事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン 審査

不動産担保ローン審査

投稿日:

不動産担保ローン審査の変遷 昔と今の形


不動産担保ローンは、不動産を担保にしてお金を借りることができるローンです。現在のように、カードローンやキャッシングが一般的ではなかった時代から、不動産担保ローンは存在していました。金融機関で商品として販売しているのではなく、街金などで担保があればお金を貸すと言ったシステムです。

信用機関が今ほど発達していなかった時代、お金を借りる行為自体、後ろめたい時でした。あの土地抵当権にはいっているんだって?という事実が、どこか罪になっている、そんな時代の話しです。

現在の不動産担保ローンはそんな事はありません。比較的堂々と、金融機関で自らの不動産の評価額から一定の借り入れができます。昔と違うのは、お金を借りるための不動産担保、抵当権に入れる事は、そんなに恥ずかしいことではないという点でしょう。

決定的な違いと言えば、金利と審査です。後ろめたい不動産担保ローンの時代、差し出す不動産に対して、金融機関はすぐにお金を貸してくれました。利息制限法などが制定されていない時代でしたから、高金利であるのは当然ですが、審査は楽でした。馴染みの金融機関の場合、すぐにお金を用立ててくれることもありました。

これは、土地売買が盛んだった時の話しです。申し込みに行った方の返済能力をろくに審査もせず、もし返済ができない可能性があれば、金融機関はすぐに不動産没収、お金に変えることができたのです。

現在は、そんな簡単な融資実行はしないです。それは、土地がすぐに売買できないことと、審査をしないと返済すら怪しい場合が多いからです。銀行にしてもあちこち抵当権を付けた上での借入対応も良く、高金利で実入りが大きい商品だったのが、今では抵当権に入った不動産が足かせになってしまう時代に変化していったのです。

ですから、審査は慎重に行うことがあります。その上、利息制限法から高い金利設定ができなくなり、その点においても不動産担保ローンの内容は大きく変わっていったと言えるでしょう。

不動産担保ローン審査期間はどのくらい?


他社借入があったとしても、不動産を所有している方は、不動産担保ローンによって、その借金を完済できるかもしれません。もちろん不動産担保ローンの評価額によって、融資額も変わりますが。

消費者金融や銀行カードローンの借金と不動産担保ローンの借金は、一応別ものと考えられています。すなわち、既に借金があったとしても、返済能力が認められれば不動産担保ローンも受けられるのです。

これは、消費者金融などが総量規制(年収の3分の一)に制限されていますが、不動産担保ローンは総量規制対象外とされているからです。ですから、借金のまとめローンとして、新たにお金が必要というと気に、自分の不動産を担保にすると、銀行や不動産担保ローン会社からの借入が可能になります。

ただ簡単にことが運ばないのが、各種ローンの定めです。不動産担保ローンも審査には時間をかけることが多いと言われています。

その審査機関ですが、銀行で最大1ヶ月です。申し込みをしてから、すぐに回答を得ることができず、約1ヶ月はかかってしまうのです。それが、消費者金融や不動産担保ローン専用の会社になると、3日から1週間と短くなります。

銀行などでは、普通のカードローンなどでもある程度時間を有するものですが、不動産担保ローンの場合、特に長いのが特徴です。その上、抵当権などの書類手続きも複雑になっています。

では、審査期間が短い消費者金融や不動産担保ローン専用会社の方が良いか?というと、確かに審査も銀行より甘い可能性もありますが、金利が高いです。長期返済が原則の不動産担保ローンの場合、1%の金利差も返済総額に大きく響きます。

不動産担保ローン審査が通りやすいということは?


不動産担保ローンは、銀行だけではなく、専門会社や消費者金融でも取扱をしています。

キャッシングなどと大きく違うのは、

  • 金額が大きい
  • 審査が複雑
  • 借りやすい

点です。

この中で借りやすいと言うのは、一般に審査が通りやすい場合があるということです。当然地域の問題から、地方の山野などでは、金融機関の判断が大きいですが、評価額が高い不動産の場合、審査によっては、金額の大きい融資実行が可能です。

銀行とその他では審査基準が多少違うようです。厳しいのは銀行、その他は借入に見合うだけの不動産評価額があることで、借りやすいローンと言えるでしょう。

不動産担保ローンを利用する動機は、事業資金、借金のまとめローン、つなぎ資金、住宅ローン返済中の資金などいろいろです。できれば、早くに審査を終えたいところですが、消費者金融などの依頼の方が審査は通りやすく、甘いと言われています。

他社借入のまとめローンとしての利用もOKですが、審査で問われるのが、現在の収入です。原則的に返済能力がなければ、どんな金融機関でも不動産担保ローンの審査には通りません。極端な話し、どうせ滞納してしまえば、不動産を取られるのだから、という甘い考えは禁物です。

不動産担保ローンを扱う金融機関としては、不動産がほしいのではなく、長期貸付に夜利息収入が、商品価値です。それで、評価額の限度内(金融機関によってパーセンテージは違う)の貸付を行うのです。ですから、肝心なのは、毎月返済をしてもらうこと、そのことを確認するための審査です。

