事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

ノンバンク

不動産担保ローン ノンバンク

投稿日:

改めてノンバンクの不動産担保ローンの借入とは?

不動産担保ローンはノンバンクの方でも借りれます。事業資金融資を調達したいなど企業や個人事業主も利用されています。最近では、個人でおまとめローン目的での申込も多いです。

ノンバンクの不動産担保ローン

ノンバンクとは預金業務がない金融機関や金融業者です。それでいて貸金業務ができる会社です。プロミスなどの消費者金融、クレジットカード会社、信販会社などがそれにあたります。銀行以外の貸金はすべてノンバンクだと言っても良いでしょう。

カードローンやクレジット契約もできます。目的ローン(カーローン、ブライダルローン)もありますが、不動産担保ローンももちろん存在しています。事業者ローン専門だったり、不動産担保ローンだけの取扱もしている場合もあります。

銀行以外の貸金では、貸金業法に則った法律により、金融庁の届け出をしないと正規の運営ができないです。ネームバリューのない会社も多いですが、それはノンバンクのことを知らない人が知らないだけで、不動産担保ローンの業界ではよく知られている場合が多いです。ノンバンクは決して怪しい金融業者ではないです。

安心できるのはやっぱり銀行

それを言うのなら、大手消費者金融はどうでしょう?カードローンの申込者が多い金融業者であり、不審がる方はいないです。それと同じく、不動産担保ローンの取扱をしているノンバンクでも、それなりの評判や口コミが存在しています。

きちんと確認した上での行動が必要ですが、ノンバンクでも安心できる業界は多いです。銀行ばかりが安心が大きいのではなく、ノンバンクの不動産担保ローン、キャッシングなどの利用者は多いです。

ノンバンク不動産担保ローンのメリット

それは審査が柔軟であり、早いことが挙げられます。スピード審査で、即日融資は流石にないですが、1週間程度での融資ができます。銀行系ではこうは行かないです。申込条件も柔軟であり、審査が厳しくないことでは借りやすいと言えます。

ただし、最大のデメリットとしては、金利比較のときでしょう。お金を借りる段階では、ノンバンクはどうしても割高な金利設定になります。特に、上限金利は高くなっています。手数料などのコストもかかります。

メリットだけではなく、デメリットは確認ですが、運転資金がすぐに必要。審査が柔軟でなければ借入ができない条件になっている。信用情報で不安な場合は、ノンバンクの審査が良いです。

融資額もそれほど低くない場合がありますが、返済計画を立てた上で、表面上の金利だけでの簡単申込は厳禁です。借りやすいですが、返済の見通しを付けた上での判断は絶対です。

ノンバンクと銀行の比較 評価額が高いのはノンバンク

不動産担保ローンは、銀行とノンバンクでの取扱をしている資金調達の方法です。この2つの金融機関では比較されることが多いですが、何が違うのでしょう?

金利の違い

銀行の不動産担保ローンの融資では平均5~10%。ノンバンクでは平均5~15%です。金利差の裏には審査の厳しさが反映しています。

銀行では上限金利が低いことで審査基準が高いですが、ノンバンクでは審査が多少柔軟になることで上限金利が高いとみて良いでしょう。使用使途の内容が豊富なノンバンクでは、融資金額によっては、銀行の不動産担保ローンと変わらない内容も多いです。

ノンバンクは金利が高いとの口コミはありますが、審査内容だけではなく条件などで銀行と変わらないことも多いです。

審査期間

ノンバンクでは、審査が早いことが最大のメリットです。カードローンのように即日融資は少ないですが、1週間かからないことは多いです。

銀行では、1週間で審査結果が出るのが早いと判断されています。審査結果からの融資のスピードも遅いこともあり、審査で判断をするのなら、ノンバンクが最適です。事業資金調達、つなぎ融資、登録免許税などの納税のために借りるのなら、ノンバンクが良いです。

審査書類

銀行もノンバンクも本人確認書類、収入証明書類、担保関係書類などがあります。審査は保証会社が行う点で同じですが、ノンバンクでは独自審査もあります。

ノンバンクでは、不動産担保の種類が多いことで知られています。不動産なら何でも良いではなく、ある程度限定があるのが銀行です。審査基準もそうですが、ノンバンクでは不動産担保ローンでは臨機応変の対応が期待できます。

まとめとして

ノンバンクで銀行に劣っているとされるのは金利が高いことでしょう。それが一番大切と言えますが、事業資金調達ではスピードと不動産担保の種類が多いことで、お金にできる機会が多いと言えます。

