事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

マンション担保 不動産担保ローン

マンションを担保に融資

投稿日:

この記事の目次

マンションを担保にして融資を受ける方法「不動産担保ローン」

マンション経営には大きな費用が必要となるので、ローンを受ける方が多くいらっしゃいます。様々なローンがございますが、中でもオススメなのが不動産担保ローンです。

不動産担保ローンについて、ご紹介致します。

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンとは、不動産投資を行うアパートやマンション等を担保にし、金融機関から融資を受ける事を指します。住宅ローンとは貸付の目的が違い、不動産投資に対し特化したローンとなっております。

住宅ローンの場合、本人の年収等の返済能力を重視され審査されますが、不動産担保ローンの場合は担保物件への事業の状態を審査されるので、事業の採算性や可能性などが重要視され審査の対象となります。

審査は住宅ローンよりも厳しい

不動産担保ローンの場合は、アパートやマンションの経営を行っていく上で、平坦な流れで経営されていく事が保証されておりませんので、継続的な返済に不安要素が高いと判断されてしまいます。その為、不動産担保ローンの審査は住宅ローンより厳しめとなってしまいます。

住宅ローンより金利が高め

不動産担保ローンは住宅ローンより金利が高めであり、2~5%程の金利となります。こちらの理由も審査の厳しさと同様、返済に対し不安要素が多いという理由から金利は高めの設定となっております。しかし、アパートローンよりは金利はお安いので、アパートローンよりは断然不動産担保ローンの方がオススメとなります。

少ない資金で不動産投資を行う事が出来るきっかけとなる

不動産の購入には多額の費用が必要となりますが、不動産担保ローンを使う事で少ない資金で不動産購入が可能となります。少ない資金のみで高利回りを得る事が可能となり、好循環で投資に大きな効果を得る事が可能となります。資金が多くなくても、いい不動産物件と出会えれば即座に不動産投資を始める事が出来るという事となります。

不動産担保ローンの審査が通りやすくなるポイント

不動産投資ローンは審査が厳しい傾向がありますので、審査有利となるポイントを掴んでおく事はとても重要となります。審査が通りやすくなるポイントを、ご紹介致します。

貯金が多くある

貯金を多くお持ちの方は、万が一家賃収入が上手くいかなくなっても自己資金で返済を賄う事が出来ますので、返済能力がある方と審査されます。融資を受ける際、その金融機関に預金がたくさんある事はとても有利となります。不動産担保ローンを受ける金融機関に預金額が多い場合、他の条件が満たされていなくても審査が通る場合があります。

年収が高い

年収が高ければ、家賃収入が上手いか無くても返済が可能となりますので、返済能力がある方と審査されます。不動産担保ローンの場合、年収の5倍程が借入金額の目安とされております。また、500万円の年収の方というのが、一つの基準となっております。

勤務制の属性の高さ

勤務先が一流企業の場合、収入も多く安定した返済が可能な人と判断されます。会社の規模や資本金、売上高等、これらのポイントが高い上場企業であれば、融資を受けるにあたり有利となります。

不動産投資物件の収益性が高い

不動産投資物件の収益性が高い場合、賃貸であっても売買しても返済出来るという判断をされますので、信用性が高くなります。

一般的なサラリーマンの場合、年収500万円以上が1つの審査の判断となりますので、500万円×5倍=2,500万円が借入金額となります。また、不動産担保ローンをご利用の際は、様々な手数料や費用に物件価格の5~7%程かかります。

これらの手数料は融資でカバーできませんので、現金で用意するようにしなければいけません。2,500万円の物件購入の際は、手数料などの費用に別途150万円程かかるという計算となります。

不動産経営の際の不動産担保ローンのデメリット

様々な利点が多い不動産投資ローンですが、残念ながらデメリットもございます。特に不動産経営の際にご利用した場合は、様々な困難にぶつかってしまう事もあります。不動産経営の際の不動産担保ローンのデメリットは、これらが挙げられます。

