事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

マンション担保 不動産担保ローン

マンション担保に借金

投稿日:

マンション担保に借金


今の借金をマンション担保ローンで減額させませんか?今借金を抱えている方の中でマンションを保有している方に、不動産活用ローンをご紹介します。

借金の種類にもよりますが、

  • 少し多額である
  • 多重債務である
  • 金利が高い
  • 一定の収入がある

これらの方については、全ての借金をマンションを担保とする不動産担保ローンにすることで、返済額が減少する可能性があります。

消費者金融や銀行カードローンのキャッシングはどうしても10%を超える金利ですが、不動産を担保とするローンは多額であるほど低金利です。10%以下の金利も珍しくありません。

多重債務の方の場合、バラバラの返済日に金利であることで、毎月の返済そのものが大変だと感じられている方も少なくありません。そうした多重債務を一つにできるマンションを担保としたローン、まとめローンにすることで、返済日も金利も一つで管理することができます。

そして、その返済が苦しくない状態であれば、少し返済額を多くすることで、短期間の返済が可能になります。おまけに金利が低くなる分、返済額も大幅に減少させることができます。不動産担保ローンや不動産活用ローンのほとんどが総量規制対象外の借金になりますから、一定の収入があれば審査も通りやすいと言われています。

マンション担保で借金 その条件は?


マンションなどの不動産を担保にして借金ができます。金融機関の不動産担保ローンですが、高額な借入れと低金利が魅力の一つです。借金と言っても総量規制対象外になり、返済中の消費者金融やカードローンがあったとしても、相談に乗ってくれます。多額の借金で、これらの債務を一括して返済をするまとめローンとしても利用ができます。

マンション担保のローンで、条件と言えば現在の収入状況です。新たに組む不動産担保ローンの返済ができることが大切です。物件そのものの価値よりも返済ができることが重視されることが多いです。ですから、高級なマンションだとしても、本人の収入に不安がある場合には、ローン契約ができないこともあります。要するに借金ができないということで、この場合は、マンション売却を考えた方が、資金調達ができます。

担保価値に関しては、評価額を元にして考慮します。時代の流れも関係していて、一般的に古いマンションの場合は、担保価値は下がります。したがって、借金額も下がることになります。

また、本人に収入があったとして、マンション担保ローンは総量規制対象外とはいっても、既に3社以上の多重債務の場合も審査が通らないことが多いです。2社であったとしても、その借入額が大きい場合、また滞納経験者については無条件で断られることもあります。

手数料ありのマンション担保ローンだけど…


借金の手段としては、カードローンなどが手軽です。申し込みをするだけで、金融機関の審査に通ればOKです。

マンションなどを担保にする不動産担保ローンの場合は、金融機関では担保物件の評価額を決め、融資限度額を指定した上で抵当権をつけるなどの手続きをします。そのため、不動産担保ローンでは手数料が発生するのですが、これはカードローンなどにはない手続きです。そして、完済をした時にもこの抵当権を外すための手数料が発生します。

財産の権利がうつる不動産担保ローンに関しては、このような面倒な手続きがあるため簡単に借金をすることができないのですが、それでも担保物件によっては、カードローンなどでは得られないほどの多額の融資限度額が得られます。総量規制対象外の借金ですから、年収の数字も関係ありません。

この不動産担保ローンを利用している中には、マイホームのリフォーム、お子さんの進学資金、老人施設入居のための一時金などに充てる方もいます。都心のマンションなどの場合、評価額も高い事から、返済ができるのであれば不動産担保ローンの使い方はいろいろです。

返済能力については金融機関によって規定がありますが、多額になるほど低金利で返済期間も20年と長いものも多いです。毎月の負担にしたら小さなものになります。どうしても多額な資金が今すぐほしい方にとっては、いくら手数料がかかったとしても魅力的な内容です。

融資条件は第1抵当権 ローン中のマンション担保ローン


マンションを担保にしてお金をかけることができますが、ローン中のマンションでも対応ができます。

マンションローンの最中は抵当権が既にある状態ですが、それでも返済がある程度進んでいれば、第2抵当権をつけることは可能です。ローン中のマンション担保ローンについては、第2抵当権になることを承知できる業者であることが必要です。消費者金融や不動産担保ローン業者などでは対応している所は多いです。

銀行などの不動産活用ローンなどは、第1抵当権であることが条件となっていますが、もしその銀行での借入の場合、特別に融資をしてくれる事もありますが、これは稀な話のようです。返済が長期間続いている信用関係がない限り、または事業などで取引があるなど、銀行にとってもプラス名ことがない限り甘い話はないと思ってください。

その点、消費者金融などでは、最初から第2抵当権OKで、限度額は下がりますが、早期に手続きをしてくれることが多いです。一応、銀行よりは高金利になってしまう事は多いですが、無担保ローンと比較をしても低金利ですから、返済額などはお得になります。根抵当権のある物件に関しては、消費者金融でも手が出ないとされています。

ローンを返済しているマンションを担保にしてもの借金については、より金融機関と話をすることが必要でしょう。最初から第2抵当権を嫌う金融機関であれば、それだけで融資はできないと断られることになります。

返済計画はきちんと立てることが必要


担保物件がある借金については、問題はその担保の内容です。不動産活用ローンでは、土地や建物に対しての評価額に見合う融資をすることを言いますが、マンションの場合一定の地域が限定されていることがあります。

また、古すぎる一軒家なども対象外とされることもあります。あくまでも銀行や金融機関の評価額がポイントでは、この数字は絶対に後悔しません。加えて、評価額1000万円に対しては、700万円程度の借金申し込みしかできないなどの制限もあります。これも金融機関の規定に定められているものです。

しかし、消費者金融や銀行カードローンとは違い、担保がある借金については、返済は楽です。一応にそれらの無担保ローンと比較をしても低金利で、返済期間も長期設定が可能です。これは、低金利長期返済にすることで、金融機関の金利収入が目的になります。競売にかけたとしても、十分な回収が見込めない場合も考慮し、最初から返済を楽にしているとも言われています。

長期返済については一見良い配慮ですが、いざ返済となると大変なことになります。最初から返済計画をきちんと立て、その上で返済ができるとめどがかなければ、案外と大変な借金となるとも言われています。その借入金がどうしても必要であり、その後何十年間の返済を覚悟した上での申込みになります。

もっとも、同じだけの額を消費者金融で借りることができないですし、借りれたとしてもこちらの返済の方が遥かに大変になります。金利の違いですが、そのあたりはきちんと検討してから、マンション担保ローンを考えましょう。

-マンション担保, 不動産担保ローン
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.