事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

マンション担保 不動産担保ローン

ローン中のマンション担保でお金借りる

投稿日:

ローン中のマンションでも担保にできる可能性はある


ローン中のマンションの担保は不可能なことではありません。不動産担保ローンとして、対応する金融機関もあります。

不動産担保ローンとは、マンションなどの不動産を担保にして借入をするローンです。無担保のフリーローンと比較をして金利は低めで、返済期間が長いのも特徴の一つです。

こうした不動産担保ローンの仕組みから、たとえローン中のマンションであったとしても第1抵当権の余力があれば、第2抵当権としての借入が可能になります。ですから、マンション購入すぐの借入は難しいですが、ある程度の返済があれば余力分の借入の相談ができます。

不動産担保ローンは、銀行、消費者金融、不動産担保ローン専門業者などで取り扱っていますが、たいてい銀行では第1抵当権でなければ、借入ができないところがほとんどです。ですから、消費者金融や不動産担保ローン専門業者で第2抵当権での借入になることが多いですが、銀行よりも高い金利であることが多いです。その点の承知があれば、物件によっては、ローン中のマンション担保のローンができます。

抵当権の条件が細かく指定されることも多いため実際に行ってみないとわからない点も多く、まずは問い合わせと実際のマンションの状況を知ることが必要です。なお、担保のあるローンについては、必ず書類の書き換え名での手数料がかかります。これは、別途支払いになるか、実際のローン金額から引かれることもあります。

根抵当権のマンションの場合の対処


抵当権には根抵当権が存在しています。これは、普通の抵当権とは違います。

例えば、マンション購入の際に根抵当権の住宅ローンを利用した場合、金融機関ではその上限額に対して手続きなしでの借入ができる仕組みになっています。つまり、他の金融機関での抵当権を受け入れない形を取ってしまいます。ですから、マンション担保にしてローン返済をしている金融機関が、抵当権を付けることができないようにしています。

事業者が取引している銀行などで継続的な借入をする場合、便宜上根抵当権にすることがありますが、住宅ローンもそのような形をとることがあります。この場合、金融機関の入る隙間がないことから、ローン返済をしている金融機関意外のローンや抵当権ができないことになってしまいます。その根抵当権を外すにはローン完済しかないことになります。

そこで、根抵当権のマンションの場合は、その金融機関に不動産担保ローンの相談に行くことをお勧めします。対外上、そのような仕組みがないとしても、それまでのローン返済が順調だったり新たな不動産担保ローンの返済見込みがあると判断された場合には、融資を受けられることがあります。

もし、今回の融資がマンションのローン返済のためである場合は、マンションのローンそのものの見直しをすることもありますから、他の金融機関ではなく返済している金融機関での相談が必要になります。もともと、根抵当権となっている場合は利用限度額の借入を受け入れることが多いですが、それまでの返済状況によるようです。

第2抵当権はOKだとしても、さらなる条件もある


不動産担保ローンでは第2抵当権であったとしても、借入ができる消費者金融なども多数あります。ですから、ローン中のマンションであったとしても、融資受付はしています。

ただし、金額が問題になります。抵当権が付いているという事は、そのマンションの評価額が決まっていて、借入額がそこから計算されます。もし、まだそれほどローン返済をしていないマンションだとか、借入したい金額がもう抵当権が入らない限度いっぱいの場合は、たとえ第2抵当権が可能だとしてもお金の借入はできないことになります。

この評価額については、各金融機関での規定に則って判断をされます。A社では1000万円、B社では800万円という差がありますが、借入したい金額に見合うかどうか、それは金融機関の判断を待つしかないことになります。あまり多くない借入ができたとしても、抵当権などの手続きで手数料などの支出が多い場合、借入そのものの意味も無くなることになります。

今回のマンションの担保の借入の目的にもよりますが、もしローン返済ができないときには、ローン返済をしている金融機関に直接相談されることをお勧めします。その上で、担保ローンの相談ではなく、返済についての話になります。

そうではなく現金がほしい場合には、無担保フリーローンなどの利用しかできないことになります。また、今現金が無くてローン返済も生活もおぼつかないのであれば、債務整理をしなくてはならないことになり、マンション担保どころの話ではなくなってしまいます。

マンションを担保にしてお金を借りたい その目的は?


不動産担保ローンはフリーローンですから、目的は問われません。ですから、事業資金になどにも多額の融資ができることが多いです。ただし、ローン中のマンションの場合、新たなローンが第2抵当権になることから、それにも問われない不動産担保ローンなら借入ができます。

この不動産担保ローンのメリットは、金利が低く返済期間に余裕があることです。第2抵当権でもOKの融資の場合でも、返済をきちんと行うことができれば何の問題もありません。イメージとしては、多重債務のような形です。

マンションのローン、新たなマンション担保ローンも支払えないことになれば競売物件になってしまい、第1抵当権が回収の権利を持つことになります。第2抵当権でも良いと言うのは、そのよう名事も承知した上での融資になります。最初からそのようなことが予想されるのであれば、新たなマンション担保ローンは考えたほうが良いでしょう。

ローン返済のためのローンは、多重債務の中でも最悪のパターンです。破産を先送りしている状態なので、まずはマンションローンの金融機関での相談が必要です。そこでの返済の軽減を行うことで、このあとのマンション担保ローンが必要のない状態にするのが得策です。

担保のあるローンは金利も安いですが、手数料が結構かかります。その出費を考えとしても、何のための借入をしたいのか、マンションローンの返済であれば本末転倒であり、担保ローンそのものを見直す必要があります。

総量規制も関係することがある


マンションを担保にしてお金を借りたいけれど、まだローン中。そのような場合でも融資OKの金融機関は多いです。根抵当権ではないマンションであり、第2抵当権でも融資ができるところを探してください。

このような不動産担保ローンは総量規制対象内の融資になります。住んでいるマンションを担保として借入をしたい場合、総量規制が関係します。金融機関でこの条件で融資ができると判断したとしても、既に消費者金融などからの借入があり、毎月返済している方の場合はマンション担保のローンの利用はできないことになります。

ただし、住んでいない物件などについては、大丈夫です。居宅以外で、ローン中のマンションからの借入については対応しています。また、抵当権の余力も金融機関の評価額で査定されることになります。1000万円の評価額に対して、第1抵当権で800万円使っていたとすると、200万円の融資しかないことになります。その点についても確認が必要です。

総量規制範囲内ということで言えば、返済計画がきちんとしていなければ、返済そのものも苦しくなっています。融資に関しては、必ず返済のことを考慮して、申込みをしなければならないことになります。マンションを失うことがないように考慮してください。

-マンション担保, 不動産担保ローン
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.