アパートやマンションに空室が多くなると、家賃収入が少なくなるので返済に困る

不動産担保ローンをご利用の際は、毎月の家賃収入によりローンの返済をされる方がほとんどです。ある程度の満室を想定して返済計画を立てるので、空室が目立ってしまうと返済計画が崩れてしまいます。

空室が多くなって家賃収入により月々の返済が難しくなってしまうと、貯金を返済に回さなくてはいけなくなってしまいます。空室が長く続いてしまうと返済が大変となってしまいますので、注意が必要となります。空室の心配は、空室保証をご利用する事で解決できます。

不動産物件を売却した場合残債が残ってしまう場合がある

不動産投資物件は賃貸にて毎月の家賃収入により投資としますが、何らかの理由により不動産物件を売却しなければいけない場合も発生してしまいます。

その際、売却金額が不動産担保ローンの残債より低い場合は、不動産が手元にないのに残債だけが残ってしまう事があります。その場合、貯金等により残債分を支払う事が出来れば問題ありませんが、支払う事が出来ない場合支払いに困ってしまいます。

支払いが滞ってしまうと建物を失ってしまう

返済が滞ってしまうと、担保としている不動産物件を取られてしまいます。例えば、それが自宅としている物件であれば、自宅を取られてしまうという事となってしまいます。不動産担保ローンは、そのようなリスクも抱えているという事を踏まえて、ご利用する事を肝に銘じなければいけません。

即日融資は出来ない

ローンでよく目にする即日融資という文字ですが、不動産担保ローンでは該当しません。

不動産担保ローンでは、仮申し込みから融資の実行まで1か月程かかります。時間がかかる理由は、不動産担保物件の評価額を査定したり抵当権の設定など、あらゆる時間と手間がかかる審査が多いので、どうしても時間がかかってしまいます。早くお金を手元にされたい方には、不向きといえます。

不動産担保ローンはこのような方に審査が有利となります

不動産担保ローンは、過去に融資を受けたことが無い方や、借入があっても延滞のない方は審査が通りやすい傾向があります。逆に、その金融機関のご利用が初めてあっても、他社から借入れがある場合は審査が通りにくい傾向があります。

支払いが残っている不動産でも担保が可能

不動産担保ローンに設定する不動産物件は、支払いが残っている事も良くある話です。

不動産担保ローン担保設定の不動産は、ローンが残っていてもOKです。ほとんどの不動産担保ローンの場合、住宅ローンの残さが購入金額の半分まで減っていれば、ご利用可能となります。住宅ローンの残債が半分より多い場合、不動産担保ローンの借り入れは難しくなってしまいます。

親族の不動産でも不動産担保とする事が出来る

不動産担保ローンは、ご自分がお持ちの不動産だけしかご利用出来ない訳ではありません。配偶者や両親、兄弟等の親族が持っている不動産でも、不動産担保とする事が出来ます。この場合、担保提供者を冷帯保証人とする事で融資を受ける事が可能となり、融資を受ける際に銀行に同席する事が条件となります。

担保とする不動産の内容が良くない場合は高額の融資を受ける事が出来ない

担保とする不動産は、かなり古かったり山奥など立地条件が悪い場合は、不動産としての価値が低くなってしまうので、高額の融資を受ける事が出来なくなってしまいます。

融資の際に前金を要求する業者に注意

近年増えている被害といえば、不動産担保ローンの融資金額を振り込むに当たり、先に前金としてお金を振り込ませるケースです。金融機関側は信用を図るために前金を振り込むように言うようですが、このような前金制度はメジャーな金融機関では一切行ってはおりません。

前金を請求する場合は不当な業者が多くありますので、このような状態にぶつかった場合は担当者に問い合わせてみると良いでしょう。腑に落ちない場合は、他の正当な業者を選ぶ事をオススメします。

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンは、マンションを担保にして受けられる非常に便利なローンです。マンションやアパートを購入する際は、是非検討をしてみましょう。

マンションを担保に融資を受けられる不動産担保ローンはどんな人に向いている?

