事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

リースバック

リースバックのための任意売却 残額がある場合

投稿日:

リースバックのための任意売却 残額がある場合

債務整理の中に、自宅のローンが払えないときの任意売却は、市場価格での売却が可能です。その家に住みたいのであればリースバック、その家を所有したいのであれば買い戻すことまでの提案ができます。単に任意売却で自宅ローン完済を目指すのではなく、買い戻すことができるのであれば、そんな幸せなことはないです。

不動産会社や任意売却業者が仲介して行われる売却、賃貸契約、買い戻しですが、必ず売却ができるとも限りませんし、売却価格が住宅ローンの残額に満たない場合もあります。その残額に対しては、債権者との新たな話し合いが必要になります。当然債務者に返済権利があるのですが、給与や預金がある場合は、強制的に差し押さえられることになります。

任意売却で購入した方にしてみれば、残額は関係のないことですし、押し付けるお金でもありません。債務者が責任を持って負担しなければならないのです。

給料もなし、預金もないのであれば、自己破産の債務整理になってしまうこともあります。それなら、最初から自己破産をした方が良いと考える方もいますが、債権者にしてみれば、自己破産で競売よりも任意売却での市場価格の回収された金額は大きいですから、なんとも言えないことでしょう、

-リースバック
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.