事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン 資金調達

不動産担保ローン 審査 資金調達

投稿日:

銀行の不動産担保ローンについて 信用金庫の融資担当者に相談を

金融商品で不動産担保ローンというと、消費者金融、銀行、専門業者があります。それぞれに融資のために不動産という担保があることで、普通の融資とは審査の内容も額も変わってきます。

事業資金で多額の借入したい、安定的な運転資金がほしい的に最適であり、申込者が多少金融事故があるとしても対応できる点では魅力が大きいです。

不動産担保ローンの内容

担保になる不動産に対して融資額が決まります。

金融機関では貸し倒れにならないよう、返済不履行になった時に回収を少しでも多くできるよう融資額の調整をすることが多いです。申込者の信用情報で金融事故がある場合でも、担保がある分多少甘い審査が期待できるなど、多角な資金調達法としては便利な金融商品です。

金融機関ほど審査は厳しいですが、低金利利用は大きなメリットになります。銀行の不動産担保ローンが最もお得なのは確かです。

融資条件

銀行の不動産担保ローンでは、あまり商品がないとか公表されていないことが多いです。

しかし、現実には地銀や信用金庫では、中小企業を中心に根抵当権設定登記を条件にして、不動産担保ローンが行われることが多いです。口コミで言われる内容ではないのですが、メイン銀行として取引がある場合は、事業資金の調達としての根抵当権設定登記の勧めがあります。もちろん経営的にも安定している、すでに長い付き合いなどの条件もあります。

不動産担保ローン専門業者ではなく、銀行としては根抵当権設定の関係で言えば、安定的利息収入の確保。中小企業経営者としても、安心して契約ができることになります。返済計画で無理のない数字設定ですが、銀行の不動産担保ローンに関しては、一見さんではない関係では、大いに可能性が高いです。

ただし、経営者が極悪ブラックの金融事故者の場合は別です。この点だけの銀行審査は厳しいと言えるでしょう。

事業融資を不動産担保ローンでしたい場合

まずは信用金庫などの銀行がオススメです。ネット銀行などでも申込ができますが、申込内容、提出書類、そして不動産担保の価値がよほど高くなければならないとされています。中小企業相手では、銀行の審査では対応ができない場合は少なくなく、地元銀行以外では考えないほうが良いと言えます。

インターネットの情報では口コミも多いとか、評判の不動産担保ローンと言いますが、現実には、不動産担保ローンでも銀行の金融商品はそんなに審査は甘くないです。融資担当者にしてみても、知らない土地の中小企業相手に簡単に審査が通るとは考えられないですが、信用金庫の場合は既に知っている会社なら、融資相談を含む不動産担保ローンの対応はずっと良い場合が多いです。

メイン銀行の不動産担保ローンよりノンバンクが良い理由

不動産担保ローンは、不動産があれば審査に申込ができます。事業資金調達の場合は、カードローンとは違い多額の資金が必要になります。

銀行融資も日本政策金融公庫融資も検討したいところですが、不動産担保があれば資金調達ができることがあります。

不動産担保ローン専門業者の存在

不動産担保ローンは金融商品としては、独立した力を持っています。というのも、専門業者はとても多く資金調達のための手段としてオススメできます。

ノンバンクの不動産担保ローンでは審査内容も金利もそれぞれですが、老舗、大きな専門業者ほど安心です。甘い審査と高い金利、厳しい審査と低い金利の法則は同じですが、不動産担保ローンでは少し違います。それは、不動産の価値です。

銀行で500万円、専門業者で800万円

これは、同じ不動産担保ローンの申込の時の借入額です。専門業者の方が評価額が高いのが特徴です。

ですから、金利ばかりを気にして、銀行に無理して申込を考えるのではなく、不動産担保ローン専門業者手高い限度額を優先するのもありです。銀行とノンバンク、特に専門業者の評価額が高く、多額の借入ができます。

どうして高い評価額になる?