マンションを担保に出来る不動産担保ローンは、アパートやマンション購入の際にご利用されている方が多くいらっしゃいます。

不動産担保ローンはどのような方に向いているのか、ご紹介します。

不動産物件を購入したい方

文字通り、不動産物件を購入したい方には、不動産担保ローンはとてもピッタリなローンです。手持ち金が少額でも、不動産担保ローンをご利用すれば大きな不動産購入も可能となります。不動産投資をご検討の方も、多くご利用されているローンです。

不動産物件を売却したい方

何らかの理由で不動産物件を売却したいけれど、売却されるまでのつなぎのお金が必要な場合、不動産担保ローンはピッタリのローンとなります。

不動産物件のリフォームを行いたい場合

お持ちの不動産物件を高い賃貸物件としたい場合、リフォームをし活用度を高くする為に不動産担保ローンは最適です。古く使い勝手が悪い不動産でも、不動産担保ローンで資金が出来る事で、リフォームやリノベーションを行って見た目を綺麗にして入居者を募るオーナーも多くいらっしゃいます。

リフォームやリノベーションを行って綺麗な賃貸物件とする事で、家賃も値上げをして収入を多く得る事が出来るようになる事で、返済も楽となり不動産投資が快適な状態となります。

複数の借り入れがある方のおまとめローン

不動産担保ローンは、限度額が高いのが大きな魅力です。その為、複数の借り入れをされている方のおまとめ返済に大変役立ちます。

住信SBIネット銀行では、ホームページにて借り換えシミュレーションも出来ます。借り換えシミュレーションを行い、今現在のローンと比較をして検討してみると良いでしょう。ほとんどの場合、借り換えると金利の差でお得となる場合が大半です。

ただし、不動産担保ローンは事務手数料などの諸経費が別途かかりますので、その数字も加味して検討するようにしましょう。

返済の見通しがある会社員の様な職業の方

不動産担保ローンは借入れ金額が大きく返済期間も長いので、ある程度安定した収入がある方に向いているローンとなります。一流企業で安定した職業の方が多くのお金が必要となった場合、大変向いて居るローンです。

預貯金をたくさんお持ちの方

預貯金をたくさんお持ちの方は、返済能力が十分にあると認められますので、不動産担保ローンが向いております。預貯金と不動産担保ローンでの融資額を合計し、大きな事業に繋げる方も多くいらっしゃいます。

必要な資金がたくさんある方

不動産関係以外に、学資関係や手術費用、事業資金等、一過性の支出がある方にも向いております。

不動産担保という名称のローンですが、不動産を担保にするだけで使途はどのような使途でもご利用が可能となります。1つ注意すべきなのが、不動産担保ローンの中には事業性資金として使えないローンもありという事です。

三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの不動産担保ローンは、事業資金にもご利用可能となります。東京スター銀行や住信SBIネット銀行の不動産担保ローンは、事業性資金としてのご利用は出来ませんので注意しましょう。不動産担保ローンにより、使途に制限がある場合がありますので、事前にチェックをしてご利用するようにしましょう。

融資実行まである程度の時間がかかっても構わない方

不動産担保ローンは、不動産への審査に時間がかかりますので、即融資実行とはなりません。平均で1ヶ月程審査にかかりますので、すぐお金が必要な方には向きません。審査期間は金融機関によりマチマチですので、時間を掛けずに早くお金を得たい場合は審査期間が短い金融機関をご利用すると良いでしょう。

しかし、審査期間が短い金融機関は金利が高かったりなどデメリットも多いです。審査期間の短い、メジャーな名の知れている金融機関をご利用する事をオススメします。

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンは、非常に便利で活用すべきローンです。今回挙げた方々には向いているローンですので、是非検討をしてみましょう。

マンションを担保に出来る不動産投資ローンの融資は複数業者をチェックしよう

マンションを担保に融資が可能な不動産担保ローンですが、金融機関により内容が様々です。不動産担保ローンをご利用の際は、様々なポイントに目を向けて選ぶようにしましょう。

不動産担保ローンをご利用の際に目を向けるべきポイントを、ご紹介致します。

金利の比較

不動産担保ローンは高額の借り入れとなりますので、金利の差は大きな負担となってしまいます。金利は安ければ良いイメージがありますが、中にはあまりにも低すぎる金利で違法的に営業している金融機関も少なくありません。金利は最低金利と上限金利を確認し、且つ最高金利が低い金融機関がオススメです。

