事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

不動産担保ローン 共有名義の場合はどうなの?

投稿日:

不動産担保ローン 共有名義の場合はどうなの?

不動産を所有する場合に共有名義になるケースは多いです。配偶者と共有名義になったり、親や兄弟と共有名義になるケースは多いです。

共有名義の不動産に対して不動産担保ローンを設定する事は可能です。しかし、金融機関によっては共有名義の不動産担保ローンに対応していない場合もあります。共有名義には様々なパターンがありますので、現在の共有名義がどういった設定になっているかを事前に調べておくことは大切です。

共有名義の他の方に知られないように不動産担保ローンを利用する事も可能です。不動産担保ローンを利用する事を他の共有名義の方に伝える義務はありません。共有名義の場合でも抵当権は同じように設定されますが、不動産担保ローンを検討している方の範囲内での査定になります。部分的な不動産に対しての査定になるので、審査結果は低くなります。

また、仮に返済が不能になり、部分的に抵当権を使って不動産を手にした場合、共有名義の全員の同意がなければ売却できなかったりします。身内だけだった共有名義の中に、第三者の金融会社が参加する形になります。部分的な抵当権を手に入れても自由度が低いので、その分の価値も低くなります。

起こってはいけないことですが、返済が不能になり不動産を失ってしまうと共有名義者に迷惑をかけることになります。不動産担保ローンを利用する時は、事前に共有名義者に相談をした方がその後のトラブルも小さくなります。

-不動産担保ローン
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.