事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

事業資金

事業資金 即日融資

投稿日:

大人気ビジネスパートナーのビジネスローン

事業資金を即日融資というのなら、ノンバンク系のビジネスローンしかないでしょう。銀行融資では数日の審査はありますが、公的融資などは1ヶ月以上かかります。スピード重視のノンバンク系なら即日審査、翌日には融資が完了します。

ビジネスパートナーのビジネスローン

上場企業であり、ジャパントラスト債権回収会社、中小消費者金融のライフティと同じグループです。ノンバンク系のビジネスシーン会社としては、日本でも有数の規模になっています。

ビジネスローンの商品概要は、50万円~500万円となっていて、規模としては小さいです。少額の融資を專門に行っていますが、ワイドな融資が希望であれば不動産担保ローンも取り扱っています。500万円はビジネスローンとしては平均的であり、即日融資を考えると妥当です。そして、一括ではなく限度額が決まれば、何度でも出し入れができます。

カードローン感覚で、ビジネスシーンに余裕ができます。金利の上限は18%であり、これもカードローンとほぼ同レベルです。銀行融資の実質年率2%台には到底かなわない高金利ですが、無担保ビジネスシーンとしてはこちらも平均的です。

消費者ローンと同じですが、すぐに融資ができることを考えると、急な運転資金がほしい法人向け、1枚カードがあると対処ができる中小企業や個人事業主には最適な存在です。

メリットはまだまだ

会社としてのビジネスローンですが、資金使途は自由です。担保も保証人も不要で、代表者や経営者の名前でカードローンとしてあれば、何にでも使える利便性は大きいです。

中小企業などでは個人に使いたいときもあるでしょう。個人事業主はもちろんですが、困ったときのビジネスパートナー。法人カードローンとして自営業カードローンとして、万全です。ネーミング通り、頼りになるビジネスローンです。

貸付条件

ずばり、赤字決算書でも審査通過の実績がありです。返済能力を多角面から審査をしますが、不動産の所有、売掛金やファクタリングの可能性があるだけでも、審査は通りやすいです。要するに、よほどの債務超過に陥っていない限り審査はOKですが、資産の内容によって限度額は変わります。

カードローンと似た審査で年収が高ければ500万円もOKですが、規模が小さければそれなりの限度額になります。返済能力がどの程度なのか、具体的な審査内容の公表はないのですが、申し込みをして即日審査回答は確実です。

経営をしていく上で、事業資金として大きな金額ではないのですが、常日頃保険としてのビジネスパートナーの用意は経営者の心強い味方になることでしょう。

オリックスVIPビジネスローンBUSINESSは個人事業主向けのビジネスローン

信販系では、大手のオリックスのオリックスVIPローンカードBUSINESSは、即日融資のビジネスローンとして人気です。500万円が限度額となっていますが、コースが50万円から6段階になっています。ただし、個人事業主向けのカードローンであり、法人名義の借入はできません。

小規模経営者に人気のカードローン

ほとんど、カードローン的な存在です。オリックスがカードローン会社ということもありますが、500万円の事業資金というと、設備投資で何億円ということは無理な話です。銀行融資の依頼をしている間のつなぎ融資や、規模が小さな経営者や代表者のポケットマネー的な存在としての使い出があります。

金利上限17.8%で限度額500万円、そして即日融資の内容は、ノンバンク系ビジネスローンとしては一般的なものです。50万円コース以外の実質年率14.9%が上限というのも、低金利の部類。他のビジネスローンとの差が出ます。

60分の審査回答、即日融資

インターネット申し込みで、審査が60分が最短です。間違いなく即日融資の可能性がありますが、カードローンと振込のどちらの入金も可能です。銀行融資でも最低1週間以上はかかり、他のノンバンク系でも2日後の入金などです。

オリックスVIPビジネスローンBUSINESSなら、朝早くの申し込みで即日融資は高い確率で貸付ができます。出し入れも全国ATMが使えるほか、振込もOKです。

審査は個人の信用情報

個人事業主専用のビジネスローンですから、法人向けカードローンではないことは要注意です。ですから、60分での審査回答も可能であり、特に確定申告書の内容と個人信用情報機関が重視されます。