例えば、最低金利が3%ですと低くて有利な金利に思えると思います。しかし、最高金利が18%では最高金利の設定となった場合高い金利が適用されてしまいます。

一方、最低金利が5%であっても最高金利が14%であれば、最高でも14%の金利しか適用されませんので少ない金利でのご利用となります。金利というのは広い目で判断する事が、とても大事となります。

手数料の金額

安い金利など好条件ばかりをうたっている金融機関の場合、手数料が高い場合があります。金利だけにとらわれて選んでしまうと、手数料が膨大に高くて多くの費用を捻出してしまう事があります。手数料は盲点になっておりますので、必ず確認して高くない金融機関をご利用するようにしましょう。

融資金額の比較

不動産担保ローンは融資額が高く、一般的に100万円~数億円となっております。この場合、高い融資額であればあるほどご利用したい金融機関と思えるかもしれませんが、融資金額はあくまでご自分の年収や環境により決定されます。

融資金額の高さだけでご利用する金融機関を決めてしまう方も居るようですが、金融機関で設定している最高融資金額を得る事が出来る方はほんの一握りですので、勘違いしないようにしましょう。ご自分の収入の5倍程度が融資金額の基準となっておりますので、その金額に似合った融資金額の金融機関を選び、且つ金利や手数料も対比して選ぶようにしましょう。

登録業者なのかをきちんとチェックする

金融機関の中には、都道府県知事より貸金業の登録認可を受けていない業者もあります。金融機関を選ぶ際は、必ず貸金業の登録認可を受けているかを確認しましょう。

一般的に有名でメディアに出ている金融機関であれば間違いなく認可を受けておりますが、メジャーじゃない業者の場合は必ずチェックすべき項目です。都道府県知事からの貸金業の登録認可を受けている場合は、「東京都知事登録(3)第67890123等の登録番号がホームページに必ず記載されております。この番号が記載あれば、都道府県知事からの貸金業の登録認可を受けている事となりますので、安心できる金融機関といえます。

登録番号の中で注目すべきポイントは、カッコの中に入っている文字です。先程例に挙げた番号の場合(3)と記載ありましたが、この(3)とは更新回数の数字です。貸金業登録は、3年ごとに更新する事となっております。(3)であれば、7~9年以下の業務年数が経過している金融機関という証拠となります。この数字が大きければ大きい程、長い間営業を続け貸金業登録として後進し続けている金融機関となりますので、間違いのない金融機関といえます。

金融機関の中には登録番号を持っていない業者も多くあり、そのような金融機関はヤミ金業者の可能性があります。また、中には登録番号を詐称して記載している場合もあるようですので、気になる場合は金融庁ホームページに記載ある「登録貸金業者情報検索サービス」にて登録番号が正当かの確認を行うようにしましょう。

審査のスピード

不動産担保ローンの審査は時間がかかる傾向があり、平均1ヶ月程かかってしまいます。

審査の時間は金融機関によりマチマチですので、お急ぎの場合はどれ位の審査スピードなのかを事前にチェックしておくと良いでしょう。事業資金で調達したい方にはタイムリミットもございますので、ホームページでチェックしたり直接電話を掛けて問い合わせると良いでしょう。

返済方法や機関

不動産担保ローンの返済方法には、これらの種類があります。

  • 元利均等返済
  • ボーナス併用返済
  • 自由返済
  • 一括返済
  • 利息払い元金一括返済

など、様々な返済方法があります。

また、返済期間も短期設定の金融機関や長く設定できる金融機関など、様々です。返済方法や返済期間は金融機関によりマチマチですので、ご自分がご利用したい返済方法の金融機関をご利用するようにしましょう。

各金融機関の不動産担保ローンのホームページでは、返済シミュレーションを搭載している事が多くありますので、そちらでシミュレーションをしてみると良いでしょう。実際どのような支払い形態になるのかがわかりますので、返済の目安を建てる事が出来ます。

