事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

不動産担保ローン 親名義

投稿日:

親名義の不動産担保ローンの注意点

不動産担保ローンでは、親名義のものでも契約ができます。申込者本人名義以外でも良いということです。

極端な話し、他人名義でも契約ができる場合がありますが、たいてい三等親程度の範囲内の名義であれば、申込ができます。

親名義の場合の注意点

不動産担保ローンの不動産の所有者の場合は、そのまま契約は簡単です。

ところが、親名義の場合は必要なことは親の承諾です。申込者以外の不動産担保の場合は、所有者が連帯保証人にならなければならないです。親が連帯保証人になることが条件です。そこで、親が高齢者の場合は診断書なども必要です。

もし親が認知症などに罹患している場合は、本人の承諾が取れない場合があります。その時には、その認知症の親名義の不動産担保ローンはできない場合があります。

不動産担保ローン会社の判断もありますが、少なくとも親に収入がない、認知症であることでは、不動産担保ローンそのものの契約が危ない状態もあります。

曖昧な契約はあとが大変

親名義の不動産担保ローンの場合、担当者が全ての事情を把握していないと、大変なトラブルに巻き込まれることがあります。

親だからなんとかなるとか、承諾も取らないままの契約では、返済ができないとか、他の相続人がいるなどのことでは、トラブルだけではなく、家族内でも不穏な雰囲気になります。

親同伴の申込を

不動産担保ローンの申込のときには、親同伴の契約がオススメです。審査担当者からの細かな説明をあるだけではなく、親そのものが連帯保証人になるのですから、大変な事態です。

審査もそうですが、父親なり母親、祖父母などの名義の不動産担保ローンでは、証人として共に契約の場に立ち会うことが理想です。会社としても、そうした対応であれば、確かな情報を伝達することができます。

金融機関、銀行でも不動産担保ローンは行っています。こちらも親名義の不動産担保ローンが可能ですが、承諾だけではなく、連帯保証人としてのしっかりとした説明が存在しています。

もし、親が同伴できない場合でも承諾はもちろんですが、他の人などの証人がいることでトラブルを防ぐことができます。たとえ親子だとしても、名義が違う不動産担保ローンの場合は、きちんとした説明が必要です。

どうしても資金調達したくての不動産担保ローンです。もしものことがゼロではなく、リスクがあることも親に承認してもらうことが不可欠です。親はわからないからというのは理由にならないのですが、認知症や体調が優れないときの親の状態では、親名義の不動産担保ローンは難しいかもしれません。

不動産担保ローンの時に生前贈与を受けるという提案

子供がどうしても資金調達をしたい。会社や商売をしている場合、資金調達の方法として親名義の不動産担保ローンを検討されている方面います。

所有者が親の不動産

この場合、親名義の不動産担保ローンは契約ができます。その際に親の承諾が必要ですが、この不動産はいずれ自分のものになることが決まっているときには、生前贈与と言う形もあります。

そのときに贈与税ですが、相続より税率が高いとされています。

どうしても親の承諾が困難

実際、親が高齢の場合、親名義のままで不動産担保ローンの承諾が取れない場合があります。

そんな時生前贈与の提案ですが、税率を低くするために、相続時精算課税制度の利用を取ると良いでしょう。贈与予定の不動産、土地の財産合計が2500万円までは税金が控除されます。贈与税納税が低くなります。

いずれは自分のものになる。それが、今の不動産担保ローンの資金調達のタイミングで行ってしまうことで、スムーズに不動産担保ローンの契約ができることになります。

相続時精算課税制度について

最近は、若い方の親名義の不動産担保ローンの利用が増加していると言います。

事業資金調達だけではなく、親のための高額高齢者施設の入所金などです。すぐに多くの借り入れができない状態であれば、親名義で不動産があり、その有効活用としての不動産担保ローンの資金調達があります。

それが、親が自分で不動産担保ローンというのはできない状態では、子供が申込者とならなくてはならない。その親は、不動産担保ローンの契約の承諾を受けられない時に、相続時精算課税制度の利用がメリットが大きいとされています。

不動産担保ローン会社では、相続税なども含めたこうした対応の説明があります。所有権が親である時、それが自分のものになることが決まっているのなら、相続時精算課税制度で先に生前贈与での所有権の譲渡を受けておくと、納税も少なくなります。

