事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

マンション担保 不動産担保ローン

マンション担保 ローン

投稿日:

マンション担保ローンの現実


マンション担保ローンは、不動産担保ローンとして利用することができるとされています。三井住友トラスト・ローン&ファイナンスなど、不動産活用ローンとして商品になっています。

ところが、このマンション担保ですが、思ったよりも融資額が少ないと感じられる方も多いです。抵当権もないマンション1室で借りられる額がこれだけ?という場合も少なくないのですが、これには理由があります。

担保と言うのは、金融機関にとってはもしもの保険になります。その担保にしたいマンションの所有権があるのなら、条件はとても良いです。要するに、マンションのオーナーです。しかし、一室だけをもっているという場合、そのマンションが何千万円しようと占有の場所が限定されると、査定は厳しいのです。

不動産と言うのは、建物だけではなく土地が付いてナンポの世界です。土地がマンションがあるオーナーとマンション一室だけの場合ですと、その差は大きいと考えてください。一軒家と条件は変わってきて、マンション担保ローンの借入の限度額が小さくなってしまう、それは仕方のない話です。近所の一軒家と比較をするとわかりますが、売却価格も大差があります。結局その差が、借り入れ価格にも比例すると事になります。

不動産担保ローンの場合、土地の有無が大きな問題とする金融機関も少なくなく、最初からマンションはお断りか、対応しても限度額の引き下げは容赦なく行われることも多いということです。

今はマンション担保ローンは必要か?


不動産としての価値が高いとされるマンションですが、売買のときには大きく左右されることですが、マンション担保ローンとなると金融機関では厳しい査定を言い寄ってきます。予め自分で査定額を知っておくのも必要なことですが、実際のローンの融資額は自分で調べる査定額の半分程度です。

この時に、収入や他の借り入れなども調べられるのはもちろんですが、収入が低ければ融資額は大きく下落してしまうのです。この時に無職である場合は、マンション担保ローンはできないことが多いです。

金融機関としては担保物件があったとしても、それは万が一のものであり、端から売却云々は考えていません。それよりか、返済能力の有無の方が大切なことであり、時には変動金利などのローンになることもあります。

この固定金利ではないという点においては、変動金利の方が低いことが多いともいえます。しかし、安定しない返済では不安なこともありますが、契約時の説明で納得することが必要です。

マンション担保ローンの場合、なかなか厳しい現実が見えてきて、事業資金歳の借り入れをしたいときなどは慎重にことを進めなくてはならないのですが、それでも無担保ローンの消費者金融などよりは金利は低いのが特徴です。

果たして、マンション担保ローンの融資額が不本意な金額であった場合、実際の契約時には抵当権書き換え手数料な度の諸経費がかかります。そこまでしてお金を作らなくてはならない必要性を今一度確認することも大切です。低金利は嬉しいことですが、最終的な返済総額などを確認した上で、契約に踏み切ることです。

マンション担保ローンと連帯保証人


現在、ローンなどでは保証人はあまり必要がないとされていますが、マンション担保ローンの場合、連帯保証人が必要な場合もあります。会社であったり、事業性資金の場合においても厳しいことですが、保証人がいなければお金を借りることができないことになります。

銀行などでは、保証会社が契約者を保証人とする場合も増えています。この場合、毎月の保証料の支払いをすることで、保証人の変わりということになります。マンション担保ローンで、誰にも迷惑をかけたくない場合には、この保証会社を使う方法が良いのですが、それにも一応審査があります。

この保証会社は住宅ローンでもあるのですが、もし返済ができない場合には弁済をしてくれる存在になりますが、その後債権回収会社などからの一括返済があります。マンション担保ローンの場合は担保がありますから、即時競売の手続きに入りそうですが、一応はその前の段階での請求は存在します。住宅ローンと同じと考えて良いです。

運転資金などの事業性資金などに関しては、過去3年間の営業実績などの書類提出などをして、あまり芳しくない場合でもマンション担保ローンに対応することもあり、保証会社からの審査を受けてもらいます。

そして、実際の融資額は?というと、とても低く設定することが多いとされていますが、その点はやはり金融機関においてもリスク回避ということも大きな理由になります。ここで、連帯保証人がいると条件が変わります。それも返済能力が高い方がバックにいると、融資額にも大きく影響するとされています。

マンション担保ローンの場合、評価額は決まっていますが、連帯保証人がいるだけで、その額の限度内いっぱいに設定することが多いようです。ですから、連帯保証人が探せそうな場合、そのような商品を扱うマンション担保ローンの方が融資額は大きいと思って良いでしょう。

事務手数料の存在は案外と大きい


マンション担保ローンでは、事務手数料の存在を忘れとはならないです。無担保ローンの場合はゼロに等しい手数料ですが、不動産に関連する手続きをしなければ、マンション担保ローンは成立しません。そして、実際の融資額は、その事務手数料を差し引いた分になります。金融機関によって、この事務手数料は大きな差があり、少なくても何十万はかかると思ってください。

平均的マンション担保ローンの手数料は、2%程度だと言われています。もともと無担保ローンと比較して金利は安い商品ですが、最初からこの2%分はない融資額になることを確認してください。事務手数料の中で、抵当権などの法律に関するものも司法書士等によって経費はまちまちですが、不動産鑑定費などは、業者によって料金が違います。

ですから、実際にマンション担保ローンを考えているときには、数社の業者や銀行などで、事務手数料を算出してもらうと良いでしょう。つい低金利ばかりに目が行きがちですが、融資額によっては、この事務手数料だけでこんなに取られてしまう?と驚くほどの請求を受けることも珍しくないと言われています。

マンション担保、不動産担保ローン会社では、一応申込をした時点で、見積書を出してくれるところが多いです。必ず、申込の前には確認をした上で、金利だけではなく、事務手数料を確認してください。それも最初だけではなく、完済時、繰上返済などを想定したときの事務手数料も出してもらうことをお勧めします。完済時にもしっかりとかかる事務手数料ですから、忘れがちですがチェックしておいたほうが良い項目です。

即日融資はまずないマンション担保ローン


マンション担保ローンで即日は難しいです。早いとされるノンバンク系でも1週間程度、銀行の場合は1ヶ月はかかります。融資額の決定は、鑑定士による鑑定が基本になりますが、ノンバンク系のところでは粗鑑定士ではない場合もあります。大体の目安として融資額の決定を行う場合もあります。

物件は外からではなく、内容確認も必要です。抵当権の有無で、第二抵当権となるのなら断られることもありますが、それでもOKなら、実際の融資額にも左右されることになります。事業性資金の場合は、会社の運転資金に使われるのならその鑑定も必要になりますし、思った以上に金融機関が調べなくてはならないことは多いのです。

ですから、銀行で1ヶ月というのもある程度は納得のいく内容ですが、ノンバンク系の1週間と言うのは超スピード審査と言えるでしょう。しかし、ノンバンク系の金利は、固定金利でも変動金利でも、銀行よりも高いです。中には20年以上の返済期間を設けることもあり、返済総額で大差がつきます。

できれば、低金利の銀行で1ヶ月の審査を経て借り入れができる方が良いのですが、審査内容も厳しいのも確かです。1ヶ月待ちぼうけで、でた結果が審査落ちというのなら、それもこまったことですし、事業資金としては、そんなにのんびりしていられないというのも現状です。

-マンション担保, 不動産担保ローン
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.