評価額も高いことが多いため、融資金額が高くなることも少なくないです。金利比較ではどうしてもマイナスになってしまうノンバンクですが、資金調達のタイミングを考えると、ノンバンクの審査が期待したい場合が多いです。

銀行で運転資金を根抵当権設定登記をして、継続的な借入をしている場合以外では、ノンバンクの申込も検討してみてください。審査に不安な方では特にオススメです。ただし、金利に関しては、シミュレーションを出す。つなぎ融資におさめておきたいときには、返済期間などにも気をつけることが必要でしょう。

投資目的の不動産担保ローンについては、とても危険な対応です。売却活動を行おうとしている物件以外では、完済見込みがある健全な不動産担保ローンの検討をオススメします。

ノンバンク不動産担保ローンのここが知りたい よくある質問

不動産担保ローンでは、こんな場合の契約はどうする?と疑問点も少なくないです。

本人以外の不動産でも契約は対応?

不動産担保ローンでは、本人以外が所有する物件でも契約ができます。父が持つ不動産などで、連帯保証人になることができれば対応できます。

この場合、配偶者か二等親までになることが多いです。最大三等身までの所有不動産担保が認められることがあります。

全国対応って本当なの?

不動産担保ローンのサイトで、ノンバンクなどでは全国対応をうたっているところもあります。よく見ると支店が多いことで納得ですが、インターネットで解決とか対象エリアの指定がないことで、カードローンのようにWEB完結ができる予感もあります。

いろいろと方法はありますが金融会社では、全国の不動産担保ローン業者と連携している場合もあります。しかし、実際には、出張費が別途かかったり、手数料がアップしてしまうことがあります。ホームページで見つけていきなり申込ではなく、事前に内容確認が必要になります。

評価額の設定のため鑑定士が必要で、その手数料がかかることもあります。実際に借りたい不動産担保ローンが少ないときには、高上がりな契約になることが多いです。

古い物件はノンバンクの不動産担保ローンが良い

一般に銀行では、古い物件に対しての不動産担保ローンは消極的です。売却活動に入ったときに高く売れないことが大きな原因です。融資額がまとまった内容で、当時は高い物件だとしても現在の時価ではとてもその評価額にならない。条件が不動産の古さで審査落ちになることが多いです。

銀行融資では、このような点でも審査が厳しいです。ノンバンクでは、古さだけで審査落ちはあまりないです。評価額が高い点では、物件の内容を確認するため評価も高く設定が可能です。

居住する自宅の不動産担保ローン

変動リスクがあることに要注意です。

銀行では、住宅ローンが完了していたとしても、完済した金額が評価額にならないことは多いです。あくまでも時価であり、古い場合は審査に通らないこともあります。

ノンバンクでは、一応の評価額はありますが、現在居住している場合は借入額は低くなります。これは、返済ができないとき、家を競売にかけます。その時に居住の事実があれば、簡単にできないと考えられます。そこで、評価額が高いとしても借入できるのは一部であり、完済目的での不動産担保ローンになります。

銀行では総量規制対象外での契約ができますが、ノンバンクでは総量規制範囲内しか借りられない事態もあります。そして、住宅ローンが残っている場合は、銀行では抵当権者1位にならないことで、審査に通らないです。

ノンバンクでは、住宅ローンの完済部分についての評価額で、抵当権者2位、3位でも借入ができます。その場合、ますます借入金額は下がっていくことになります。個人向けの不動産担保ローンでは、住宅ローンが残っている場合は抵当権者順位や総量規制なども関係していて思ったより借りられない事態も想定してください。

こんなにかかる?借入手数料 ノンバンクでも同様

資金使途が自由で、家や不動産で借入。父などの家族の不動産担保でもOK、おまけに低金利で融資金額が高い。銀行系なら、総量規制対象外。

最近では事業資金だけではなく、個人向けのおまとめローンの1つとしても、事業性ではない不動産担保ローンも流行っています。

意外にかかる手数料

カードローンやビジネスローンなどでは、資金調達では手数料はナシです。審査には時間がかかるだけで、提出書類を出すだけですが、不動産担保ローンはそうは行かないです。

担保に関する書類では、手数料が発生します。これは、登記費用や印紙代など法的に必要なものです。ノンバンクの不動産担保ローンでも手続き上の事務手数料がかかります。

不動産担保ローン本来の手数料と事務手数料は別物であり、その費用は不動産担保ローン専門業者の選定では確認しなくてはならないことです。

不動産登記費用

抵当権者順位の設定、根抵当権設定者などで司法書士に直接かかる費用です。10万円程度がかかるとされています。

この費用を不動産担保ローンに組み入れることができる場合もありますが、実費でもらう場合もあります。きちんと確認が必要な点です。

印紙代

課税文書に対して印紙税がかかります。100万円~500万円以下で2,000円。5000万円~1億円では60,000円程です。高額融資になるほど高くなっていくのですが、評価額に関係なく借入融資金額が上下します。これはなくてはならない費用です。

評価額はいくら?