確定申告書、事業計画書などの提出により、ビジネスローンとして契約ができれば、総量規制対象外の借入ができます。返済能力があると認められれば良いのですが、信用情報で金融事故が多発している場合は審査も難しいでしょう。

個人事業主に特化した内容

個人事業主は収入の不安定さから、フリーローンの申し込みでの属性は下の方です。しかし、オリックスVIPローンカードBUSINESSなら、決算書や事業計画書の提出で、フリーローンではなく事業資金としての契約ができます。その上、使途自由ですから、生活費と事業資金が混在してしまう個人事業主にはとっておきの1枚になります。

法人では使えないのか?という方に、こんな使い方もあります。オリックスVIPローンカードBUSINESSを代表者個人名義で申し込みをします。会社としてではなく、経営に対して貸付、法人の貸借対照表に計上されている役員貸付金を返済するのです。

個人で借りて会社に貸付の利用方法なども出来ますから、即日融資のメリットを法人の会社でも十分に活かすことができます。

ビジネスローンがNGでもファクタリングがある

事業資金がすぐにほしい場合は、ビジネスローンが良いでしょう。審査に通らなかった、断られた場合は、売掛金があればファクタリングの方法があります。

ファクタリングの審査

銀行や消費者金融などのビジネスローンの金融機関とは違う審査です。自身の信用情報ではなく、取引先の状況が大きな問題になります。会社の銀行債務履歴などは無関係で、決算書などにも記録されない内容です。融資の形ではないので、負債もありません。

ファクタリングは売掛金の売買ですから、審査は一切無関係です。それでいて、キャッシュフローが素早く事業資金を作ることができ、このことで経営が改善されれば、銀行融資も再開できることに。信用情報の改善も期待できることから、ファクタリングでの即日融資は有効です。

資金調達プロのファクタリング

ファクタリングの資金調達のサイトでは、最大級の規模を誇る資金調達プロ。ファクタリング会社といっても馴染みのないことですから、資金調達プロにすべてを任すことで、経営のノウハウの相談にも対応します。

経営者が即資金をなんとかしなければならないけれど、ビジネスローンもダメだったという方にすぐに対応。法人向けの金融業者の紹介などもしています。

カードローン会社の審査

税金滞納や信用情報での金融事故などがあれば、個人事業主向けのビジネスローンやフリーローンなどの契約もできません。

固定資産税未納で、不動産担保ローンもままならない。しかし、貸付条件が最悪でもファクタリングは、売掛金を債権回収会社などに売る形でのキャッシュフローが実現します。審査に通りそうもない、そして即日融資がという方は資金調達プロに登録。全国のファクタリング会社の紹介を受けることができます。

1枚はほしいビジネスローン

カードローン同様に、法人向けカードローンも自営者カードローンも簡単に作れます。インターネット申し込みで保証会社の保証があれば、総量規制対象外で500万円程度の資金調達ができるようです。

銀行審査のようにたくさんの提出書類も不要ですが、消費者金融会社などノンバンク系のカードローンで、実質年率18%程度と高いです。個人事業主などは、確定申告書と決算書、事業計画書だけで審査ができる企業向けローンです。できれば、業績が良いときに500万円程度のカードローンを作っておくと、何かと重宝する金融商品です。

ビジネスローン專門業者などは比較的審査も甘いのですが、それにかなわないときのファクタリングは有効に使いましょう。

資金調達の方法としてのビジネスローンカードの提案

資金調達の方法は、メイン銀行からの融資が理想形です。しかし、どうしても即日融資が必要なビジネスシーンは必ず出てきます。そんな時、慌てて銀行に依頼をしてもスピード審査は頼れないことから、すぐに使えるビジネスローンの契約などが便利です。カードローン形式であれば、ATMなどですぐに資金調達が可能です。

ノンバンク系ビジネスローンは用意しておく

例えば、銀行融資までのつなぎ資金にしても、融資実行までのビジネスローンの利用は一般的です。ノンバンクというと高い金利がつきものですが、即日融資が可能であれば、それは仕方のない、経費の一つでしょう。