子供が使うわけではない

例えば、親が使いたい不動産担保ローンの場合、自分名義の不動産ですが、申込者として適していない場合もあります。そんな時には、子供が親名義の不動産担保ローンの申込者になることができます。

この時に、生前贈与してしまうことで、自分名義ではなく、子供名義にしてしまうことで、不動産担保ローンの契約ができます。

それぞれニーズ、家族の状態などもありますが、すでに相続が決まっている場合は、生前贈与を先にすることでの不動産担保ローンの速やかな流れも存在します。特にノンバンクの不動産担保ローン会社では、様々な不動産担保ローンの提案ができます。

親名義、自分名義の不動産担保ローンのメリット、デメリット、親の健康状態などを加味して検討してみてください。

不動産担保ローンそのものが審査落ちの場合も

不動産担保ローンは、不動産を担保にして借金をすることです。この時に自分名義以外で親名義の不動産でも対応しています。銀行、ノンバンクの不動産担保ローンでも対応しています。

親の承認が必要

親がはっきりと認識していることが必要です。

親名義の不動産で子供がお金を借りる。その時に、名義人である親が連帯保証人になるということです。ということは、子供が返済ができない時には、不動産はなくなってしまうということです。承認だけではなく、捺印なども必要です。高齢な親の場合は、勝手に行うことは違反です。

ある不動産担保ローンの場合は、高齢の親の場合は、健康状態を図るために診断書がなくてはならない場合があります。そこで、認知症などの診断があることで借りれない場合があります。

審査落ちもある

不動産担保としては価値が高いものですが、申込者と親そのものの信用情報なども審査があります。

確かに、借り入れ金額相当の内容ですが、完済不能との判断もあります。不動産担保ローンも親名義のものがあるからなんとかなる。親の承諾がはっきりしていない、申込者としての信用情報で著しい内容である時には、銀行などでは借り入れができないかもしれません。

ノンバンクの不動産担保ローンでは、平均して金利が高めです。ただし審査基準としては、銀行よりは低いとされています。親が連帯保証人になるのですが、それでも診断書などの提出とともに、申込者の返済能力が審査されます。ブラックリストでも借りれる不動産担保ローンと言う触れ込みはありますが、それでも限界があります。

ノンバンクでは、不動産担保ローンの借り入れが高めと言われていますが、審査次第で返済能力に比例してしまうことが多いです。返済が困難とされる時には、大きな金額の審査では通らないなどのケースも見受けられます。

不動産担保ローンの難しさ

担保があることでは、資金調達としては比較的高額の期待はあります。親名義でも承諾があり、いざとなれば、売却してでも返済ができるものです。それでも、その信用情報では信用ができないというような厳しい審査もあります。

また、地域によっては不動産担保ローンそのものができないといった場合もあります。ここは、不動産担保ローン会社の対応ですが、審査基準が甘めの所に打診が必要でしょう。

最近では、インターネットの検索で全国の不動産担保ローンの内容を確認することができます。親名義の不動産担保ローンの場合は、親の承諾が不可欠ですが、信用情報も確認されることは承知してください。

悪徳業者だけには絶対に引っかからないでください。とても良い条件のノンバンクの不動産担保ローンでは、闇金まがいのケースもあります。

認知症親名義の不動産担保ローンについて

不動産担保ローンの場合、親名義の不動産も子供が申し込みが可能です。その際に、親の同意が必要になります。

親は同意しない

融資がほしいのですが、所有者である親の同意が絶対に不可欠になります。親子ですから、適当に親の押印などをしてしまい、きれいに返済ができるのだから、大丈夫というのはNGです。

親は同意をしない。そんな時の不動産担保ローンは困難です。

親が高齢で対応できない

高齢だけではなく、病気や本人の同意が困難であり、多分自分が不動産担保ローンとして融資してもダメとは言わないので、同意なしで子供が勝手に親名義の不動産担保ローンに申し込みして、同意も適当に書類を作ってしまうことがあります。

これは、不動産担保ローンとしては、成立しないことであり、最悪一括返金、不動産没収と言うこともあります。というのも、いくら親子だとしても、申込者の名義の不動産ではありません。父だからというような理由はなく、所有者の同意が不正であれば、不動産担保ローンも不正です。二世帯住宅だとしても、所有が親であれば親の同意が絶対に必要です。