見た目ではわからないものですから、不動産鑑定士に依頼をすることがあります。この費用が10万円~となっていますが、場合によっては数十万円になる場合もあります。

また、しばらく放置していて不動産で、境界線が不明な場合は、新たな測量が必要になり、費用が倍増することもあります。

保証委託事務手数料

不動産担保ローンの契約では信用保証会社との契約があります。

保証料は、借入のときに必要なもので平均2%前後ですが、ゼロの場合があります。繰り上げ返済などで手数料と取られるのがこれです。全くないところもありますが、一応確認が必要でしょう。

繰り上げ返済では、契約の解約違約金として別途手数料がかかる金融会社もあります。完済までの収益が減額されることでの違約金であり、繰り上げ返済が仇になってしまうことがあります。

手数料の存在は大きい

以上が一般的な手数料関連です。根抵当権設定になれば、いちいち手数料は関係なく、資金提供を受ける形になりますが、それでも手数料はかかってきます。

事業性資金の場合は、一度きりの契約ではなく、今後も付き合える業者の選定がベストでしょう。高額融資になるほど、手数料も多いです。登記代などは絶対にかかってしまうのですが、数十万円の覚悟は必要です。

100万円以下の不動産担保ローンの場合でも同様なので、実際には高金利の借入になることもありますので、注意が必要です。

ノンバンク不動産担保ローン選択の注意事項

不動産担保ローンの申込は銀行を選択する場合には、どこも安心でしょう。地銀や信用金庫では馴染みがありますし、国内では違法銀行の存在はないです。ネット銀行では、インターネットでの審査もあり、商品も豊富です。

問題なのがノンバンクの場合です。今まで不動産担保ローンに縁していない場合は、どこが安全で安心な業者なのかを判別することは難しいです。

安全なノンバンク

登録貸金業者の確認は登録番号でできます。「◯◯知事(8)第12345号」などがホームページにあることを確認してください。金融庁のデータベースでも同じ番号で登録されていればOKです。同時に行なってほしいのが、日本貸金業協会の公式サイトで、行政処分の履歴がないか?です。

改善されて現在は良い会社である。そんな仮面をかぶっていたとしても、過去の業歴は確認しておきましょう。ホームページでは、融資額がとても高い、書類が少ない、金利比較でも低すぎるなどの好条件のノンバンクの不動産担保ローンほど怪しいと言います。

抵当権設定登記後の事件発覚では、競売後で取り返しのつかない場合もあります。物件が売却活動されていたなどの事件もあります。

甘い審査にご用心

ノンバンクの不動産担保ローンでは高い金利になることが多いです。しかし、100万円以上の契約では絶対に15%を越えることはないです。ですから、ノンバンクの不動産担保ローンでは15%以上のものは少ないです。

審査のある不動産担保ローンでは、運転資金がほしい、事業資金がなく資金ショートの危険性がある、個人事業主などで切羽詰まった状態での申込の場合もあります。その時に足元をみられて、信用情報的には最悪だけど、不動産担保ローン契約OKです。

少し金利は高いけれどと不法な設定での不動産担保ローンもあります。カードローンでもブラックOKとされる中小消費者金融がありますが、金利が高すぎるのは厳禁で危険な金融業者とされています。

足元を見られる審査では、甘い言葉には注意です。甘い広告、どんなブラックでも借りれるといった内容の不動産担保ローンは危険過ぎます。

ノンバンク不動産担保ローンの紹介記事を確認

国内での安全安心な不動産担保ローンについては、だいたいインターネットで検索されています。

ここでヒットしないところでは、地元では有名な業者であり、たいていは多くの口コミがあります。情報サイトも豊富であり、会社の素性を確認することは、自己責任でしょう。

ブラックでも赤字でも抵当権順位が2位以下でも借りれるノンバンク不動産担保ローンは多いです。しかし、条件としては必ず審査があり、借りられない場合モあるということです。100万円以上の物件で15%以上の不動産担保ローンがあるとしたら、そこは闇金ノンバンクでしょう。

-ノンバンク
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.