事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

親名義の家を担保に自営業の息子お金を借りる

投稿日:

不動産担保ローンで借入したい 自分名義じゃなくても良い?

自営業の資金調達方法としては、銀行融資の方法があります。低金利の融資が理想的ですが、審査は厳しい内容になります。

ビジネスローンもありますが、多額の資金の場合は銀行融資以外では金利が気になります。自営業の場合、安定的な資金調達方法としては不動産担保ローンがあります。

親名義の不動産担保ローンの実施について

不動産担保で資金調達をするのですが、自営業だけではなく中小企業の資金調達方法としてもオススメです。不動産担保ローンでは銀行にも商品がありますが、根抵当権設定者を銀行にすることで、取引銀行としての関係を深めるということもあります。

ただし、自営業の場合は、自分の不動産がない場合、親が持っている不動産を担保にしてローンを組む事もできます。親名義の不動産でも担保ローンができます。不動産担保ローンの場合、名義人は契約者と同一でなくても大丈夫なケースが多いです。

このときに必要な事は、名義人の同意です。契約同意だけではなく連帯保証人になってもらうことも必要で、その同意ができる事で、親名義の不動産担保で借入ができます。親だからできるわけではなく、他人名義の不動産担保ローンも契約同意と連帯保証人の同意があることで、契約が可能になります。

不動産担保ローンについて

不動産には一定の価値があります。

不動産担保ローンについては、金融機関、金融業者が不動産の評価額から60%程度の借入ができるといいます。このときの評価額は公開されている地価ではなく、金融機関や金融業者が独自にリサーチをした金額です。地価よりも低い事が一般的です。

例えば、地価で1000万円の不動産だとしても、金融機関で800万円程度の評価額と設定し借りれるのが60%だとしたら、480万円の借入ができる計算になります。もちろん数字の幅はありますが、1000万円の地価だとして1000万円で借りれるわけではありません。

ただし、地価の評価額にスライドすることは確かです。ですから、1000万円で購入した不動産でも、目減りしているときには評価額も下がってしまうということです。一応査定をしてみてですが、その地域、時期によって不動産担保ローンの借入額は上下することになります。

銀行より不動産担保ローン業者の方が評価額は高い

一般的ですが、不動産担保ローン業者の評価額が高いです。ただし、評価額だけではなく、金利も高いです。この点では、返済額にも関係しているのですが、返済シミュレーションなどを確認することが必要でしょう。

とにかく、自営業の息子の不動産ではなく、親名義の不動産でも不動産担保ローンの対象になります。親がOKを出す事で、息子はなんとか借入ができる事になります。そうなったとしたら、どこの金融機関、金融業者で借りるか?でしょう。

不動産担保ローンと生前贈与

不動産担保ローンの場合、不動産が担保として資金調達ができます。不動産の評価額で借入金が変わりますが、カードローンやビジネスローンと違い有担保ローンですから、借入できる金額は総量規制以上になります。あまり聞かないローンかもしれませんが、自営業や事業資金としてに使うローンとしては一般的です。

不動産担保ローンの内容

不動産担保の名義は、契約者、申込者と同じじゃなくても良いです。最悪、他人名義であっても契約ができますし、三等親までの名義でも対応しています。親名義であれば、よくある契約内容だと言われています。

息子が社長、親が会長の場合、社長が会長名義の不動産担保ローンの契約ができます。また、親が完全にリタイアした場合でも同様です。

親名義の不動産担保ローンを契約をするのなら、親の承諾と連帯保証人になってくれる同意があれば契約が進みます。このとき、親が同意していない、息子が勝手に契約してしまったときには、それがバレたら契約がストップします。

親の同意が難しい

お前には不動産担保ローンはさせないという強い反対ではなく、健康状態などで署名などができない場合があります。

不動産担保ローンの同意が困難だけど、このまま行くと自分が相続するだろうという不動産の場合もあります。当然待っていれば、自分のものになるかもしれない不動産です。そのときには、生前贈与に形で名義を変える事もできます。

