事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン 審査

審査が甘い不動産担保ローンの見極め方

投稿日:

審査が甘い不動産担保ローンの見極め方

不動産担保ローンは審査が甘いといわれていますが、審査が甘い不動産担保ローンはどのように見極めていくと良いのでしょうか。

審査の甘い不動産担保ローンの見極め方を、ご紹介していきます。

中小消費者金融の不動産担保ローンは審査が甘め

一番注目すべきポイントは、中小のノンバンク系の不動産担保ローンに目を向けることです。

不動産担保ローンを検討する際は、銀行の不動産担保ローンを選ぶ人も多いと思います。銀行融資って、信頼性が高いので安心して利用できますよね。しかし、銀行は金融機関の中で1番審査に厳しい傾向があります。

審査が甘い不動産担保ローンをご利用したい場合は、ノンバンク系の不動産担保ローンをオススメします。ノンバンク系には大手と中小がありますが、当然中小のノンバンク系の方が審査は甘めとなります。

ノンバンク系の中でも大手なのが、TVCMでもよく見かけるアコムやプロミス、アイフルなどの大手消費者金融です。ノンバンク系の中でもTVCMで見かける消費者金融は広告費用を掛けているので、その分人気があり顧客が多いので足切りが高い傾向があります。

大手消費者金融から漏れてきた顧客がたどり着くのが、中小消費者金融です。そのため、一番甘い審査となるのは中小ノンバンク系となります。

金利の高い不動産担保ローンは審査が甘め

金利の高さは、貸し倒れ率を低くするための高さです。そのため、金利が高ければ高いほど審査が甘いということとなります。金利の高い不動産担保ローンは、審査が甘めといえます。

不動産担保ローン専門の会社は審査が甘め

金融機関の中には、不動産担保ローン専門の金融機関があります。不動産担保ローンだけを提供している金融機関ですので、審査の精度が高いのが最大のポイントとなります。不動産担保ローンばかりを毎日扱っているので、貸し倒れ率ギリギリを見極めることができます。そのため、審査が甘い傾向が発生します。

不動産担保ローンだけしか扱っていないので、融資物件を増やさないと企業として利益を上げることができません。そのため、審査基準のハードルを下げてでも顧客を取りたがる傾向があります。また、不動産担保ローン専門会社は掛目が高めであり、中には110%の掛目の企業もあるといわれています。

事務手数料が高い不動産担保ローンは審査は甘め

不動産担保ローンは手数料が取られますが、金融機関により手数料のパーセンテージはマチマチです。事務手数料が高い不動産担保ローンは、手数料を高く取る代わり審査のハードルが低めの傾向があります。

審査が甘い不動産担保ローンを探す際は悪徳業者に注意

審査の甘い不動産担保ローンを探していると、悪徳業者に引っかかってしまうことがあります。審査の甘さを前面に出し、顧客をゲットしようとする考えです。

不動産担保ローンを取り扱っている悪徳業者は少ないのですが、ゼロではありません。そのため、万が一引っかからないように、注意して探すことはとても重要となります。

不動産担保ローンの業者も貸金業ですので、貸金業の許可を持っているかどうかで見極めることができます。正規業者は、公式サイトに貸金業の許可番号を必ず記載しています。インターネットの公式サイトに貸金業の許可番号の情報を掲載していない業者は、悪徳業者の証拠となります。

また、ネット上での口コミの評判も必ず確認しましょう。この業者と思ったら、口コミ評判を確認して悪徳な情報が無いのかをチェックしましょう。クチコミは実際利用した人の生の真実の声ですので、大変参考になります。

いかがでしたでしょうか。
借入れの条件が悪い金融機関は、審査が通りやすい傾向があります。不動産担保ローンも、同じ意味となります。審査に絶対に通りたいと思う人は、このような審査の甘さのポイントを踏まえて、不動産担保ローンを比較して申し込むようにしましょう。

-不動産担保ローン, 審査
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.