それぞれの金融会社で評価額の基準が違います。ノンバンクでは金利が高く設定をしています。

これは、多く貸すけれど、高い金利、成功手数料の形手の契約になります。損な計算と言えますが、事業資金がほしい場合、その時の融資額がその後の展開を大きく左右することがあります。

設備投資にしても、多く借入ができることで買える機械が違ったり、収益に大きく貢献する場合もあります。多く借入ができたことで利益が倍増をするのなら、ノンバンクの不動産担保ローンで多く借入することが正解になります。

融資条件に合わないから

もちろん銀行の審査が厳しいので、ノンバンクや専門業者しか借入ができない場合も多いです。

最初からノンバンクしか借入ができない。法人の不動産担保ローンで銀行からの借入ができるけれど、融資率で不満があるなどであえてノンバンクの専門業者との契約をする場合もあります。多額になるほど金利も銀行と変わらないなどのメリットもあります。

審査は甘い?

銀行融資と比較してですが、それ以上に利用者の信用情報も多少大目にみてくれる場合もあります。

消費者金融の不動産担保ローンよりは、専門業者がよいです。事業資金でも赤字でも対応のところも少なくないのです。申込者である経営者、代表者の信用情報も審査には関係しますが、融資ほど厳しいものではないです。

いざとなれば、不動産の没収があるからです。甘い審査はある程度期待ができそうです。

名義が違う、住宅ローンの残債があっても借りれる?

不動産担保ローンでは、名義が本人以外でも良い場合があります。二等親程度の範囲はあるのですが、父の名義の不動産、遺産相続や相続人になるとされる不動産の担保でも借入ができることがあります。

名義人の責任

この場合、名義人が連帯保証人になる事が決まっています。金融業者では、審査が名義人ではなく申込者に行うことになります。その際に、名義人と申込者が同一でなくても良いと判断しています。このことは、資金調達の手段としては大きなメリットになります。

ビジネスに関係する不動産担保ローンでは、この臨機応変な対応がありがたいのですが、個人での不動産担保ローンでも同様です。

キャッシングとは別の性質を持つ不動産担保ローンでは、金融機関では不動産担保の価値ではなく、それを元にした融資利息返済が目的です。返済ができないのであれば、連帯保証人である名義人に返済を求める事ができます。それができない時には競売です。無担保ローンとは違う点では、競売までの手立てが存在していることです。

住んでいる家の不動産担保ローン

資金調達の手段として、住宅ローンが返済している分の不動産担保ローンも可能です。ただし、この時には、限度額が低くなることが多いです。

住宅ローン返済中であることだけが関係するのではなく、居住している時には簡単に競売ができない事実があります。居住権などの問題であり、審査を多少複雑にします。名義人と申込者が同じであったとしても、ここは要注意です。思ったより借入ができないことがあります。

家で担保になっている、事務所などの事業部分が担保に入っている、父の不動産が担保になっている。それぞれに対応が違いますから、申込の時には気をつけてください。

比較的臨機応変な不動産担保ローン

審査では、不動産担保ローンの内容の重点は評価額と信用情報です。返済できるだけの事業内容、それに見合うだけの評価額の有無です。事業資金として多額の内容だとしても、返済ができない事業では審査が通らないこともあります。

しかし、それが名義人に返済能力があり連帯保証人になってくれることがあると、契約が成立することもあります。対応としては、融資としては借りやすいと考えて良いと言えますが、銀行の不動産担保ローンでは厳しいです。専門業者などでは、事業内容を含めた審査での対応に期待すると良いでしょう。評価額が高い不動産担保なら、事業資金目的での融資ができます。

不動産担保ローンならビジネスパートナー

事業資金の不動産担保ローンなら、専門業者が良いでしょう。ノンバンクの不動産担保ローンで、事業性資金に長けているところでは、事業内容までも審査に及びます。

ビジネスパートナーの不動産担保ローン

目的ローンとしての申込なら、資金使途がはっきりしている場合、低金利での利用ができます。高い事務手数料が無料、セブン銀行ATMでの利用ができるなどのメリットも大きいです。

限度額内の自由な出し入れなどカードローン的な使い方ができます。1億円という限度額なのですが、中小企業ではそこまでの多額資金が必要ないとか、どうしてもこれに使いたいという限定的な資金調達には、ビジネスパートナーの不動産担保ローンはうってつけの金融商品です。10%を切る上限金利も注目です。

