事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

不動産担保ローン 専業主婦

投稿日:

専業主婦は不動産担保ローンの契約ができるのか?

専業主婦が融資を受けるとなると、問題なのが返済能力です。大手消費者金融では、専業主婦は申込対象外です。あくまでも、本人の収入が基本となります。しかし、銀行カードローン審査では、専業主婦でも最大50万円程度のカードローンを作ることが可能です。

では、専業主婦が契約者となり、担保がある不動産担保ローンではどうでしょうか?

不動産担保ローンとは?

カードローンやキャッシングは担保を必要としない、自分の収入をもとに限度額が決まる融資です。消費者金融では年収3分の一の総量規制、銀行ではそれぞれ限度額が設定されます。

中小消費者金融などで配偶者貸付制度がある場合のみ、専業主婦でも借入ができます。この場合は、配偶者の年収が「担保」となる形です。それでも、最高限度額は50万円となり、一応総量規制対象外となります。

では、担保がある場合、不動産担保ローンではどのようになるか?不動産担保ローンの特徴として、本人名義の不動産でなくても良いとされています。名義人の同意があれば、一応担保は用意できます。そして、本人の返済能力ですが、専業主婦なら配偶者、実はアパート経営などで不労所得があるなどの場合、専業主婦でも借入ができます。

もっとも、配偶者貸付制度と同じように、配偶者の年収からの返済で審査が通れば、専業主婦も不動産担保ローンができる場合があります。

要は返済ができれば良い

専業主婦は、主人の収入で生きていくことができます。その収入でローンを組んだとしても、返済ができると認定されることで配偶者貸付制度が成立します。不動産担保ローンの場合は、担保となる不動産がありますから、条件はもっと有利になります。

最初から、専業主婦はお断り出ない金融業者であれば、事情を考慮した上で専業主婦も契約ができるとされています。金融機関のさじ加減一つです。理想としては、不動産名義人が専業主婦であり、仕事はしていないが所得がある身分です。

アパート経営が順調で、新たにアパートを立てるための資金であるとか、店舗を持っているなどの事実があれば、配偶者を頼りにすることなく、堂々と専業主婦主導の不動産担保ローンを組むことができます。

返済能力の形として、無担保カードローンと比較しても多様です。いざとなれば、不動産没収という形が可能なのですから、金融業者としても柔軟な態度が期待できることでしょう。一応、事情が審査条件と合うことで、専業主婦の不動産担保ローンはできると判断しても良いです。

ブラック専業主婦の不動産担保ローン

不動産担保ローンは、ブラックの信用情報でも借りれます。これは、銀行などの厳しい審査では難しいかもしれませんが、不動産担保ローン専門業者や中小消費者金融などでは対応しています。

総量規制対象外で年収はあまり気にしなくても、問題になるのは不動産の評価額なのです。債務整理最中とか延滞の金融事故は難しいですが、多少のブラックでも対応ができます。

ただし、専業主婦のように収入がない、しかも、ブラックではどうなのでしょうか?

ブラック専業主婦の不動産担保ローン

まず、ブラック専業主婦というだけで、融資そのものは険しい状態です。ただし、金融業者でブラック対応なら、即座に審査落ちではないです。無担保ローンと違い、不動産という担保がある分、柔軟審査は期待ができます。

次に問題になるのは、返済です。専業主婦の返済能力が、どのような形で提出出来るのかそこが最大の懸念であり、金融事故の内容にもよります。たいてい、主人の収入で専業主婦の生活は成立しています。

しかし、専業主婦はブラック。不動産担保ローンを借りたい、実質返済は配偶者であれば、配偶者の信用情報も問題になってきます。この時、配偶者もブラックであれば、中小消費者金融のキャッシングは審査に通らないのですが、「不動産担保ローンはブラックも対応」であれば、評価額の何割かでの不動産担保ローンが可能になることがあります。

無担保と大きく違い、この柔軟審査は土地や不動産の評価額が大きく関係しています。

1000万円の評価額で借りられるのは?