保証人の内容

不動産担保ローンは、不動産物件を担保とするローンですので、現読として冷帯保証人は費用という金融機関が大半です。ご自分以外の親族の不動産を担保にする場合は、連帯保証人が必要となる場合が大半ですので、きちんとチェックしておくと良いでしょう。

その他目を向けるべきポイント

その他、年齢制限や様々な手数料など、金融機関により取り扱いが違う場合があります。大まかな部分にばかり目が行きがちですが。それ以外の諸条件にも全て目を通すようにし、ご自分にとって間違いのない不動産担保ローンを選ぶようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンは大金を借りるローンですので、ご自分にとって自由度が高い融資条件の金融機関を選ぶ事が重要となります。各金融機関の不動産担保ローンをチェックしてみるとわかりますが、どの金融機関も内容がマチマチです。細かい部分までしっかりとチェックし、ご利用しやすい不動産担保ローンとするようにしましょう。

マンション担保で融資が可能な不動産担保ローンの融資の流れ

アパートやマンション等に不動産を担保にし融資が可能な不動産担保ローンは、どのような融資の流れとなるのでしょうか。

不動産担保ローンの融資の流れを、ご紹介致します。

不動産担保ローンに必要な書類をそろえる

まずは、不動産担保ローンのお申し込みに必要な書類をそろえます。不動産担保ローンには、このような書類が必要となります。

登記簿謄本

登記簿謄本は、不動産の所在地の法務局にて取得が可能です。現在コンピューター化されておりますので、地方で取りに行きにくい場合は他の管轄の法務局でも取得が可能な場合があります。正確な地番や家屋番号がわからないとご利用が出来ませんので、きちんと把握して取得するようにしましょう。

物件概要書

不動産投資物件の物件情報と画像が記載された書類であり、A41枚に用薬される場合がほとんどです。画像は最大3点であり、ほとんどの方がワードで作成を行っております。

キャッシュフロー試算表

不動産担保物件の資産の流れを記載する書類であり、現金がどのように増えたり減ったりいているかを、表としてあらわした書類です。

物件取得関連費用概算表

不動産事業の採算性や収益性を表した、概算表となります。

固定資産税評価証明書

固定資産税の評価となった証明書であり、不動産物件の価値を評価する際の参考値となります。市町村の役所の証明書コーナーにより、発行が可能です。

公図

登記所に備えられてある、土地の図面を指します。土地の形状、地番、道路、水路などが明確に示された図です。法務局で、取得が可能です。

住宅地図

住宅地図は、見取り図の様な物であり、その地図により不動産物件の現在地がわかる図面です。

販売地図

不動産物件の、販売の際に使った地図を指します。

建物図面

不動産物件の、新築の際に作成された図面を指します。不動産を中古で購入した物件であっても図面は必ず渡されておりますので、その図面を利用します。

物件写真

不動産物件を写した、写真です。外観を様々な角度から撮影し、内観も撮影します。

取引事例

賃貸の取引価格等の、取引事例を指します。

源泉徴収票

職場から年1回配布される、源泉徴収票です。もし手元にない場合は、職場にお願いする事で発行が可能となります。

確定申告書

確定申告を行った方は、確定申告書が必要となります。

不動産担保ローンのお申し込み

金融機関に、不動産担保ローンのお申し込みを行います。

金融機関の審査の開始

提出された必要書類に不備が無い場合、不動産担保ローンの審査が始まります。書類の提出から、2~4週間ほどの審査機関となります。

不動産担保ローンの審査基準や内容は、ほとんどの金融機関の場合公開されず内密に行われます。あくまで基準は、借入れを行うご本人の返済能力と、不動産担保物件の評価審査がメインとなり審査されます。