不動産担保ローンの場合は、返済期間が柔軟です。毎月の負担をへらすことができるので、金融相談上で事業展開に合わせた計画的に返済ができます。これが、フリーローンとしての借入になると、上限金利が上ります。ピンポイントでの不動産担保ローンで、ほしい資金調達をしたい方にはオススメです。

現在、比較的低金利で使いやすい事業用不動産担保ローンとしては、ビジネスパートナーは人気です。

審査では

不動産担保ローンの保証人は名義人と違う場合だけ必要です。その点でも、信用情報で不安な方も安心です。

すべての提出書類が揃った上で、事業計画が確立している場合のみ借りれる限定的な低金利不動産担保ローンです。その審査においては、使用目的が現実的なものでなければならないです。

設備投資でも事業展開でも良いのですが、必ず返済ができる範囲内であったり、不動産担保の評価額も検討しなければならないでしょう。中には、評価額が困難とされる物件では、最初から話にならないことがあります。そういった意味では、あくまでも評価額と自分たちがしたい事業資金の実現に向けてのプレゼンテーションなどもきちんと検討されることをオススメします。

融資で審査担当者が納得できるものであれば、ビジネスパートナーの不動産担保ローンこそノンバンクでも有料とされる金融商品と言えるでしょう。

インターネットで気軽に相談ができます。第三者の不動産、遺産相続、相続人予定段階の不動産担保も対応しています。相続で問題がある物件でも対応の審査の甘さも口コミでありました。そんな事もまずは相続からということです。

インターネット申込が、24時間対応しています。手数料なし、低金利、審査が甘めと言うノンバンクの中でも優良とされる要因が多いのがビジネスパートナーです。

ノンバンクの不動産担保ローンでは審査が難しい場合もある

ノンバンクの不動産担保ローンの審査要件はだいたい同じです。条件としては、銀行融資が断られたとしても、借りれる甘い審査を期待しても良いです。

ここがポイント

事業資金は、本当は銀行での低金利の借入が良いです。それができないから、ビジネスローンと考えるのですが、その前に検討したいのがノンバンク不動産担保ローンです。

不動産担保があることで、ビジネスローンよりも低金利で審査も多少甘くなります。銀行融資よりは高い金利ですが、審査が甘い分経営が大変な方でも借入ができます。

ノンバンクの審査基準でも困難な場合

3期以上の赤字決算、信用保証協会の限度額以上、税金滞納、銀行融資を1年以内に受けている。

このような場合は、甘いとされるノンバンクの不動産担保ローンでも少し審査が難しいです。銀行融資を受けているのにもかかわらず、数ヶ月での追加融資希望では、経営そのものに不信感があります。少なくとも銀行融資ができる時点では、様々な要件が良い状態ですが、すぐに悪化してしまったというのであれば、返済能力での不安が存在しています。

返済リスクが高い審査では、ノンバンクでもどうしても審査が厳しいです。不動産担保ローンですから、不動産担保がなくなっても良いと考えての審査と考えないようにしてください。

不動産担保ローンの目的は、返済に伴う利息収益であり、それが不可能な申込者に対しては、ノンバンクでも厳しい判断をすることが多いです。商品概要ではここまでの解説はなく、よほど甘いとされる不動産担保ローンでは、もともとの金利が高い場合が多いです。それなら、不動産担保ローンではなく、不動産売却が良いと判断されることがあります。

あくまでも返済能力がなければ、事業資金に回すだけの融資を受け取る事ができないのが現状です。というと、厳しく感じますが、一応申込だけでもしてみると良いです。

赤字決算でも相談に

3期連続赤字では審査は困難ですが、2期なら大丈夫?それは数字次第ですが、ノンバンクの不動産担保ローンで赤字決算でもOKというのは、1期の場合がほとんどです。これは、少なくとも不動産担保ローンで、資金が入ることで、業績が伸びる事を期待したいから。要は、返済能力が上がる事を期待してのことです。

つなぎ融資だったり、使用目的が成功する内容であれば、審査も前向きになりますが、どうしても不動産担保ローンでもダメな場合もあります。仮審査などでそうもできますし、事業計画などの指導で借りれるケースもあります。

-不動産担保ローン, 資金調達
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.