事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

家を担保にお金を借りる 高齢者

更新日:

高齢者の不動産担保ローン事情

カードローンでもキャッシングでも、お金を借りるとなると審査があります。条件としては20歳以上で収入がある方ですが、上限年齢は65歳程度になっています。当然のことですが、収入が不安があれば審査は通らないからです。不動産がある場合はどうでしょう?

不動産担保ローンの可能性

不動産担保ローンの場合は、高齢者でも借りれる可能性があります。キャッシングにおいても最大70歳程度までは利用ができます。いずれも、それなりの年金受給者などで収入が安定していることが必要です。

不動産担保ローンでは不動産会社も入り、1人暮らしの高齢者で子供がいない場合などは、最終的に売却依頼をしている場合もあります。

ローンは若い方が審査に通りやすい

審査のポイントは返済能力の確認です。不動産担保ローンでは、母名義の不動産担保を子供が契約しても良いです。その時に、母が連帯保証人になります。

すでに無職の場合などは、返済できいときには土地競売の形になることでしょう。年金だけではとても返済ができない不動産担保ローン。売却ではなく別の道の場合は、こうした方法もあります。

今や終活の1つ

そして、子供がいない高齢者にとっての不動産の終活としては、リバースモーゲージがあります。銀行のリバースモーゲージでは、全て不動産担保として銀行に預けます。ほしい金額を評価額から使用することができますが、その時に利息返済だけでOKです。

この金融商品は、不動産担保は金融機関に預けた形にしてしまい、その中から使えるお金を引き出す形です。不動産担保ローンの一種ですが、不動産は死後完全に金融機関のものになります。

子供がいない、子供には不動産はあげたくないなどの事情でも対応していますが、不動産担保ローンをしながら返済が金利だけという手軽さがメリットです。不足している生活費の足しに、贅沢に旅行。借金のまとめローンなどに自由にお金を引き出す感覚です。

誰でもできない

リバースモーゲージは、高齢者専用の不動産担保ローンです。高齢者でなければならないですし、自分名義の不動産担保が条件です。

そして、リバースモーゲージの土地建物は契約者死後は金融機関のものになります。相続人がいたとしても、渡す事が原則できないことです。高齢者だけがお金を堂々と借りられるという便利な内容ですが、相続人が存在している場合は事前確認が必要でしょう。

また、このリバースモーゲージは、国内でも一部の地域でしか実行していない金融商品です。都市部限定であり、地方ではリバースモーゲージはない地域が多いです。

高齢者の不動産担保ローンはリバースモーゲージが良い?

ノンバンクの不動産担保ローン専門業者では、70歳以上の高齢者でも不動産担保ローンの申込ができるところはあります。銀行の不動産担保ローンは、ほとんど年齢制限があります。

高齢者が不動産担保ローンの審査に厳しい理由

それは、返済能力に欠けるからです。ところが、不動産担保が将来手放すつもりでの契約だったり、最初から売却目的の不動産担保ローンであるのなら、返って高齢者の方が良いケースがあります。それがリバースモーゲージの発想です。

リバースモーゲージとは?

資金提供の一つであり、不動産を担保に評価額を設定します。

例えば、1000万円の評価額の不動産担保では600万円程度の借入ができます。その600万円は自由に引き出しても良いのですが、返済は利用した資金の利息だけでOKです。すでに不動産担保は金融業者のものであり、ゆくゆくは不動産担保は取り戻すことができない内容です。

不動産会社で売却した場合は、不動産に住むこともできません。リバースモーゲージなら自宅に住みながら、不動産担保ローンとしての資金部分を小出しにしたり、一時金で利息だけで現金を受け取れる方法です。すでに、不動産は自分の手元から離れた状態で、資金提供だけをうける金融商品です。

高齢者しか利用できない

評価額が決まっていて、借りれる金額も決まっています。ということは、ある程度高齢にならなければ、資金提供が続かないのが本音です。そこで、最低でも50歳以上が申込対象になり、しかも借りれる資金が限定されています。