このあたりの事情では、生前贈与の意思も確認しなければならないのですが、全ての方が納得する形で生前贈与をした場合、親名義の同意の必要もありません。

生前贈与になると

贈与税などの関係がありますが、2500万円までは税金控除が存在しています。

親名義のままでは同意が無理な場合は、自然な形の不動産担保ローンが可能になります。贈与後では、自分の名義になります。高齢の親だったり、健康状態が思わしくない。様々な事情が関係してくるのですが、不動産担保ローンに関しては、親名義では生前贈与などの可能性も模索してみると良いでしょう。

事情があり相談したいときには、弁護士などに相談も良いのですが、不動産担保ローンそのものの借入額、生前贈与の際の贈与税の問題なども同時に検討してみて下さい。親名義の不動産担保ローンでは、同意があればそのままの名義で息子が契約者になることができます。

様々な事情がありますが、不動産担保ローンと生前贈与の問題もよくある話しです。親名義の場合は、こうした話しもあります。

住宅ローン返済中だけど不動産担保ローンは申し込みできる?

親名義の不動産担保ローンでは、息子が契約ができます。その際に、親が同意するだけではなく連帯保証人になることで条件が揃います。

ところが、その親名義の不動産が、まだ住宅ローンがある場合はどうなるのでしょうか?

住宅ローンが残っている場合の不動産担保ローン

不動産担保ローンは銀行とノンバンクの商品です。銀行の不動産担保ローンでは、必ず第1抵当権になる事が必要です。ですから、住宅ローン返済中の不動産担保ローンは不可能です。

ところが、ノンバンクの不動産担保ローンでは第1抵当権とは限定されていません。それだけではなく、契約者がブラックリストだとしても申込ができる商品もあります。

ノンバンクの不動産担保ローンでは、住宅ローン返済していてブラックリストの申し込みだとしても、審査が開始されます。

甘い審査ということ?

ノンバンクの不動産担保ローンでは、返済している部分での借入ができます。たいてい1000万円程度の返済している事が条件となっています。例えば5000万円の不動産で2000万円程度の返済が残っていても、3000万円の返済部分があれば、契約ができます。

第1抵当権が住宅ローンの部分ですが、返済している部分で第2抵当権の不動産担保ローンの契約ができます。この臨機応変さが銀行の不動産担保ローンには存在していないことになります。

審査的には甘いとの評価があります。保証人は、名義人になります。自分の不動産では不動産が担保になりますが、親名義の場合は連帯保証人として親がなります。

ブラックリストでも借りれる

ここで、自営業の息子が親名義の不動産担保を利用してローンを組むのですが、息子がブラックリストだとしても返済能力が認められる事で契約は可能です。

実は、まとめローンとして不動産担保ローンができる事もあります。これは、カードローンやキャッシングにある総量規制が存在しないため、不動産担保ローンで完済も可能性があります。これも銀行の不動産担保ローンでは契約が難しいことになります。

個人信用情報機関の内容で自信がないとか、返済が終わっていない不動産の場合は、必然的に金融業者の不動産担保ローンになります。

審査は甘いけれど

金融業界の常識としては、甘い審査では金利が高くなる。これは、大手消費者金融と中小消費者金融などでも言われている事ですが、不動産担保ローンも同じです。銀行の不動産担保ローンは厳しい審査になりますが低金利です。金融業者では審査は甘いけれど、金利が高くなります。

不動産担保ローンの場合は、抵当権などの手続きで手数料もかかります。高い金利の不動産担保ローンのときには、返済シミュレーションなども確認した上で、契約を検討してみて下さい。

不動産担保ローンは親子関係では多分OK

親名義の不動産でお金を借りたい。ある自営業の方が、資金調達として親から資金がほしい。

それなら、親もお金がないから、不動産担保ローンでお金を作ると言うとき、親が高齢だったり収入が不安定で審査落ちになることがあります。一応申し込み上限年齢なども存在していますから、名義人の親が借入できないことがあります。

息子が契約

そこで、親名義の不動産担保ローンを息子が契約者になることができます。これは、不動産は親のもの。返済責任はすべて自営業の息子になります。

このとき、息子の収入が安定していて、申し込み年齢も対応していて、返済能力が認められる事が審査を受けられます。返済能力がない親は、連帯保証人となることで不動産担保ローンの契約が可能になります。

