事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

おまとめローン

中央リテール おまとめローン 評判

投稿日:

中央リテールのおまとめローンとは?

大手消費者金融審査落ちで中小消費者金融の情報を集めていると中央リテールがありました。東京にある中小消費者金融ですが、目に飛び込んでくるのが、金利の低さです。

中小消費者金融なのにこんなに低金利?

それには理由があります。

中央リテールはおまとめローン専門の会社です。新規で数万円のキャッシングは一切受付していないので、多重債務者がおまとめローンをするためにだけ申込ができます。

注目の低金利ですが、これが中央リテールとしては大きなポイントになっています。そこで、ブラックリストで多重債務者になっていれば、期待の金融業者になります。

おまとめローンって何?

例えば、3社の多重債務者だとします。大手消費者金融3社、大手消費者金融と中小消費者金融のミックス、クレジットカードのキャッシング枠の借入などを、1つのローンに借り換えするという方法です。

中央リテールでは、そのときに元金が大きくなっていて低金利になります。それが、普通のおまとめローン以上の低金利であり、ブラックリストには負担ないキャッシングになるというものです。

普通のおまとめローンと大きく違うのは、中央リテールでは限度額の最低ラインが高いなどの特徴があります。中小消費者金融、ブラックリストでも借りれるという情報サイトで検索がされることになります。

ブラックリストなのにどうして借りれる?

おまとめローン専門会社としては、審査基準が低いからです。

実際には、担当者との審査を直接対面で行うことで審査通過率は低いのですが、条件は色々とあります。ただ、大手消費者金融のおまとめローン、限度額が大きな銀行カードローンの借入ができない方の中央リテールの成功者もいます。

融資対象者としては安定収入なども言われていますが、実際には担当者が最終的な判断をします。そこで、1つだけ言われていることは、多重債務ブラックリストだとしても絶対に中央リテールのおまとめローンができるとは限らないとのことです。

また、必ず会社に行って審査をすることになります。その時、平日に来社できる人対象になります。残念ながら全国対応の中小消費者金融ではなく、地域限定のキャッシングになってしまう。それが難点です。

おまとめローンだけど低金利になっていることでは、多重債務者が完済できるチャンスですが、審査はなかなか大変だとの口コミも少なくないです。東京近辺の多重債務者、ブラックリストで困っている方は、インターネット申込で仮審査を受けてみると良いでしょう。

ホームページだけではわからないこと

中央リテールはおまとめローンの専門会社です。新規での借入は対応していません。

申込条件

当然ながら、既に債務がある方、多重債務者が対象です。限度額500万円であり、返済期間は最長10年間になっています。おまとめローンとしては十分な内容ですが、金利上限が13.0%になります。これは、中小消費者金融のおまとめローンとしてはとても低いと評判です。

インターネット申込で仮審査を行い、本審査は会社で行う対面審査です。ホームページ上では、ここまでの情報です。

ここからが口コミ情報

ブラックリストでも借りれる中小消費者金融です。

おまとめローンの条件として、口コミで言われているのが債務が多い方が良いとのことです。最低150万円とか200万円とも言われています。すなわち、50万円程度の多重債務では契約ができないとのことです。

また、申込時点での毎月の返済額が7万円以上でなくてはならないとの口コミがありました。これも前後する数字です。現在、2万円程度の返済額の場合は、審査に通らないということです。既に多くの債務があり、毎月高い返済をきちんとしている方が対象と見た方が良いでしょう。

中央リテールのおまとめローンに借り換えしたとしても、10万円程度の返済額ができないと借入ができないとの口コミもありました。審査では1人1人違うとは思うのですが、一応多額の債務を持っている方で、毎月の返済額を完済まで支払いができることが必要ということでしょう。

要するに、返済負担を抑えることなく、10万程度の返済ができる方が審査通過する可能性が高いようです。

利用者の口コミ

審査落ちした方なのですが、個人事業主などは完済までの収入安定が見込めないことでダメだったと言います。この点でも、正社員だったり、完済までの退職をしないだろうという観測も必要になります。