返済能力はご本人の職場や年収、継続年数が調査され、返済能力があるのか否かを判断されます。そして次に、資金融資に価値がある不動産物件なのかを調査されます。

金融機関より審査の内容を通知

審査が終わりましたら、金融機関より審査の内容が通知されます。審査が通っても通らなくても、審査の内容は通知されます。

審査が通過された場合の手続き

審査が通過した場合は、契約となります。

この様な、契約内容となります。

  • 抵当権設定契約、根抵当権設定契約
  • 金銭消費貸借契約
  • 団体信用生命保険

また、契約の際に必要な書類は、これらがあります。

  • 印鑑証明書
  • 実印
  • 印紙

契約の際に必要な書類は、金融機関によりマチマチです。どのような書類が必要なのかはあらかじめチェックしておき、契約の際に滞らないようにしましょう。書類の不備があると融資完了とならず、融資まで時間を費やしてしまいます。

融資完了

手続きが終了したら融資実行となり、指定の口座に事前に査定された融資金額が振り込まれます。

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンのほとんどの金融機関は、このようなお申し込みの流れとなります。不動産担保ローンは審査に時間がかかるローンですので、書類の用意などご自身で行える部分には絶対に不備が無いようにしましょう。不備があると融資まで時間を要してしまいますので、お金を手にするまで時間がかかってしまいます。

必要書類は専門的な書類も多いので、わかりにくいと思ったら気軽に金融機関に問い合わせてみると良いでしょう。不動産担保ローンを行っている金融機関は、ご相談だけでも受けてくれますので頼りになります。不安があって融資が可能なのかわからない方でも気軽に相談にのってくれますので、悩まず気軽にご相談をしてみると良いでしょう。

マンションを担保に融資が可能な不動産担保ローンの疑問を解決

マンションやアパートを担保に不動産担当ローンをご利用してみたいけれど、私は受ける事が可能なのかなど、疑問に思われている方も少なくないと思います。不動産担保ローンは名称が難しい感じがしますので、とっつきにくいと思われる方も少なくないようです。

そこで、不動産担保ローンにおける疑問を、ピックアップしご紹介致します。疑問に思えて二の足踏んでいる方でも、これを読めば不動産担保ローンへのイメージが高まりますよ。

不動産担保ローンは相談のみでも問題ないのか

どの金融機関でも、不動産担保ローンに対するご相談だけでも承っております。イメージが付きにくい場合は、ご相談から始めてみても良いでしょう。もちろん、ご相談のみで不動産担保ローンをご利用しなくてもOKですので、気軽にお問合せしてみましょう。

他人に貸している不動産でも担保は可能なのか

他人に貸している不動産の場合は、不動産の種類や程度により担保が可能なのかが決まります。金融機関により捉え方が違いますので、まずはご相談をしてみると良いでしょう。

親族所有の建物を不動産担保とする事が出来るのか

親族所有の建物でも、不動産担保とする事は出来ます。その場合、その不動産をお持ちの方に冷帯保証人となってもらわなければいけませんので、同意が必要となります。

また、契約の際に金融機関に出向く際、連帯保証人の方も同席してもらう事を義務付けている金融機関が多くあります。親族がお持ちの不動産を担保にする場合、その親族が動ける事が条件となります。

よくある事といえば、不動産をお持ちの親族が病気や何らかの問題により動けない場合は、連帯保証人とならない為に担保にできる不動産と審査されない場合もあります。

まだ住宅ローンが残っている物件でも担保とする事が出来るのか

ほとんどの金融機関の場合、住宅ローンが残っている不動産物件でも担保とする事が出来ます。その場合、第2抵当権扱いとなりますが、金融機関によっては第2抵当権では受け付けない場合もございますので、事前にチェックをするようにしましょう。

借地権付き建物でも担保とする事が出来るのか

借地権付き建物の場合、ほとんどの金融機関では担保として受け付ける事が出来ません。場合によっては受け付けてくれる場合もありますので、金融機関に問い合わせてみると良いでしょう。

古い物件や田舎の物件など条件が良くない不動産でも担保と出来るのか

古い物件や田舎の物件など、条件の良くない不動産物件の場合でも担保とする事は可能な場合が大半ですが、査定される融資額は低くなってしまう場合が大半です。少ない融資金額でしたら融資を受ける事は可能ですので、多くの融資を望まないのであれば条件が良くない物件を担保としても良いでしょう。

