事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン 審査

借りやすい不動産担保ローンの審査

投稿日:

不動産担保ローンは銀行の厳しい審査から

不動産担保ローンは、不動産を担保にしてお金を借りる方法です。融資額は、担保物件の査定で決まります。主に事業資金調達のため、多額の借入に便利なローンですが、最近では個人も対象にしたローンとして人気があります。

不動産担保ローンの審査基準

これは、当然ながら不動産の担保価値と返済能力です。銀行や金融業者で扱う不動産担保ローンでは、会社名義の土地や建物、申込者の父親などの不動産でも担保にすることができます。所有者が違う不動産担保ローンでは、その所有者が連帯保証人になることが条件になります。

その担保価値がどの程度の査定があるのかは、市場価格だけではなく返済能力との関係します。自分名義以外では、返済保証が高くない連帯保証人ですと、審査が厳しくなることもあります。事業性資金で借入では、会社自体が赤字だとしても申込者の信用情報が良ければ借りられることも多いです。

融資会社としては、担保があることである程度の回収リスクは軽減できるものの、目的としては返済に伴う金利収入です。ですから、審査では主に返済能力の有無に重点を置くことが多いです。

銀行は審査が厳しい

銀行の不動産担保ローンでは、他の金融商品と同じく低金利のものが多いです。金利収入ではなく、返済ができることが大条件であり、なかなか借入ができないことがあります。

ただし、信用金庫などでは、銀行融資の申込で審査落ちの場合、不動産担保ローンの申込を持ちかける場合もあります。取引関係になりたい、ただし銀行融資が困難な中小企業や個人事業主に対しての提案です。できれば、ここでの不動産担保ローンが理想であり、運転資金の調達には良い内容です。

信頼関係ができている金融機関であれば多少の甘い審査も期待ができますが、申込者の信用情報がキレイであることは絶対条件になります。もっとも、中小企業の社長がブラックリストであるのは、不動産担保ローンの対象もならないのですが。

銀行の不動産担保ローンに関しては、小さな金融機関ほど審査が甘くなると言っても良いでしょう。甘い審査で紹介される不動産担保ローンではノンバンクが多いですが、最初の提案としては銀行が低金利であり、長期間の返済を考えるとベストです。とりあえず金融事故がない信用情報であるのなら、借りやすい不動産担保ローンではなく、あえて厳しい審査の銀行の不動産担保ローンにいくことをオススメします。

ちなみに、経営が順調ではない、資金ショート寸前の場合、審査に時間がかかってしまうこともあります。そして、銀行では厳しいので、ビジネスローン、ファクタリングなどの別の資金調達方法も検討してください。

東京スター銀行の不動産担保ローンはどう?

銀行の不動産担保ローンについては、メガバンクなどは厳しい審査です。ネット銀行などでも最近は融資商品として紹介しています。低金利であり、魅力は大きいですが、審査はどうなのでしょうか?

東京スター銀行の不動産担保ローン

個人対象の不動産担保ローンになります。100万円からの借入ができ、上限金利が8%台です。事業性資金に使用ができないのですが、銀行の不動産担保ローンとしては敷居が低いとされています。

店舗にいく必要があるので地域限定になってしまうのですが、銀行の不動産担保ローンとして東京近郊であれば、是非検討してみてください。8%は上限金利ですが、他の不動産担保ローンと同等の低金利のレベルです。多少事務費などもかかりますが、それはどこも同じです。

信用があればこのような方も

名義は自分名義以外でも、人の名義であれば連帯保証人になれば契約ができます。年収は高いほど良いですが、一応200万円以上の条件があります。

審査は最終的には保証会社が行います。自分は、収入があるけれど不動産投資などをやっている。他の借入がないという方でも審査は通ります。

個人の不動産担保ローンの目的では、多重債務のまとめローンとしても審査が通ります。問題としては、信用情報が金融事故がないだけです。そこのクリアができ、収入が安定していることが必要です。専業主婦が主人名義の土地や建物の不動産担保ローンの申込に関しては、完済条件が整わないことで借入ができないでしょう。

個人事業主の場合

運転資金として、事業資金としての借入はできないです。ただし、仕事の性格上、どうしても質問に挙がることは承知してください。東京スター銀行の不動産担保ローンでは、使途は自由ですが事業性資金を除くとあります。