ですから、アルバイトやパートの方で不安定な収入、個人事業主も同じ理由で審査に通らないことがあります。

ブラックリストでも借りれる

もともとおまとめローンは総量規制対象外であり、年収3分の一の限度額も無関係です。

中央リテールでは、当然総量規制以上でもOKですが、とにかく毎月多額の支払いができて、完済が約束される方しか借りられることができないというものです。さすがに低金利のおまとめローンであり、ブラックリストでも借りれるというのです。

しかし、良く確認をしたり、口コミを見ると、単に甘い審査の中小消費者金融のおまとめローンではないことがわかります。審査通過率が低いというのも納得でしょう。

ドキドキの本審査で中央リテールが知りたいこと

少し古い情報ですが、中央リテールではおまとめローンの審査通過後では、担当者と一緒に多重債務先に出向いて完済をしていくと言います。その上で、債務額が決まります。

おまとめローンの仕組み

金融業者のおまとめローンでは、申込者の債務額だけの貸付をする形です。その時に、金融業者の方で完済してくれる場合もありますし、その金額だけを貸付ける方法もあります。

担当者と一緒に完済というのは、監視されているようですが、本当に完済をしたかを証明ができる点では妥当な方法です。

審査は混迷?

インターネット申込をするのですが、仮審査に通った人だけ東京の会社に呼ばれます。そこからが本審査になりますが、担当者が詳細に事情を聞きます。

審査に通るためには、半年間の延滞遅滞はNGです。そして、審査に通ったときには、クレジットカード、カードローン、キャッシング類の契約は全て解約になります。カードローンなどでは仕事で使っていると言う場合も解約しなければならないという厳しい内容です。

ここで適当に言えば良い?と考えている方もいますが、個人信用情報機関の確認ができる中央リテールでは嘘は確実にバレます。そこで、解約していないと、契約は破棄されることになります。虚偽は絶対に厳禁です。

厳しい

低金利のおまとめローンですが、完済までは他の借入が一切できないことになります。この点では、他のブラックリスト対応中小消費者金融ではなんとなく暗黙の了解がありますが、中央リテールでは適当対応ができません。常に信用情報を監視しているので、ごまかしはできないでしょう。

中央リテールの目的

様々な事情で多重債務になってしまった。どうしても完済をしたいと言う方向きの金融業者です。それでも、ゆっくり完済というのではなく、月平均の支払額も高く設定していますし、他のクレジット解約という厳しい対応です。

これは、完済に向けての申込者の本気度を確認するものです。何とか返していけることではなく、絶対に完済してみせるという高い意思が必要です。会社での本審査では、このようなことも担当者との話の中で見いだされないと審査落ちになると言います。

実際に、完済可能性だけではなく、申込者の意思も審査は大きく左右しているようです。ですから、仮審査後の本審査で審査落ちの方も多いです。担当者との審査時間も長時間になることも多いです。

申込者の強い完済意欲と、それができるだけの返済能力が必要です。審査通過では本当に低金利のおまとめローンになりますが、絶対に債務整理ではなく完済してみせるという意思が審査の決め手の1つです。

中央リテールの審査、実は厳しい?

中央リテールのおまとめローンの評判では、敷居が高い審査基準だと言われています。審査通過率が低いこともあります。借入件数が多い、債務も多いというのが最低条件としてあります。

ブラックリストでも大丈夫ですが

一応は、ブラックリスト対応の中小消費者金融です。おまとめローンの他に不動産担保ローンの商品もあります。どちらも新規のキャッシングではなく、多重債務の借り換え目的のキャッシングと見て良いでしょう。多くの借入では200万円以上ということも。ただ、その時には申込者の収入などは大きく関係します。

総量規制について

総量規制とは、貸金業法の限度額で年収3分の一とされています。おまとめローンでは対象外ですが、新規キャッシングや多重債務ではこの範囲内が原則です。

中央リテールでは、総量規制無関係のおまとめローンと不動産担保ローンです。ですが、200万以上の債務があるとして、申込者の年収が少ないと審査落ちです。要するに、年収がある程度なくてはならないということです。少なくとも300万円以上、場合によってはそれ以上の年収を必要とします。

