事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

住宅ローン中の不動産担保ローン

更新日:

住宅ローン中の不動産担保ローン

不動産担保ローンをしたい時に、住宅ローン返済中の物件はできるのでしょうか?

銀行は全滅

銀行の不動産担保ローンのほとんどが根抵当権などの契約になります。第1抵当権であることが条件であることが多いので、住宅ローン返済中、すでに借入をしている不動産担保については、契約ができないです。

また、ノンバンクでも条件付きとして、住宅ローンの返済額が1000万円以上など、ほとんど返済している場合のみ審査通過ができることが多いです。それ以外の住宅ローン返済では、申込ができない場合が多いです。

事業性資金でなんとかしたい

事業資金で、第2、第3の抵当権OKの場合も多いです。融資金利は高めが多く、返済期間は短期間で低額の融資金額になります。

これは、住宅ローン返済中ということだけで、返済リスクが高いことを意味しています。評価額はノンバンクが指定するものですが、あまりに低い場合は担保対象にもならないです。

口コミより相談

それぞれの住宅ローン返済額によって、融資率は変わります。要するに住宅ローンがあるだけで、不動産担保ローンの審査落ちではないということ。その割合は、評価額、希望金額、ローン残額などが審査内容になります。その中で、住宅ローン残額があったとしても不動産担保ローンが成立することはありますし、申込もできます。

融資金利が多少高いですがノンバンクの不動産担保ローンが有利になります。ちなみに、売却検討での不動産担保ローンでも審査対象になります。

借り換えたいだけではない、借金返済の手立てとして

信用情報があまり良くない場合でも審査が通るノンバンクもあります。第2以降の抵当権対応であれば、不動産担保を大いに利用した融資が期待できます。窓口で、直接相談してみて、返済シミュレーションを元に、資金計画を練ることができます。

不動産取扱もしていることが多いので、さまざまな方向性を見出すことができます。不動産担保ローンの可能性は大きいです。

-不動産担保ローン
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.