親が認知症になった

親名義の不動産担保ローンをしたいけれど、重度の認知症の親だとどうでしょう?不動産担保ローンの同意は困難です。

この場合、不動産担保ローンの契約はできません。認知症の方に不動産担保ローンと言う仕組みの説明をしても通じないというのがその理由です。

法定後見人をつける

認知症になった方に対して、裁判所に法定後見人の申立をすることで、法定後見人を任命することができます。認知症の症状だけではなく、総合的に認知症の方の意思を継ぐ形で、法的にも公正中立な立場の人が選定されます。

弁護士などの場合もありますが、親族になることもあります。この法定後見人が存在することで、ここで不動産担保ローンの契約ができることがあります。認知症になった親名義の不動産担保ローンによって、その方の利益となることが必要です。また、他に親族がいたり、不動産担保ローンで得られる金額とその返済などについても確認、検討されることになります。

自分がいずれは相続する土地や建物だとしても、未だ認知症の父名義です。法定後見人としては、不動産担保ローンの希望に関しては、あくまでも父の利益となる方向で検討していくことです。

要するにそんなに簡単に行く話しではないのですが、認知症の父のために高齢者施設に入るためのお金だったり、他にも家のリフォームなどの話しでは、まとまった金額がほしい意思が伝わることになります。

法定後見人の存在によって、認知症の父に変わっての対応になりますが、不動産担保ローンの行方は不透明です。

親名義の不動産担保ローンの返済中に、親が急逝したとき

まず、不動産担保ローンをしようというときに親名義の不動産で借りたいときには、親の同意が得られるかを確認しなくてはなりません。このときに、担保でお金を借りるからだけではなく、親には連帯保証人にならなくてはならないことを正しく伝えることです。

連帯保証人になるということ

返済が順調にできないときには、親が保証人として弁済します。

このときに収入がない、支払い能力がないときには、不動産が没収になります。資金調達方法としては、不動産担保ローンでは長期の返済になることが多いです。

もし、親が快諾して、契約ができたとします。返済中に、不幸にも親が他界したとき、他の相続人などがいるときには、多少ややこしい問題になります。

もう弁護士に依頼しかないかも?

例えば、親が存命中に親名義の不動産担保ローンの契約をしました。そのこと自体は問題がないでしょう。連帯保証人ですが、そこも大丈夫であり、返済も順調です。

ところが、自分には兄弟姉妹があり、親名義の不動産は相続に関して、他の兄弟姉妹も取り分があるとします。3000万円の不動産だとしたら、3人兄弟で1000万円ずつの相続の権利がある。このような話しはよくあります。

そこで、自分だけ親との協議で他の兄弟姉妹には内緒で、不動産担保ローンとして2000万円の借り入れをした。その時に、他の兄弟が知らなかったということで、問題があることも多いです。

この場合、不動産担保ローンの内容だけではなく。兄弟にしたら、僕たちがもらえる1000万はどうなる?ということです。相続については、弁護士などにすぐに相談をしましょう。

勝手に不動産担保ローンができない?

この場合、親名義の不動産の不動産担保ローンをするときに、それぞれの相続人の同意が得られれば良いわけでしょう。また、その時には、返済に関しての約束事なども必要です。

ただし、親が急逝したときには、そんな余裕もありません。そこで、こうした相続問題では弁護士に間に入ってもらっての話し合いが必要です。

自分が申込して契約した不動産担保ローンです。親も快諾してくれたのですが、相続に関係するものであれば、このような問題が噴出してしまうこともあります。生前贈与が妥当の場合が多いです。

要するに、不動産担保ローンで借りたいお金は、贈与分だけにする。上記の条件で言うと、1000万円だけの不動産担保ローンにしておいて、他の兄弟には相続分は手を付けないということです。兄弟、相続人が存在しているときには、慎重に親の同意が必要になります。

不謹慎かもしれませんが、この不動産担保ローンのときにその後の対応についての遺言書の作成ができれば、スムーズにことは運びます。それにしても、親名義の不動産担保については、相続するはずの兄弟が存在しているときには、慎重に検討も必要です。

-不動産担保ローン
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.