそうもない空き家に関しては、そうした理由から朽ち果てるだけの家が点在している地域も多いのも現状です。

空き家活用のアイデア 自治体とのタイアップ


空き家の賃貸契約が難しい地域などの場合、公共施設として自治体やNPOに使ってもらう方法もあります。家具だけをなくした空き家で、水道や電気などを使える状態にして提供することで、コミュティスペースとして活用してもらうのです。

地域貢献の意味から言っても、使ってもらうというスタンスになりますが、そこで多少の賃貸契約ができる場合もあります。使用者との話し合いになりますが、NPOだけではなくサークル活動の集会所として利用してもらうのも一つの手です。1時間◯円という使い方をしてもらうことで、空き家の活用ができます。

同時に、不動産屋には賃貸住宅としての募集も考えもらうことで、とりあえず入居者が決まるまでのつなぎの施設として提供するのです。自治体にしても、1年更新の形で契約をします。

空き家の状態ではなく、常に人の行き来がある家は傷みのスピードが遅くなります。改装の必要もなく、使っていた時間がある分、賃貸希望、購入希望者にとってもすぐに住むことができる体制を整えることができます。

何もしていない状態より良い状態での引き渡しができることから、自治体、NPO、サークルなどに使ってもらう場所としての提供も一考です。

空き家の活用 学生に貸す


もし、空き家のそばに学校があるのなら、学生賃貸というのも一つの案です。しかし、一軒家である場合は、その広さから敬遠されがちですが、ルームシェアの形をとってもらうことで、複数の学生たちの住まいとして提供するのです。

大学や高校受験を控えた前の秋くらいから、不動産には次々と問い合わせが入ります。合格を待たずに部屋を決めておこうという学生が多いのですが、その一つに空き家を提供します。もちろん1人でも良いのですが、数人のルームシェアで家賃も安く入れますというのが大きな売りです。

大家がしっかりとしていることで、学生の保護者からの信頼も厚いのも確かです。きれいなワンルームはいいけれど、近所付き合いが苦手、できれば一軒家が良いという若い方も少なくありません。

そして、大学などは決して都会にあるものではなく、とんでもない田舎に存在していることも多いです。駅から◯分の交通の便よりも、その学校に近い空き家があることで、借り手が付く可能性も高いと言われています。

現在、あまり馴染みのない学生向きの空き家の活用ですが、1つだけ期間限定の賃貸になることは否めません。ずっと住み続けられる保証がない分不安はありますが、学校卒業と同時に次の新入生が入居となるようリズムができれば、効果的な空き家の活用法になります。

[cc id="78" title="バナー780x180"]

田舎で空き家活用 民泊という選択


田舎の空き家対策としては、体験者住宅としての提供がありますが、これはあくまでもボランティアの域を脱することができないとされています。

それなら移住者用住宅としての用意ですが、自治体を挙げてのPRなども必要ですし、何か魅力のある街でなければ、そうそうに空き家がすぐに移住者の手に渡ることはないでしょう。インターネットなどを使って、一応ホームページは出すけれど、気長に待つ事も必要になります。

移住者と言えば、最近は民泊に空き家を提供する動きもあります。国の補助事業として、これから整備を始めようとしていることですが、事業者になるための申請は複雑で、時間がかかりすぎるとの不満があります。大掛かりなリフォームも必要になることがありますし、消防法などの規定もクリア、改修工事などの手を加えることも必要でしょう。

しかし、その申請交付をした上で、民泊の建物と認定された場合、空き家活用としては大きな収益が期待できます。インターネットなどでの広告でも、民泊というだけで目に留まる事も多いですが、近所のホテルなどと価格で差をつけることで、一度泊りに来た方が口コミなどで宣伝をすると、信じられないほどの利用者が増えるとも言います。

このような状態にするには努力も必要なことですが、空き家活用に民泊というのは、これからますますニーズが高まるのは確実です。

空き家活用例 秋田県の過疎地の場合


過疎地の空き家問題は永遠に解決できないと思っている方も多いですが、そんな事はありません。実際に秋田県五城目町でのプロジェクトを見てみましょう。

高齢化率が全国一の明丈かでは過疎化が急速に進んでいて、特に地方の町などでは若者の流出が跡を絶ちません。そこで、町が考えたのは、移住ではなく、この地に頻繁に通ってもらうための施設作りです。豪華なホテルでもなく温泉旅館という選択を取らずに、空き家になっている古民家を活用した宿泊施設の設置です。

会員制にして、年会費3000円を支払ってもらうことで、気が向いた時に気軽に宿泊してくださいという形。SNSで情報を拡散し、多くの会員を募り、交流イベントを東京都内で開催。そうして知名度を上げて、五城目町まで、若者を呼ぼうという取り組みです。

この取組の中心はフェイスブック。募集は目標の倍近い人数が集まり、注目される空き家活用です。行政も一緒になって行わなければならないと、ここまでの大規模プロジェクトにはならないかもしれませんが、過疎地の空き家の場合は、すぐに移住ではなく、とりあえず見に来てもらって、たまに泊りに来て、本人には癒やし、地域に刺激を与えてくれる場としての空き家活用が有効です。

宿泊だけにとどまらず、とりあえず見に行きたくなるような空き家があり、フェイスブックなどで情報を流すことで、興味のある方は足を運んでくれます。展示会などで入場料金を収入とする、これだけでも空き家の活用として大きな成果です。

-空き家活用
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.