事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

親の土地を担保にお金を借りる

更新日:

子供が親名義の土地でお金を借りられる?

親の土地や建物を担保にしてお金を借りる方法は良くあることです。事業をしている借金のまとめローンなどで、不動産担保ローンの対象としては、子供が親の不動産担保でローンを組む事は可能です。

不動産担保ローンの申込

不動産担保ローンの申込では、所有者と契約者が違っても良い金融商品です。

ただし、条件として三等親までなどの制限はあります。他人名義の不動産担保ローンは現実的ではないでしょう。そして、共通しているのが、所有者が違う不動産担保ローンの場合は、所有者が連帯保証人になることです。

要するに、契約者が返済ができない時には、連帯保証人が責任を取ることです。親子関係であれば、この事情を踏まえて、契約も問題がないでしょう。

共用名義の不動産担保ローン

例えば、親子で共用、兄弟などで共用している場合は、どの部分までで不動産担保ローンの契約を行うかどうかになります。

自分の持ち分だけですと、他の共用部分の借入ができないだけではなく、同意も必要無いでしょう。親の共用部分だけとか、契約者以外の土地等が入る時には、同意と連帯保証人になってもらう必要があります。

内緒で自分の持ち分の不動産担保ローンは可能であり、返済ができると判断された場合は、審査通過になります。

審査が厳しい銀行でも対応

親の土地の不動産担保ローンでは、審査か甘くなければならないことはありません。

たいてい銀行でも不動産担保ローンとしての商品で、子供が親の土地での不動産担保ローンはできます。評価額が高い親の土地の方が多く借りれる等の相談もできます。親名義で同意と連帯保証人ができるのなら、あとの審査では、申込者の返済能力になります。

金利が低めの不動産担保ローン

大きな資金だけではなく、最近ではまとめローンとして不動産担保ローンの利用もできます。

まとめローンでは多額の資金が必要であり、完済目的での借入です。不動産担保ローンの返済は、多額なほど低金利であり、返済期間を長期化することで負担が減ります。そうした使い方ができることで、親名義の土地で信用情報もきれいにすることができます。

完済をすることで、親には全く迷惑をかけないことになります。連帯保証人と言っても身内ですが、計画的返済ができる場合のみ対応してください。

住まいとしている不動産担保ローンの場合では、借入が多少制限されることがあります。空いている土地であれば、絶対に競売されることがないように返済をするようにしてください。

1000万円の土地でも1000万円は借りられない

不動産担保ローンとは、土地や建物を担保として金融機関や金融業者からお金を借りる方法です。1000万円で買った土地があるとします。この時に借りれる金額はいくらでしょうか?

金融業者によって違う

申込を受けた時点で評価額を算定します。それぞれの金融業者によって基準は違います。その評価額の7割程度が、借入金になります。

1000万円の土地の評価額が700万円程度、その7割では約500万円程度の不動産担保ローンになることでしょう。情勢によっても変わりますが、この数字が妥当です。すべてがそうだとは言いませんが、だいたい半分程度の借入になります。

親の土地ではどう?

所有者が契約者と違う不動産担保ローンでも、評価額が変わることはありません。上限は決まっていて、あと借入が変わるのは、返済能力の点でしょう。500万円の不動産担保ローンを返せる能力があるかどうかです。

親の土地であったとしても、条件は同じです。親が連帯保証人になることで、借入はできます。甘い審査の不動産担保ローンでは、名義人が親族以外でも対応することがあります。

親の土地でも長男や長男夫婦でなければならないことはなく、主人の父親の土地を嫁が借りるのもありです。義父の土地でも不動産担保ローンは可能ということです。審査では、契約者の返済能力ですが、土地所有者に対しての審査はそれほど厳しくないでしょう。

親の土地に抵当権がある

抵当権があるのは、住宅ローンの返済か、すでに借入がある場合です。これは、不動産担保ローンの申込の段階で第二抵当権対応の金融業者であれば問題はないです。銀行などでは難しいです。