まとめローンのための資金だとしても、収入が安定していることが大原則になりますから、一応、一定収入の確保が絶対不可欠です。

不動産担保ローン審査基準はそれぞれ


不動産担保ローンの審査基準は、カードローンなどとは内容が違います。返済能力は当然のことですが、ブラックリストもちょっと怪しいです。

ただし、債務整理後の借入で、仮に不動産を担保にしていることで、甘い審査のところでは、一部借入をしている所もあります。それでも、返済能力がゼロでは、ローンそのものを組むことが難しいと言えるでしょう。

不動産には固定資産税が存在しています。これが未納の場合は、不動産を担保する事はできない場合も多いです。まれに、貸付をして、先に固定資産税を支払い、その残りを手にする場合もありますが、当然入手できる現金は少なくなります。

不動産担保ローンの場合、銀行以外(審査が厳しいから)で審査落ちをすることはまれだと言います。他の貸付よりも審査基準は低く、その不動産の評価額に見合う借入が可能だといいます。

審査基準で一番は返済能力です。収入が返済に見合うだけのものがあれば、第一関門突破ということになります。その他の借金などについては、金融機関の判断ですが、自己破産をした次の年とか、パートやアルバイトでも審査基準に満たない場合があります。

不動産担保ローンは比較的金利が低い長期ローンです。ただ金利の取り決めはなく、上限が利息制限法に呈していなければ、貸し出すことができる金融商品です。

そこで、審査基準をぐっと甘くして、比較的借りやすい不動産担保ローンも存在しますが、金利が高い場合がほとんどです。見た目では10%に満たない、カードローンやキャッシングに比較をして安いと感じますが、借入金額によっては、借金総額がとんでもない金額になってしまうこともあります。

どうしてもお金が必要、しかし金利が高いけれど、審査基準が甘いところでしかお金を借りられないという場合、不動産がなくなる覚悟の不動産担保ローン契約も考えなければならない選択もあるでしょう。

不動産担保ローン審査が甘いノンバンク系


不動産担保ローンの審査が甘いのはノンバンク系の金融機関です。融資金額も高いのが特徴で、すぐにお金がほしい、事業資金など大きな金額だとしても、不動産の評価額内なら、審査が2日という所も珍しくありません。ただ、金利も高い、それだけは覚悟してください。

ノンバンク系の不動産担保ローンは、とにかく不動産の評価額だけを確認し、損をしない程度の貸付をします。後は高い金利での返済があればよいのです。

借入額によって金利は上下しますが、ノンバンク系は、銀行と比較をして、全て数%の金利差があります。キャッシングにしてもノンバンク系は高いですが、それでも返済能力があれば問題はないです。

不動産担保ローンでの資金で、全てが上手くいくというのなら、金利の高さは仕方のないことでしょう。また、返済ができなくなったとしたら、その不動産を手放すことで、まるまる借金が残るのではないのですから。

普通のキャッシングと大きく違うのは、この担保の存在です。なにかがあれば差し出す担保があることで、金融機関も審査を甘くして融資実行をしてくれるわけです。

どんな理由にしても、できるだけ早く、金利が高くても良いと言うのなら、ノンバンク系の不動産担保ローンがオススメです。審査も甘く早く、借入額もワイドですから、助かるという方も多いことでしょう。

不動産担保ローン審査に通らない理由

比較的審査が通りやすいと言われる不動産担保ローンですが、いくつか審査が通らない要因があります。銀行とノンバンク系の選択の時点で、銀行は通らないけれど、ノンバンク系はOKだったということは良くあることです。

金利も安い銀行の不動産担保ローンですが、もし通らないのであれば、ノンバンク系に申し込むことをオススメします。しかし、そのノンバンク系の不動産担保ローンの審査も通らない、その理由を考えてみましょう。

債務整理をした

債務整理後は10年間程度借入ができなくなってしまいます。不動産担保ローンも該当する場合が多いとされています。

ただ、10年間は曖昧な数字で、早い方では5年間程度で借入ができた経験者もいます。債務整理後はブラックリストと言われていますが、個人信用情報機関は自分でも調べることができますから、確認をしてみると良いかもしれません。

不動産担保ローンの使用したい不動産が担保に入っている

例えば、住宅ローン最中の不動産でも不動産担保ローンを組むことができる場合があります。その時第2抵当権になるのですが、その範囲が狭い時、希望の金額の借入ができないことがあります。

特に銀行の不動産担保ローンは、第2抵当権である時点で審査に通らないのですが、ノンバンク系の場合は、余裕があれば融資実行ができることが多いです。

税金未納

固定資産税の未納は致命傷です。これは評価額がある程度あった不動産だとしても、仮に返済不能になって売却下としても、回収が低くなってしまうのです。高い価値の不動産でも、長く未納の不動産の場合は、どんな金融機関でも審査には通らないことになります。

返済能力

例えば、年収が300万円程度なのに、1億円の不動産担保ローンなどは審査に通らないのです。返済能力が認められるだけの年収がなければノンバンク系の審査も通らないことになります。

-不動産担保ローン, 審査
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.