不動産担保ローンの手続きは必ず店舗に出向かなくてはいけないのか

ほとんどの金融機関の場合、不動産担保ローンの手続きは金融機関に出向かなくてはいけません。お忙しく店舗に出向くのは困難という方も居るようですが、不動産担保ローンは融資額が大きいので来店せず手続きを行う事はほぼ困難に近いといえます。

中には、店舗に出向かなくても手続きを完了出来る金融機関もあるようですが、メジャーで名の知れている金融機関ではそのような事はありえません。面倒でも店舗まで出向いて、向き合って契約をする事が望ましいといえます。

家族に内緒でご利用は可能なのか

担保とする不動産により、ご家族に内緒でご利用が出来るかの判断となります。

不動産を担保とするローンは、ローンの支払い等に問題が発生してしまうと担保とした不動産を失ってしまう事もあります。ご家族に内緒で不動産担保ローンをご利用をする事は可能といえますが、そのような万が一の際に不動産を失ってしまいますので、内緒にする事は良い事とはいえません。

ご家族が関わっている建物を担保とする場合は、お住まいを失うという事となってしまいますので、良い事ではありません。どうしてもご家族に内緒で借入れを行いたい場合は、不動産担保ローンよりも他のローンの方が適している場合もあります。その場合は、金融機関に相談をするようにしてみると、いい案を得る事が出来る可能性があります。

金属年収など個人的な部分の評価も影響を受けるのか

不動産を担保としたローンですが、借りる方の属性ももちろん審査で判断されます。勤続年数や年収なども審査の影響となりますので、当然それらの内容が良い方が審査に有利となります。

自営業の運転資金への用途は可能なのか

返済財源が確保されているのであれば、自営業や個人事業主の運転資金の使途でも可能となります。しかし、不動産担保ローンの中には事業性の資金としてのご利用を禁止している金融機関もございますので、あらかじめチェックして金融機関を選ぶようにしましょう。わからない場合は、金融機関に問い合わせてみると良いでしょう。

支払日を希望する事は出来るのか

金融機関により、支払い日が決まっております。その為、お客様の方で返済日の選択は出来ません。返済日は金融機関により異なりますので、どの返済日であれば自分が有利にご利用出来るのか考え、選ぶと良いでしょう。

不動産担保ローンで借入れしたお金を一括返済する事は可能なのか

金融機関によりますが、ほとんどの金融機関で全額または一部の繰り上げ返済は可能となっております。その際、金額に応じた解約料が請求される場合が大半ですので、どれ位かかるのか金融機関に問い合わせをして検討してみると良いでしょう。

企業の場合赤字であってもご利用が可能なのか

赤字であっても、その赤字の内容によりご利用が可能なのかが決まります。その後黒字転向していく事もありますので、一時的な赤字の場合は審査が通る場合もあります。まずは金融機関に問い合わせをし、判断を仰ぐと良いでしょう。

他社の借金がある場合でも利用が可能なのか

不動産担保ローンの場合、他社の借り入れがある方がご利用される理由としては「おまとめローン」です。その為、他社よりある程度借入がある場合でも、不動産担保ローンのご利用が可能な場合があります。

他社からの借入金額や件数が明らかに多すぎる場合は審査が通らない場合もございますが、おまとめローンを可能としている金融機関は多いので、まずはご相談をしてみましょう。

転職して間もなくてもご利用可能なのか

安定した収入があればご利用可能ですので、お申し込みの際に安定した収入があれば審査を受ける事は可能です。一流企業で収入が良ければ、転職後間もなくても特に問題が無い場合が多くあります。

税金の未納があるがご利用可能なのか

税金の未納がある場合は、不動産担保ローンの審査は通らない可能性があります。金融機関によっては、不動産担保ローンの融資金で納付が可能なのであれば、審査の対象となる場合もございます。

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンに興味があっても尻込みされている方は、これらの疑問を把握するとご利用してみようと思われるのではないでしょうか。不動産担保ローンは不動産を担保と出来るローンですので、マンションやアパート等の不動産をお持ちの方でしたら担保として融資を受ける事が出来ます。該当するのかなと思ったら、金融機関にご相談をしてみると良いでしょう。

-マンション担保, 不動産担保ローン
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.