また、納税をしていないことで審査に通らない事もあります。ノンバンクなどでは、第二抵当権、納税の点でも借りれる場合があります。しかし、銀行とノンバンクの違いでは、キャッシング同様に金利が違ってきます。ノンバンクの方が高い金利になりますので、注意が必要です。

事業資金となると

今回の不動産担保ローンが事業資金のための場合は、事業資金対応の不動産担保ローンの利用が絶対です。使途は自由とされている不動産担保ローンですが、融資の形が事業のための場合は、専用の相談をされることをオススメします。

契約したい子供の信用情報なども大きく関係します。キャッシングよりは審査は柔軟ですが、返済能力の有無は厳しくチェックされます。無担保ローンと違い、手続きも多く手数料なども多くかかりますから、全て計算した上での契約が必要です。

不動産担保ローンと贈与税の問題

親の土地で不動産担保ローンをしたいと考えている場合では、親が連帯保証人になることが必要です。このまま普通に不動産担保ローンも良いですが、親が高齢になっていたりすると、相続のことも頭をよぎります。

生前贈与の可能性

贈与税が発生するものは2500万円以上の場合が多いです。もし、親の土地やその他財産で2500万円以上の相談の予定であるのなら、相続時精算課税制度や生前贈与等の形を考えた方が良いでしょう。

不動産担保ローンそのものは親が所有者のまま契約ができます。連帯保証人になることの同意があればできます。しかし、返済途中で親が死亡したり、贈与の可能性がある場合は、贈与税対策をしておいたほうが良いでしょう。返済+贈与税の負担では、最終的には手放す事も可能性としては大きいです。

不動産担保ローンには慎重に

こうしたことは、子供の年齢が50歳以上では、親の年齢も80歳代になっている事が多いです。お金を借りたいからあの土地はもらっておくという内容ではなく、贈与税の観点と今回借入をしたいことをきちんと話をして、適切な対策を考えていた方が良いでしょう。

不動産担保ローンと簡単に言っても、カードローンのように返済期間が短期ではない場合が多いです。今回借りたい金額が大きければ大きいほど、返済リスクとともに贈与税の可能性と減税対策は必須の条件です。大した金額ではなく、贈与税も無関係であれば良い話ですが、その事も踏まえて申込の前に不動産担保ローンの説明をうけることをオススメします。

銀行などではきちんと話ができる

贈与税では、他の財産もある時には全ての話をしなくてはならないでしょう。信頼している銀行があれば、不動産担保ローンも含めて相談することです。

今回の融資目的だけではなく、財産の内容から贈与税等の有無も考えてのことです。それなりに多くの財産がある場合では、贈与税もバカならない金額です。生前贈与精算課税制度等の利用も含めて、弁護士回答等も参考にしてみてください。

ちなみに親の土地の不動産担保ローンはできます

銀行の不動産担保ローンなどでも三親等の所有者であれば、契約ができます。親の土地であれば、ほとんどの銀行の不動産担保ローンでは問題なく審査ができます。

実際には、土地ではなく申込者の信用情報や返済能力が問題になります。贈与税、親が持つ借金等の問題は、不動産担保ローン申込をきっかけにいろいろと見直しが必要です。

もし、親がすでに不動産担保ローンをしていたとしても、余剰部分での不動産担保ローンができます。その際には、第二抵当権対応の金融業者への申込になりますが。

共有名義の不動産担保ローンには要注意

不動産担保ローンをしたい方が、所有者が自分以外でも借りる事ができます。親の土地であれば問題がないでしょう。その際に、親の同意と連帯保証人になることが必要です。

絶対に大丈夫ではない事も

同意は当然ですが、連帯保証人になることができるかどうかが問題になります。土地だけであれば、居住権の問題もありませんが、不動産であれば親が住む不動産の場合は、借入額も制限されることがあります。

不動産担保ローンの審査では、契約者の返済能力が重視されるのですが、連帯保証人の返済能力も多少は加味されることがあります。最悪事態としては、土地没収ということで言えば、不動産売却よりは、審査は通りやすいとされていますが。