だいたい不動産担保ローンの場合は、金融機関が査定した評価額の半分から6割程度です。ですから、高くて600万円程度です。しかし、ブラック専業主婦の場合は、500万とか400万円というマイナス要因が加わっての契約になる場合が多いです。

実は、この不動産担保ローンで多重債務などを完済する予定。そのようなことであれば、事前に相談をしてみて下さい。ふとは金融業者の判断になりますが、最初からブラックであれば、査定のなかからのローンの割合がどうなるかは不明です。

ブラックであれば、不動産担保ローンの比較も

各社審査基準は、さまざまです。一社だけではなく、数社に掛け合うのもおすすめです。

フリーローンと比較をして比較的基準金利が低いですが、ブラック対応はノンバンクです。低ければ低いほど有利ですが、ブラック専業主婦の受け皿となるかどうかが問題です。多分、同時に配偶者の信用情報もどう判断をするか?その他の財産などの話もでてきて、各業者の回答はまちまちです。

現在、サイト公開している金融業者では、全国対応で来店不要の審査が受けられます。消費者金融会社だけではなく融資対象と出るのは、不動産担保ローン専門業者も多く存在しています。融資額だけではなく、これが事業性のものであればまた話は別です。

担保がある不動産のローンのことであれば、キャッシングとは別枠で審査もすることがあります。全くの無収入の場合、不動産が配偶者である場合は、必ず配偶者の同意が必要になります。専業主婦だけの暴走では決めることはできません。

不動産担保ローンと収入 要は返済能力の有無

不動産担保ローンは、不動産を担保にして融資を受ける方法です。基本的には保証人もいらない融資ですが、事業資金として何億もの融資の場合、ブラック融資などでは保証人が必要な場合もあります。

この不動産担保ローンは、銀行を始め消費者金融や不動産担保ローン専門業者などで取り扱うローンですが、基準金利としては無担保ローンより低いです。一般の方の利用もでき、不動産の価値、評価額によって融資額が決まります。

融資対象については、運転資金のため根抵当権として継続的な存在としている会社も多いです。金利は銀行が低く、消費者金融会社などでは審査は甘いが金利は少し高め。でも、フリーローンよりはお得という立ち位置です。総量規制対象外の商品であり、借りやすい金融商品の一つです。

ブラックでも借りられる不動産担保ローン

消費者金融や専門業者では、ブラックでも対応が大きな売りの一つです。これは、無担保ローンと違い、回収リスクが低いことが理由として大きいです。評価額によっては借入額も高いですが、担保の存在はとても大きいです。

キャッシングと言っても、最終的には競売という手段を取ることで、最小限度のリスク回避が可能です。そこで、ブラックではないのですが、無収入の専業主婦が利用できるか?これは、それぞれの業者で対応が違います。

金融事故がある信用情報と、無収入の専業主婦。契約者として、ともにリスクが大きいものですが、リスクヘッジが可能な担保があることで、ともに柔軟審査が期待できます。

専業主婦が審査通過できる可能性

これは、主人の存在が不可欠です。配偶者貸付制度がある中小消費者金融などでは、配偶者の収入が総量規制対象となります。専業主婦が借入ができる範囲は限定的ですが、それでも無収入でありながら契約が可能です。

では、不動産担保ローンではどうか?ということですが、これもほぼ配偶者貸付制度と同様の対応になることでしょう。結局は、返済能力は配偶者の収入によるところが大きいため、一応専業主婦の不動産担保ローンの申込は、配偶者の存在がなくては話が始まらないということです。

無収入の配偶者の場合

多分、審査の甘い消費者金融会社だとしても、配偶者に収入がない不動産担保ローンの契約は難しいでしょう。

夫婦で収入がない。これでは返済能力がゼロということで、不動産担保ローンではなく住宅などの売却がおすすめということになります。おまけに、ブラックでも借りられる不動産担保ローンと言われていますが、収入なしでは話にならないでしょう。

配偶者に収入がきちんとあり、その上での専業主婦の不動産担保ローンは、審査が甘いところならば配偶者の信用情報も審査対象です。契約の可能性が大きいでしょう。

名義はあまり関係ないけれど

夫婦名義の不動産を専業主婦が契約者になって、妻の分だけの不動産担保ローンを組みたい。それは可能なのか?

不動産担保ローンの仕組み

不動産担保ローンに関しては、契約者が自分名義の不動産でなければならないことはありません。他人のものでも、同意があれば借入ができる比較的臨機応変なローンです。

極端な話ですが、あの土地や住宅で不動産担保ローンを組んでも良いとなれば、契約ができるというものです。ですから、夫婦名義であっても、妻だけしか借りられないということはないのです。主人が同意したのなら、夫名義分の借入もできることになります。

専業主婦の場合、問題は別の部分にあります。

返済は誰がするの?