不動産担保ローンも同様です。年収に近い多重債務者では、完済ができないとの判断です。それと、中央リテールでは毎月の返済額が高い設定になっています。現在の多重債務での返済額が、7万円程度支払いを延滞遅滞なくしていることが必要です。

高い債務に高い返済額

多重債務、多い債務があり、毎月何とか必死で返済をしている。ここで少し楽をしたい。

そのため、中央リテールで10万円程度の返済額を毎月支払いできることがポイントです。既に、他のおまとめローンもできない状態で中央リテールに行くことが多いです。その時に他の審査落ちの原因が、単に債務が多すぎることであることが必要です。

これは、ブラックリストですが、返済能力が高いことが審査通過の条件です。ですから、なかなかこのハードルを超えることができないブラックリストが多いことになります。

たいてい中央リテールの検索では、自分の債務が多く、あまり支払いができない状態でしょう。その時に、このような高い条件を突き詰められることで、中央リテールのキャッシングができないことになります。これでは、なかなか中央リテールのおまとめローンができないということになります。

ブラックリストでも借りれない

また、債務が多いけれどきちんと返せるかどうかの本審査は会社で行います。担当者との対面審査になりますので、人となりの審査も直に行います。態度も審査のうちですが、ブラックリストだからと簡単に借入ができる、融資ができるとは限らないようです。

中央リテールと弁護士

中央リテールの評判としては、おまとめローンができる多重債務者には最後の砦的存在として取り上げられることが多いです。多重債務者しか申込ができないことでは、多重債務が原因で審査落ちの場合も少なくありません。

完済不可能では借りれない

当然の話ですが、多重債務で他社の新規借入もおまとめローンもできないので、中央リテールでのおまとめローンの申込をする方は多いです。こんなに多い債務で5社の多重債務でも借りれた実績があります。

ということは、どうしても完済したい方にはうって付けの金融業者です。ところが、審査で完済見込みがない場合は、審査落ちになります。

債務整理のススメ

中央リテールでは、多重債務の申込者に対して、ここで審査落ちになった時には、債務整理をおすすめしてきます。

この時に、弁護士紹介の口コミがいくつかありました。紹介屋の疑惑ですが、それがアドニス法律事務所などの名前が挙がっています。本来紹介はない話ですが、債務整理した方の口コミではとても親切対応で感謝しているとのことです。料金的にも割高になることなくという点では、良いのではないか?という口コミもありました。

一応はNG

金融業者が弁護士紹介というのはNGだとされています。ただ、上記で紹介をしたのは、債務整理のためではなく、無料相談をしているところとしての紹介です。

もし弁護士紹介したとしても、そこでは借金について、債務整理についての詳細な話を聞くだけの場合も少なくありません。本当にダメなのは、中央リテールがここで債務整理の契約をしなさいという内容です。その権利は、債務者にあります。

中央リテールに行く人たち

多重債務者で新規もおまとめローンの審査も通らない。中央リテールもどうしようと言うときには、最初から、債務整理を選択した方が良い方も多いです。

中央リテールでは、おまとめローンで高い毎月の返済できることが必要です。東京の会社に直接平日に行けることも条件の1つです。不動産担保ローンもありますが、どこでもOKではありません。そこで、中央リテールで借りたいと思ったとき、多額の多重債務者であれば、同時に債務整理を自分で弁護士に相談するのも必要です。

既に遅滞をしている状態ではここは中央リテールではなく、債務整理が先決でしょう。中央リテールの弁護士紹介を待つのではなく、自分で無料の債務相談、債務診断などを受けてみて下さい。そこで、債務整理が妥当というのであれば、多重債務はおまとめローンではなく、債務整理で解決しましょう。

多重債務者になると低金利のおまとめローンは魅力ですが、債務整理をすることで、低金利ではなく元金を大きく減額することができます。返済能力がない方は、この方法しかありません。中央リテールに行っても必ずおまとめローンができるとは限らないのですから。

-おまとめローン
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.