事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン 審査落ち

不動産担保ローンの審査落ちた理由とは?

更新日:

不動産担保ローンの審査落ちた理由とは?

不動産担保ローンは比較的審査が通りやすいといわれていますが、審査落ちしてしまう人もいます。

審査が通りやすいローンなら、できれば審査に通って融資したいものですよね。そのためには、申し込み融資条件に似合った状態で申し込むことが大事となります。なぜ審査に審査落ちしてしまったのか、審査に通らなかった理由をチェックしてみましょう。

なぜ不動産担保ローンの審査に落ちてしまったのか

なぜ、不動産担保ローンの審査に落ちてしまったのか、審査落ちするパターンをご紹介します。

担保とする不動産の情報が現実と違う

不動産担保ローンの審査落ちによくあるパターンとして多いのが、担保とする不動産の情報が現実の情報と違うということです。特に土地の場合は地番で登録されていることが多く、数字が多かったり難しい地番となっていることもあります。登記されている情報通りの住所や地番を明記しないと、事実と異なるということで審査には通りません。

また、漢字の表記が旧漢字と現代の漢字の違いでも、審査落ちしてしまいます。担保とする不動産は登記簿で住所の一語一句を確認し、正確に記載するようにしないといけません。属性や債務性は問題ないのに、担保とする不動産の情報の書き間違えで審査に落ちてしまうようでは、非常にもったいないです。

担保とする不動産に価値が無い

不動産を担保として融資を受けるのですが、どのような不動産でも担保物件とできるわけではありません。担保の価値がある不動産じゃないと、担保とすることはできません。建物自体に価値が無い、利用価値のない土地、田舎過ぎて使い道が乏しい土地や建物、今の状態では建設などの活用が無理な物件などでは、価値のない不動産となります。

また、少額の融資であれば、担保価値が低くても、融資の対象となる場合もあります。不動産の価値が低ければ少額、高ければ高額の融資を受けることができると覚えておくと良いでしょう。

しかし、誰も使うことができない不動産は、少ない融資金額でも担保の対象となりません。自分を置き替えて、その不動産を使うことができるのかを考えてみると、わかりやすいと思います。わかりにくい場合は、金融機関に問い合わせてみると良いでしょう。

事故情報など返済能力がないと判断される

審査に通らない理由の中で意外と多いのは、申し込み者の返済能力が乏しいということです。自己破産などの事故情報がある、他社からの借入の返済遅延や延滞があるなど、あきらかに返済能力が乏しいと判断されると、審査には通りません。事故情報は、個人信用情報に記載が無くなるまで待ってから申し込みをするようにしましょう。

また、他社の借入の延滞がある場合は、延滞状態を無くしてから、申し込むようにしなければいけません。不動産担保ローンといっても、融資です。支払い能力が無い人には融資はできませんので、融資返済が難しい人は審査の対象となりません。

税金の支払いが未納

不動産担保ローンと、税金の未納は関係ないと思うかもしれませんが、とても重要な関係となっています。固定資産税や車税などの税金の滞納をしている人は支払い能力に欠けているので、間違いなく支払いをしてくれるのかの信用性に欠けます。

また、税金というのは国が管理している支払いであり、支払いが最優先されます。不動産担保ローンを滞納して、担保とした不動産を売却する際、不動産担保ローンの支払い以前に未納となっている税金の支払いが最優先となります。そのため、担保を売却しても最優先の支払いとならないため、リスクが高い顧客と判断されてしまうのです。

まずは、税金を全て支払ってからじゃないと、不動産担保ローンの審査の対象とはなりません。税金の未納は金融機関の方で調べることができるので、嘘を言ってもすぐにバレてしまいます。また、嘘を言ってしまうと、その旨が個人信用情報に記載されてしまい、他社の融資の審査にも影響を与えてしまいますので、絶対にしてはいけません。

収入と借入金額が合わない

不動産担保ローンは不動産の価値に比例して融資金額が決まりますが、あくまで借り手の収入に対する似合った融資金額となります。年収200万円なのに2,000万円融資してほしいでは、収入に対しての融資金額が似合っていません。自分の年収でどれ位の融資金額が妥当なのかは、金融機関に相談してみると教えてくれます。

融資希望額が多すぎて、審査が通らないことはよくありますので、自分の収入に似合った、融資金額とするようにしなければいけません。

資金使途が合っていない

不動産担保ローンは、資金使途に制限がある場合があります。その制限と使途用途が合致していない場合、審査には通りません。

例えば、事業性資金としたい場合は、事業性OKの不動産担保ローンじゃない場合は、審査の対象となりません。事業性資金の使途用途の場合は、事業性資金OKの不動産担保ローンに申し込まなくてはいけません。事業用資金となると倒産や破綻も視野に入りますので、受け付ける融資会社に制限があります。

使途用途自由の不動産担保ローンであれば、どのような使途用途でもOKですのでオススメです。不動産担保ローンの詳細には使途用途に対し必ず記載がありますので、チェックした上で検討するようにしましょう。

職業形態と金融業者が合っていない

不動産担保ローンは色んな金融機関で取り扱っていますが、職業と金融機関のグレードが合っていないと、審査の対象とならない場合があります。

例えば、年間100万円程度のパートの人であれば、銀行系の不動産担保ローンの審査は厳しいといえます。銀行融資は収入が低い人に対し厳しい審査となるので、まず審査には通らないでしょう。ネット銀行でも残念ながら厳しいといえます。

消費者金融系の不動産担保ローンであれば、収入が少ないパートさんでも審査の対象となる場合があります。属性に似合った金融商品に申し込むことで、スムーズな審査とすることができます。

不動産担保ローンの審査落ちの理由は解決できる

これらの不動産担保ローンの審査落ちの理由をチェックしてみると、どれも解決できる理由といえます。これらを解決することで、不動産担保ローンの審査に通る可能性が高くなるのです。一度審査に落ちれば2度と申し込めない訳ではなく、落ちた理由を改善すれば審査に通ることができます。

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンの審査に落ちてしまった人は、これらのどれかに該当していませんか。落ちてしまった理由を改善し、再度チャレンジしてみましょう。一度、審査に落ちてしまった金融機関でも審査の対象となりますが、違う金融機関の方が、審査に通る可能性が高いともいわれています。充分に検討し、次は絶対に不動産担保ローンの審査に通るようにしましょう。

-不動産担保ローン, 審査落ち
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.