担保になる不動産は親の持ち物です。その担保で借りれるのは息子であり、全て息子の責任において完済計画を立てて行くことができます。この親子関係では、不動産担保にしても納得の行く内容です。

ところが、不動産担保ローンでは金融業者によっては名義人が親ではなく、同意した他人の不動産担保であっても契約ができます。このとき、名義人が連帯保証人の承認ができれば良いことです。

各種ローン、担保があれば

このことは、不動産担保が存在することで、金融業者としては回収リスクが低くなることです。それでも審査では返済能力がなくては契約ができないローンです。

ですから、収入がない親が契約は無理ですが、この人に貸す、自分が名義人になるというものであれば、自分の不動産を承認した人の不動産担保ローンに使うことができます。

名義人と契約者が違う場合

不動産担保ローンでは、完済義務が契約者がすべて負うことになります。実際に所有している不動産名義人では不動産提供だけです。借金は、親名義のものであれば、息子が負うことになります。

この不動産担保ローンのときには、返済中は抵当権が移りますが、完済した後は普通に抵当権が外され、親の手許に戻ります。その際には、完済しているのなら、一切の傷がついていないことになります。

なかなか画期的なしくみ

不動産名義人と契約者が違うとしても不動産担保ローンができるのは画期的なことです。

親名義、契約者が息子はありがちな関係です。他人名義でも契約ができることがありますが、銀行の不動産担保ローンなどでは、三等親までなどの限定があることが多いです。申し込み前に、確認をすることですが、親名義の不動産担保の場合はほぼ大丈夫でしょう。

不動産担保ローンのトラブルと相談先

最近は、親名義の不動産を担保に自営業息子が不動産担保ローンを行うことができます。息子の資金調達のためです。このときに親の承認や同意が必要になります。

そのとき、体調が優れない、同意の裏付けとして診断書が必要な場合があります。高齢な親の場合は、半ば息子がいい加減に同意させたと誤解されることがあるからです。

本当にある話し

不動産担保ローンでは親名義の不動産も利用することができます。親が連帯保証人になる、同意が必要なのですが、とりあえず契約だけをしようというのは甘い考えです。

また、金融機関によっては、同意がないことに気がつくと、不動産担保ローンの契約ができないことがあります。不動産担保ローンの内容をきちんと説明をして、納得できる同意と承認が必要です。

物件の内容だけではなく、所有者がきちんと納得していて、不動産担保ローンの最初としては名義人の納得が必要です。親同伴での契約なら間違いないでしょう。

診断書の話し

高齢親の場合は、身体的に判断ができているかどうかを第三者的に金融機関が納得しなければならないことです。言葉だけではなく、診断書が必要な場合もあります。一応、一定年齢の場合は診断書を提出しなければならないこともあります。

不動産会社が間に入ることもありますが、いろいろと相談ができます。お世話になっていた不動産会社などでは、こうした診断書などの必要書類の話しもできます。

不動産担保ローンに関しては、詳細に説明しているホームページも多いのですが、地価、評価額などでも話しも聞くことができます。不動産会社が持っている評価額と不動産担保ローンの評価額は違います。借り入れたい金額などでも参考になります。

同時に相談先が弁護士

不動産担保ローンでは、トラブルも多様化しています。そのときには、弁護士などで不動産担保ローンに詳細なところに行くことができます。

不動産会社だけではなく、相続なども関係するときには簡単にできないこともあります。共有名義になっている場合は、事情を話してすべての承認を得るか、親名義分だけの不動産担保ローン契約などもできます。

その際にトラブルなどの予感になると、弁護士などに相談した方が良い場合もあります。自分の不動産であれば問題がないことですが、自分以外名義の不動産担保ローンでは、トラブル予想もゼロではないと言います。

申し込み、契約に関しては多くの情報を持ってから申し込みして下さい。銀行が理想の低金利の不動産担保ローンですが、それより高い金利ですが金融業者も取り扱いをしていますので、参考にして下さい。

-不動産担保ローン
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.