事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

不動産担保ローンは総量規制対象外の金融商品

更新日:

不動産担保ローンは総量規制対象外の金融商品

不動産担保ローンは、限度額がその方の不動産担保によるものです。そして、金融機関や金融業者で、融資そのものの限度額が決まっています。評価額に対してのどの程度の融資なのかは審査によって決まり、一律ではないです。

相談事例から

1億円の地価の不動産担保があったとしても、不動産担保ローンで借りれる額は5000万円程度です。5000万円の借入をしたい方の場合は、年収100万円程度では審査落ちです。

不動産担保ローンは、基本的に総量規制は無関係ですが、融資に対しての年収は勘案されることになります。5000万円借りたいという相談でも、年収の条件はあります。返済期間が長いのですが、低金利とは言え金利が付くことで、それなりの返済額になります。この場合は、審査落ちか5000万円以下の不動産担保ローンでの契約になることでしょう。

融資条件はいろいろ

決まっているのは、一定の収入があることです。担保ですから、なくなっても良いからという条件ではないのです。それなら不動産担保ローンではなく、不動産売却がベストです。

金融機関の不動産担保ローンは、資金計画上の不動産担保ローンで、返済での金利の収入が目的です。ですから、返済能力があることが審査では大切です。

消費者金融の総量規制対象外

消費者金融では、カードローンやキャッシングは総量規制で年収3分の一しか借入ができないです。ただし、不動産担保ローンやまとめローンはそれ以上の借入ができます。そして、有担保、不動産担保ローンがまとめローンとして使用する審査であれば、貸付の審査も多少はゆるくなることも。

ただし、収入証明書などがあり、フリーローンよりも年収の下限は大きくなります。安定収入があることが不動産担保ローンでは必要です。そして、評価額以上の借入ができない、固定資産税の支払いをしているなどの基本的な要件が加わります。それで、総量規制以上のワイドな借入と期間が長期の余裕の返済ができます。

銀行はこの限りではないですが、消費者金融の場合不動産担保ローンでも審査が甘いのが特徴です。

-不動産担保ローン
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.