専業主婦は、返済能力がゼロです。それでも、銀行カードローンは組めるのですが、無収入でも配偶者の収入無関係で、最高50万円程度のカードローンライフを楽しむことができます。

不動産担保ローンの場合は金額にもよりますが、多額の場合は簡単に返済ができるものではありません。当然、配偶者の年収がポイントになることでしょう。

不動産担保ローンは保証人がいらないのですが、専業主婦が契約者になる場合は、配偶者なり親なり、収入が一定の方が連帯保証人となる場合がほとんどです。それも、借入額が大きいほど絶対的な存在になります。

返済は、結局配偶者の収入から行われることなのですが、契約上では契約者が妻、連帯保証人が夫という内容でしょう。

銀行では難しい

このような専業主婦が不動産担保ローンができるのは、審査が厳しい銀行の不動産担保ローンでは無理でしょう。消費者金融や専門業者になりますが、金利が少し高くなることは覚悟です。

金融機関では、不動産担保ローンの金額の多さで審査には慎重になります。不動産の価値も実は流動的です。融資対象の評価額が下がれば、追加担保も必要です。借入利率はキャッシングよりも低い魅力的な商品ですが、希望融資額が大きくなるほど審査は難しくなります。

結局は専業主婦も借りられる?

審査が厳しくない、配偶者の収入に返済能力がある、マンションや住宅などの不動産に一定の価値があるなど、それらの理由で借りられる可能性があるということです。信用情報などの審査も当然ありますが、専業主婦がキャッシングをするよりは審査は柔軟になりますが、配偶者の信用情報などが深く関係します。

配偶者に収入がない、返済能力がない場合は、専業主婦の不動産担保ローン契約の話は暗礁に乗り上げることでしょう。

専業主婦のまとめローンを不動産担保ローンで

不動産担保ローンをまとめローンとして利用するのは、建設的な方法です。それは、不動産担保ローンの借入利率が低いからです。同じ500万円の借金をキャッシングでは17%も、不動産担保ローンでは10%ですと総返済額が大きく変わります。

また、不動産担保ローンは、不動産の評価額によっては多額の借金ができます。総量規制対象外であり、年収の審査もそれほど厳しくないので、一定の収入があれば審査は通りやすいです。あるいは、一般的にブラックでも審査が通るとされている不動産担保ローンで、基準金利が低いということであればまとめローンは最適です。

では、無収入の専業主婦ならどう?

ここは、ノンバンク系の不動産担保ローンの出番です。ブラック対応も銀行ではなくノンバンクの不動産担保ローンであり、専業主婦なども銀行では審査落ちになることでしょう。

例えば、あるノンバンクの不動産担保ローンでは、配偶者もブラックである場合、不動産の評価額が高い事から夫婦のまとめローンとして一気に借入ができた例もあります。もちろん、配偶者の収入が安定していて、長期ローンを組むことができたからです。

専業主婦だけの場合でも、ポイントとなるのは配偶者の年収です。そこで、返済能力ができると審査されれば、専業主婦のまとめローンとしての利用が可能になります。

不動産担保ローンの臨機応変さ

専業主婦となると、キャッシングの枠が小さくなります。しかし、配偶者の収入が保証されること、連帯保証人としての存在が確立されることで、不動産担保ローンの契約ができます。話のわかるノンバンク系の商品になりますが、まとめローンなどは総返済額が大きく変わりますから、おすすめです。

ただ、内緒で契約と言うのは、無理な話です。銀行カードローン審査は、専業主婦は配偶者に同意なしに契約ができますが、不動産担保ローンの場合は、主人なしの契約ができないことになります。私の名義の不動産だと主張をしても、収入がないことにはノンバンクとしても審査通過はないでしょう。

働いていない専業主婦、例えば不動産投資をしているアパートの経営者の場合は事情が違います。この場合、収入がある専業主婦になります。配偶者の収入をあてにしなくても返済ができるのなら、審査も変わってきます。

収入の流れにもよりますが、一概に専業主婦と言っても審査内容はいろいろです。返済能力で出処がしっかりとしてるのなら、ノンバンクでの不動産担保ローン契約の可能性は高いと言えるでしょう。

-不動産担保ローン
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.