一度契約をしておくと、必要なときに引き出すことができ返済さえしておくことで、限度額内は何度でも使えます。ただし、業歴が物を言いますから、最低でも2年以上の経営実績は必要です。審査通過の情報などを入手しておき、ビジネスローン会社のリサーチも必要です。

必要なときにあわてて申し込むのではなく、何もない時に保険のようにビジネスローンの契約をしておくことで、いざというときに便利です。

ビジネスローンの審査基準

高い金利からいっても、銀行融資のようにうるさい内容ではないです。特に、決算書などでも赤字があったとしても、今後の展望があればすんなりと行くことが多いです。個人事業主は確定申告書の内容ですが、個人事業主こそビジネスローン取得はお勧めです。

ビジネスローン專門の業者では、個人事業主しか持てないビジネスローンもあります。それも総量規制対象外となるもので、ある程度まとまった資金調達ができます。

法人用カードローンなども、何千万円も何億円という限度額はないのですが、保証会社もそれほど厳しい内容ではないため、審査は通りやすいです。是非、経営者、代表者になったのなら、1枚持っておくと良いでしょう。

ビジネスローンのカードローンです。個人事業主ではフリーローンの契約が難しいですが、キャッシングの形ではなくビジネスローンに行くことでステイタスもあります。

その他の選択

大きな銀行融資がほしい場合、不動産担保ローンの選択もあります。こちらの審査も融資ほど厳しくはないのですが、審査時間が長いです。即日融資などはとても無理ですし、評価額によっての融資額決定になります。

場所にもよりますが、ビジネスシーンにおいて事業資金の必要性が存在することは、そこそこあります。いろいろな状況を踏まえて、ビジネスローンカードの作成と売掛金が存在しているのなら、ファクタリングの可能性も探ってみて下さい。

簡単にビジネスローンに行く前に

事業資金の融資は、ビジネスローンなどが即日融資が多いです。すぐに対応してもらえるのですが、金利は高いです。スピード審査と即日融資の代償が高いローンと言うのは、納得しなければならない理由の一つです。

きちんと選択が必要

現在、ビジネスローン専門業者を含め、インターネット申し込みができるところは多いです。ビジネスローンとして考えると、銀行系ローン、消費者金融系ローンなども存在しています。

消費者金融では、一般に審査の甘い中小消費者金融などでもビジネスローンを手がけていて、信用情報がブラックであったとしても、借りられる場合も多いです。こうした沢山のビジネスローンについては、必要になった時に選択をするのではなく、普段から見つけておくことをお勧めします。

規模も内容も違うのですが、いずれも銀行融資のような厳しい審査はなく、将来の返済能力が認められればローンカードとして発行される、振込の可能性が大きいです。特にローンカードは、限度額内であれば何度でも出し入れができるのが便利です。

返済計画は立てておく

企業向けローンは、個人向けカードローン同様、高い金利です。限度額も最高500万円程度の契約ですが、いざ返済となると大変です。利息計算などもした上で、返済の見込みがある時のみの利用に限定することも必要です。銀行融資のように低金利の利用ができないことが多いため、業者の選択と1%でも低いところでの審査通過も必要なことです。

そして、やはりお金を借りるということは、返済負担が小さいのが一番です。公的資金と銀行融資を第一候補とできるよう、普段からさまざまな情報収集に心がけることが大切なのです。できれば、メイン銀行から繰り返し融資を受け続けることが理想として、カードローンなどはつなぎ資金程度に使うのが良いことです。

個人事業主のカードローン

個人事業主は、フリーローンとしての申し込みができますが、総量規制の関係から限度額は限定的です。ビジネスローンになると、総量規制対象外として限度額も上がります。利用価値もありますが、業歴が浅いなどでの審査落ちもあります。

フリーローンの中には事業資金として使って良いものもあり、個人事業主の場合はフリーローンの可能性も模索しておくと良いでしょう。

最も信用情報の内容にもよりますが、いよいよになったら、中小消費者金融などの審査の甘いビジネスローンなどもあります。しかし、高い実質年率は難点です。それでも、借りられるだけ良かった。今度は、返済の計画はしっかりと。

-事業資金
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.