個人事業主だって、プライベートでまとまった資金が必要な場合があります。その目的をはっきりとさせることと、絶対に事業資金として使用しないことが確約できれば、審査通過もあります。

メガバンクよりは高金利

ネット銀行のなかでも比較的借りやすいとされる東京スター銀行の不動産担保ローンですが、金利面ではメガバンクよりは高いです。そして、資金ショートや事業者には使えないローンです。個人でどうしてもまとまった資金がほしい方、東京近郊限定ですが、オススメの銀行不動産担保ローンです。

東京スター銀行では、高齢者のためのリバースモーゲージなど不動産に関連する様々な金融商品があります。そのノウハウで、不動産担保ローンに関しては、審査能力が高いと言います。金融事故がない、東京スター銀行と取り引きがあるなどの関係を作っておくことも、審査通過のコツです。不動産担保ローンで借りやすいネット銀行と言えば、東京スター銀行を挙げます。

不動産担保ローンは専門会社の審査は甘い

不動産担保ローンは銀行ではなく、不動産担保ローンの専門会社が審査が甘いです。餅は餅屋ではないですが、ここは専門会社であるほど借りやすいです。

金融商品が不動産担保ローンだから

専門性の高い不動産担保ローン専門会社では、これしか扱いがない金融商品がずばりそのものです。詳細なデータもありますが、どうしてその資金が必要なのか?までも審査に組み入れる事ができます。

金融機関では、一商品でしかない不動産担保ローンですが、専門会社ではその背景も審査の内容に入ります。多額の資金調達がほしい企業、銀行の審査に通らない中小企業、事業性資金で会社を大きくしたい。資金ショートになりそうでとにかく早くなんとかしたい。そんな相談にも乗ります。

また、経営状況の改善案などの提案もあり、不動産担保ローン専門会社ならではの対応は期待が大きいです。ただし、金利は高めの設定であり、返済計画を立てた上での相談です。甘い審査と高い金利は金融業界では鉄則です。低金利の不動産担保ローンであるのなら厳しい審査です。

しかし、甘い審査の高い金利の不動産担保ローンで、事業がうまく回転したとしたら。そこが、不動産担保ローンの運転資金の醍醐味であり、その期待も持って、経営アドバイスもしてくれます。臨時返済などができる業績になれば、金利の高さも気にならないという内容です。

多少イジワルな対応

ところが、不動産担保ローン専門会社の中には、やはり収益目的で甘い審査と高い金利での商品提供をしている場合があります。これは、当初に決めた返済期間で必ず守る完済条件が付きます。

繰り上げ返済ができれば、返済も少なく金利も低い内容になりますが、あえてそれを避ける。もし、繰り上げ返済をするのなら違約金が発生するケースもあります。

この返済期間保証があるのは嬉しいですが、返し方での内容は確認しましょう。甘い審査であり、臨時返済、繰り上げ返済歓迎であれば、高金利を返上することが可能です。

法人むけの融資会社

個人では絶対に借入ができないですが、個人事業主は確認をしてみてください。

最近では、法人化していない個人事業主でも、法人カードの対象となることがあります。事業性資金がほしい、経営者としては少しでも甘い審査の不動産担保ローンであれば、法人向けの会社は審査も多少甘めです。資金使途は自由ですが、どんな不動産担保であるかもポイントです。

専門会社などでは、たいていの不動産担保が可能だと言われています。融資実行率が高い点でもオススメであり、契約時にき予定返済額は必ず確認の上、繰り上げ返済ができるようがんばりましょう。

ノンバンクのビジネスパートナーは審査が甘いとの口コミ

事業資金の借入方法としての不動産担保ローンはオススメです。銀行でも取引関係がある場合、気軽に相談ができます。

経営者の信用情報で金融事故がない。ここが、銀行での審査通過のポイントですが、業績としても赤字続きではないことでの信用も必要です。長年付き合いがある銀行としては、保証会社の判断ですが、できれば貸したいと言うのが本音でしょう。

銀行からは借りられない

信用情報でブラックリストでも相談になるのが、ノンバンクの不動産担保ローンです。事業性資金としての使途では、相談に乗ってくれることが多いです。資金使途が自由であれば、とりあえず金融事故返上なども検討されます。