評価額が下がれば、借りれる金額も少なくなります。安定した資金提供ができない事もありますが、他の金融業者で借入ができない高齢者でも、不動産担保の形でお金を受け取れるのが、リバースモーゲージのメリットです。老後資金として、厚生年金などを受け取っていない方などには、とても便利な方法です。

デメリットとして

生活資金としてだけではなく、贅沢な資金年してもリバースモーゲージは高齢者だからこそ借入ができます。ただし、不動産はすでに人のものであり、契約者の死後は相続ができない事になっています。

ということで、相続人がいる場合はそんなことは知らなかった、相続できるものだと思っていた親族などとトラブルになることがあります。金融業者としては、契約の際に相続人などの了解を得ることがないため、相続人のトラブルになってしまう事も懸念されています。

相続人がいない方にとっては、自分の死後の後始末もできる便利なリバースモーゲージで豊かな老後資金を手にすることができます。相続人が存在している状況では、一応検討されることが必要です。また、地域的にリバースモーゲージができないところもあります。

リバースモーゲージの末路とは?

年金が少ない高齢者にとっては、自宅を抵当に入れた資金提供を受ける事ができます。

不動産担保ローンというと、年齢制限もある金融商品です。収入がなければ、返済能力が欠ける場合の審査は通らないでしょう。厚生年金の額で返済をしなければならないのであれば、元も子もない話です。

カードローンも借りれない

大手消費者金融カードローンも銀行カードローンも申込年齢は60歳代でしょう。中小消費者金融などでは、シルバーローンとして70歳台くらいまでのキャッシングもできます。

こちらのローンは、金利とともに元金を返済していく形になります。年金でも審査対象になります。普通の不動産担保ローンも同じですが、不動産担保融資の形では、リバースモーゲージの融資もあります。

最近注目のリバースモーゲージ

不動産担保は、金融業者や金融機関が元金の返済を認めないのがリバースモーゲージです。返済は、契約者死後に不動産担保の売却によって一括返済をするからです。すでに金融機関などに抵当権があり、契約者のものではありません。

評価額からの借入限度内を自由に使用して、返済は金利だけでOKです。高齢者でなければ、貸付金額が多くなってしまう事から、ある程度年齢がいっていることが条件になります。

このリバースモーゲージでは、返済は金利だけという内容で、あとは貸付金額の小出しがで来ます。生活資金、借金のまとめローン、老後資金として利用ができます。1年に一回、評価額の査定を行って、借入できる金額の確認があります。

高齢化の波

悲惨なのは、リバースモーゲージにも限界がある事です。思った以上に長生きしたときには、途中で貸付金額がなくなってしまうことがあります。そんなときには、資金提供ができない危機もあります。

もし、評価額からの貸付を使い切った場合は、返済のため不動産担保は売却され、自宅もお金も失うことになります。

名義人の末路

そのまま土地も財産も使い果たした状態になり、収入が少なければ、生活保護申請などになってしまう事もあります。しかし、相続人がいない状況であれば、不動産も片付きます。自身で持っていたとしても、そのまま国庫に入ってしまう不動産であれば、生きているうちに財産を食いつぶすというのも一つの方法です。

高齢者でなければ契約ができない、リバースモーゲージの不動産担保ローンです。金融機関などの計算としては、それなりに余剰が残り、売却益を見込んでのことです。しかし、実際には、かなりの長生きでもう貸せないという状態になるケースもあります。

高齢者の不動産担保ローン事情

甘い審査の不動産担保ローン業者では、高齢者の不動産担保ローンの申込に対して柔軟な対応になっています。

年金受給者でも借りれる

ノンバンクの金融業者のメリットとしては、評価額が高く設定されたり、借入金額が高いことがあります。年金だけでは老後資金は不安だからと、不動産担保にしてお金を借りたい時、年齢制限に引っかかる場合は多いです。

ただし、ノンバンクの金融業者では、甘い審査であり、返済能力がかけていたとしても、ゆくゆくは競売をする覚悟での契約も可能です。要するに、普通の返済をしてもらうけれど、返済ができなければ、いつでも売却、競売をするという考えです。

