事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

リースバック

リースバックと任意売却

投稿日:

リースバックと任意売却

リースバックは任意売却の物件であることが多いです。住宅ローンの返済が困難になった方が、競売を避けて任意売却業者によって市場価格での売却を依頼したもので、競売よりも高く値が付きます。

そこで、住宅ローンの残額を精算し、抵当権を金融機関から譲り受けます。任意売却をした方が、その家に住み続けることを条件にした場合、物件購入者は賃料を受け取ることになります。個人の売買で行われるリースバックとは、住む家の購入ではなく賃料目的の購入になります。

そこで不安なのは、住宅ローンの返済ができなかった方に賃料が払えるか?ということでしょう。購入者の支払った代金に相当する賃料が入れば問題ないのですが、そこで不動産会社の仲介で、うまく言ってるパターンが多いと言います。

住宅ローンの返済ができなかった方にしてみれば、せっかくのマイホームですから、たとえ自分のものでなかったとしても、住み続ける事ができれば本望です。その賃料にしても、住宅ローンより低い金額であれば対処できる、そうした方にのみリースバックの権利が与えられます。

ですから、一定収入はもちろん、購入者が損をしない賃貸契約を結ぶことで家主になってもらうケースが多いです。厳しい審査があり、賃貸契約にも信頼関係が結ぶことが条件とされています。

賃貸契約の中で物件購入者が支払った金額に達したり、売買契約である一定の賃料になったときに買い戻しの権利も発動できます。住宅ローンで躓いた方も長い年月をかけて、自分のマイホームになることができ、それまで家主だった方は支払った分だけの賃料をもらえるということです。

一種の不動産投資として、それでも住宅ローンが支払えなかった方にしてみれば、救世主と言える売買契約といえます。人助けではないのですが、投資としてはクリーンな形と言えるでしょう。

-リースバック
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.