返済能力ですが、ノンバンクでは独自の審査が期待できます。ただし、ノンバンクでも甘い審査と評判のところがオススメですが。

ビジネスパートナー

法人・個人事業主向けの不動産担保ローンの取扱をしています。

ノンバンクですが、上限金利10%以下であり、事務手数料無料です。スピート審査であり、提出書類も少ないです。個人では審査対象にならないですが、評価額に対して7割程度の限度額だったり、評判は良いです。

上限利用限度額があまり高くなく、融資実行までは5日程度というデメリットがあります。しかし、ブラックリストでも借入ができる可能性がある点では注目です。

資金使途は自由ではなく、所定の目的計画書の提出書類があります。これがないフリー不動産担保ローンもありますが、一気に上限金利が15%になります。要するに、審査の際には大目にみる内容ですが、使途には厳しいのがビジネスパートナーの不動産担保ローンになります。

それでも、自分名義以外の不動産担保ローンも対応していて、運転資金が一時的に不足してしまう。信用情報であまり自信がない方にはオススメです。

全国の主要都市に支店がある規模が大きなノンバンクです。インターネットでの申込もできますが、見積もりや問い合せをしてみると良いでしょう。ブラックリストでも延滞や遅滞の内容ではない経営者では、相談に乗ってくれることでしょう。

金融事故で危ない不動産担保ローンの審査通過の会社としては、ネットで検索できるオススメ不動産担保ローン関連の会社です。

ビジネスパートナーとは?

親会社は上場企業で、手広く様々な分野に関連会社があります。

ビジネスパートナーは事業向けの金融会社ですが、個人ではライフティがあります。こちらも、一応ブラックリストでも借入ができる中小消費者金融としての評判が高いようです。その関連から言っても、ビジネスパートナーの甘い審査は期待したいのですが。審査次第でわからないことです。

甘い審査の不動産担保ローンでの借入

不動産担保ローンで甘い審査の場合はたいてい高金利になります。しかし、上限金利を確認をすると100万円程度の借入で10%が高いと感じられるでしょう。

100万円ではビジネスローンと同じ

不動産担保ローンでは、銀行なり専門会社に不動産担保の提供をして、抵当権の書き換えなどを経て借入ができます。事務手数料は勿論ですが、司法書士などの費用が別途かかります。

例えば、100万円で10%の金利では低いように見えます。しかし、最初の事務手数料だったり、完済後の手続きなどは、結果的に10%以上金利がかかります。数千万円で数%の金利でやっと低金利の教授をうけることになります。

甘い審査では、この程度の金利は覚悟の上です。あまり低金利であり、甘い審査、事務手数料も少ない不動産担保ローンそのものはないです。

実際の評価額

これは銀行より不動産担保ローン専門会社などが高いです。普通不動産担保ローンは、評価額の7割程度の借入しかできないと言います。高い評価額ほど借入ができるのですが、事業性資金で多額の借入をしたいときには注意してみてください。

1億円ほどの借入では、銀行と不動産担保ローン専門会社では金利の差は1~2%程度です。しかし、実際に入手できる金額での妥協がどこまでできるか?です。

運転資金や事業資金は、個人のフリーローンと違って、新たに生み出す原動力になります。ここは大きくほしいという場合、低金利よりも借入できる金額で決めることも必要です。

甘い審査の内容

申込者、事業内容が思わしくない場合でも借入ができることです。特に、ブラックリストの申込に関しては、慎重な審査になりますが、完済条件が整うことで、借入ができることがあります。その代わり、高い金利ですし返済期間も長いことが多いでしょう。

個人事業主などでは、住宅借入に際には大した金額しか借入ができないけれど、返済期間が長期にして借入がやっとできることがあります。競売にかけられない自宅などでは、不動産担保ローンでは嫌がられます。

ブラックリストであれば、ますます厳しいのですが、月負担を軽くして返済を長く設定での審査通過もあります。住宅ローンがあっても相談ができます。資金ショート回避などで、金融事故が自信がない場合でも相談をしてみてください。ノンバンクの融資会社で、他社で断られた方もどうぞとあれば、かなり甘い審査の不動産担保ローンと見て良いでしょう。

クレジットカード、消費者金融のキャッシング

法人カードであれば、事業資金の借入ができますが、どちらもブラックリストは対応していないです。また、借入できる金額が少なく高金利です。売掛債権があれば、ファクタリングの方法も一時的な使い方として提案します。

不動産担保ローンの専門会社、消費者金融業者も取扱をしていて、口コミ情報も豊富です。是非、参考にしてみてください。

-不動産担保ローン, 審査
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.