かなり乱暴な内容ですが、住宅に住んでいながらの不動産担保ローンでは、返済ができなければこの対応は当然です。居住権の問題もあり、極端な審査はできませんが、ある程度の許容範囲で、高齢者にも審査対象として拡大しています。同時に不動産会社を絡ますことで、リースアンドバック方式で不動産担保を手放すけれど、家賃の支払う形での居住は継続もできます。

高齢者がほしい金額による

返済ができない契約はしないでしょう。年金額との相談です。あまりにも低い年金では、返済ができないのであれば、やはり審査落ちです。これは、普通の借入と同じ条件になります。

不動産担保ローンの申込上限年齢は高くても、年金収入額によって変わる事もあります。ただし、70歳以上でも契約が可能になります。

リバースモーゲージは違う

リバースモーゲージも不動産担保ローンですが、基本的に元金は返済しない方法です。少ない年金でも使った利息だけの返済でOKです。

しかし、当然ながら、不動産はもう金融業者のものであり、契約者死後は不動産担保は金融業者のものです。この方法では、日頃から元金返済の必要がないことで、負担ない借金ができます。死後の不動産のことは金融業者のものであり、子供などの相続があったとしても、それまでの借りた金額の一括返済がなければ、相談されないことになります。

不動産担保ローンという金融商品

高齢者ではなかなか厳しいローン契約ですが、不動産担保があれば借りれる機会は多いです。少ない年金からの返済が大変であれば、リバースモーゲージの選択ができます。

余裕の年金であれば、ノンバンクの不動産担保ローンでは、審査通過もできることでしょう。高齢者でも売却できる家や土地があれば、まだまだお金を借りれるチャンスが存在しています。不動産会社などでも相談に乗ってくれることですが、とりあえず銀行などにも相談してみてください。

リバースモーゲージのメリットと相続問題

高齢者とお金の話ですが、これは昨今の高齢化問題として、多く話題になっています。

金融商品として、不動産担保ローンやリバースモーゲージなどがあります。高齢者でも家や土地を担保にしてお金を借りる方法です。

年齢制限がないローン

不動産担保ローンでは一部の申込では、年齢制限を設けていない場合があります。その理由としては、金融業者がそのまま抵当権を駆使することができる。評価額から借入できる範囲だけの資金提供などをするからです。売却前提の貸金のシステムです。

生活保護をもらいたい

厚生年金がなく国民年金だけの高齢者の暮らしは悲惨です。しかし、家や土地を持っている場合は、生活保護対象にもならないです。そこで、売却をしてしまったら、住む家もなくなります。

不動産担保ローンがない自治体などでは、社会福祉協議会などが、リバースモーゲージの形で融資をすることがあります。自治体での不動産担保を持ち、必要な資金提供が限界まで行う方法です。売却ができる範囲までの資金ですが、生活保護支給を遅らす方策です。

都市部のように、不動産担保が潤沢な資金提供ができたり競売として成立する場合は、ノンバンクでも銀行でも不動産担保ローンが成立します。それができずに少ない年金暮らしで先行が不安。不動産担保ローンもできない場合は、自治体での相談ができます。

土地建物などの不動産があると、生活保護はもらえないのが現状です。では持ってる不動産を売却したいと思っているけれど、買い手がいない時の対応です。生活保護は財産があるうちは支給されることはありません。

知らなかった相続人

不動産担保ローンやリバースモーゲージは、自分名義の高齢者の判断で勝手に契約をすることができます。困ったことに、相続人が存在している場合、何も言わずに契約をしてしまい、死後に相続トラブルになってしまうことです。

母名義の土地建物がリバースモーゲージしていた。それでは、相続人には不動産がいかないことになります。そうしたトラブル防止のために金融業者では、リバースモーゲージの事実を伝える事の重要さも注意しますが、現実には不動産担保ローン、リバースモーゲージ後の相続トラブルが多いと言います。

相続人が、契約者との連携が取れているとすんなりと行く内容ですが、ここは別の問題がありそうです。相続人としては、親がそれなりの不動産がある場合は、様子を伺うこともあっても良いかもしれません。まさか、リバースモーゲージしていないよね?と。

-不動産担保ローン
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.