親が、連帯保証人になりえない等の場合もあります。難しい審査になる場合は、弁護士などに相談をしてください。

共有名義の場合

親の土地ではなく、自身と共有名義になっている場合は、原則自分の持ち分だけです。それだけの資金で良いのなら、親に内緒での不動産担保ローンの契約も可能です。あくまでも自分の分だけが担保になります。他の方も共有されている場合も同様です。

評価額については持ち分だけで判断されることになり、他の共有部分の借りたいということになると、それぞれの同意と連帯保証人になってもらうことが必要です。所有者全員の同意ではなく、一部でも対応しますが、返済リスクが高まると厄介な話になります。

共有持ち分の不動産担保ローン

返済ができない。他の共有部分の中に金融業者が入ることになります。この場合、金融業者では売却を考える事になり、他の所有者にも手放す相談を持ちかけて行くことになります。

不動産担保ローンの事実も知らなかった、おまけに返済ができずに売却の話?そんな中で、第一の親が亡くなって、贈与税等も関係してくるということになると、かなりの大問題です。

不動産担保ローンの借入では、共有名義の場合は絶対に完済ができる範囲内が妥当です。事前に話ができるのなら、リスク軽減のためにも内緒ではしないほうが無難です。後でいろいろと内容がわかることで、家族会議で大変なパニックになってしまう事もあります。

親の土地だけでは

内緒の不動産担保ローン契約は絶対にできません。連帯保証人になってもらうことが必要であり、自分で支払いができないと土地を失うことになります。

返済見込みがある、負担ない返済ができる範囲内の不動産担保ローンがオススメです。多少無理をしてでもというのは、大誤算になると悲惨です。

不動産担保ローンのトラブル

母名義の土地の謄本を見た時に、長男夫婦が借入をしていました。母は知らなかったというのですが。こんなことは犯罪ではないでしょうか?

不動産担保ローンの決まり

現在は、不動産担保ローンでは子供が親の土地でお金を借りることはできます。その際に、母が知らなかったというのはNGですが、権利書、実印、印鑑証明書と母が書いた委任状があれば、不動産担保ローンの審査を開始することができます。

もし、長男が母の筆跡をマネした場合は犯罪になります。身の覚えのない不動産担保ローンであれば、そのままにしておくことで家庭内での問題が大きくなってしまいます。こんな時には、弁護士などに相談をすることが必要です。

母が連帯保証人になっているはず

親名義の土地の不動産担保ローンでは、母が連帯保証人になっています。その事も知らないとしても、書類がきちんとあり、実は母が契約を忘れてしまっていることが考えられます。認知症等の疑いがあります。

この手の内容は、最近弁護士回答は最近多いです。それぞれのケースで対応は違います。事件になってしまうケースもあります。

勝手には不動産担保ローンは組めない

契約者以外の名義の土地の不動産担保ローンでは、所有者の同意と連帯保証人になる必要があります。上記の例では、契約時の母も同意していたのであれば問題はありません。親の土地の不動産担保ローンでは、返って申込しやすい点も多いでしょう。

相続税もポイント

高齢の親の土地の場合は、相続や贈与等の税金の事も気になります。不動産などで、億単位、数千万円単位の評価額がある場合は、意識することも必要でしょう。不動産担保ローンとしてお金を借りたいだけではなく、ひょっとしたら、このタイミングでの税金請求などは、返済等も大変です。

相続についても弁護士相談になります。借りたい不動産担保ローンですが、親の土地に関する場合では、様々な問題が出てきます。また、相続人が複数存在している場合は、不動産担保ローンも難しい場合があります。

親には内緒にできない親の土地の不動産担保ローンですが、他の方の共有名義だとしても、名義分の侵害がない不動産担保ローンであれば、内緒での不動産担保ローン契約ができます。

弁護士の出番が予想されることも

相続等では弁護士の相談はきちんと行うようにしてください。後で問題が大きくなると大変です。

そして、不動産担保ローンですが、完済できる見込みがある場合のも検討されることです。返済ができないと競売されることになる可能性が高いでしょう。相続で大きな問題になってしまいます。

-不動産担保ローン
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.