事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン 事業資金

不動産担保ローン 審査 事業資金

投稿日:

三井住友トラストL&Fの不動産担保ローン

事業資金調達の方法として不動産担保ローンがあります。法人、個人を相手に金融機関、金融業者での不動産担保ローンの審査はいろいろです。

金融業界では常識となっていますが、全ての借り入れで審査は厳しい銀行、甘いノンバンク。金利は低い銀行、高いノンバンクになっていて、不動産担保ローンでも例外ではないです。

実はそんなに金利は低くない?

三井住友トラストL&Fの実質年率が最高15%になっています。

変動金利になるのですが、それほど低くないけれど審査はとても厳しいです。もともとメガバンク系列であり、物件も融資額も大きいです。全国対応でもないのですが、融資額が高いほどお得になります。これほどまでの大手での不動産担保ローンでは審査は簡単なものではないです。

事業資金の借り入れとして安心できる金融機関で、インターネットで出てきます。大手業者を相手にはしてるので、個人事業主などでは高嶺の花ですが、一応そんなに低金利ではないんだということは意外なことです。

最長35年の返済

当然ながら、多く借り入れをするとその分返済も長期になります。事業資金の場合は途中で一気に返済ではなく、返済予定表で決算に組み入れることで、安定した経営も可能です。融資実行までの審査も長いです。

金利が高い場合の長期返済は一見大変ですが、決算上想定内であれば、大した内容ではない事もあります。税理士などとも話し合いの上決めることです。

気になる手数料

三井住友トラストL&Fでは、手数料が高いです。

融資額の2.16%というのは、決して安い内容ではなく、繰り上げ返済の場合は違約金も発生してしまいます。そこまでして高い金利、手数料での申込の価値はある?というと、メガバンクやネームバリューのある金融機関の審査通過の結果が大きな価値になります。

要するに、銀行でも事業資金として、厳しい審査が通るということは、経営的に安定している法人、個人事業主として認められることになります。しかもメガバンクなどを相手にしている場合は、取引がある。それだけで箔がつくというものですが、不動産担保ローンでも同様です。

厳しい審査に通ることでのステイタスが存在している事は、事業上でも何かと便利な場合もあります。少なくとも審査落ちにならなかったというだけでも自慢です。それにしても高い金利と手数料にわざわざ自慢しなくても。

現在、不動産担保ローンでは専門業者も少なくなく、ノンバンクですが、それほど高い金利ではないところも全国にあります。考え方はいろいろですが、僕の会社は三井住友トラストL&Fの不動産担保ローンの契約していてさ、と自慢したい方も存在しているのでしょう。

事業資金は不動産担保ローンの甘い審査で借りれる?

 
事業資金は、銀行融資などでの活用があります。自治体の助成金や日本政策金融公庫融資などもあり、事業展開を行うことができます。個人事業主と中小企業を対象にしていて、低金利ですが審査は厳しいです。

不動産担保ローンのススメ

銀行融資がダメだと、ビジネスローンの選択がありますが、実は不動産担保ローンが便利です。

金融機関でも取扱をしていて、個人事業主や中小企業は信用金庫や地銀での取扱をすることがあります。もちろん審査はありますが、メガバンクなどとは比較にならないほど楽でしょう。信用金庫などでは、地元企業の応援もしている事もあり、メインバンクの条件で、ローンなどの待遇があります。

個人事業主では信用情報も深く関係しますが、ビジネスローンに走る前に、不動産担保ローンが良いです。

ノンバンクの不動産担保ローン

もし銀行が全滅なら、ノンバンクの不動産担保ローンもあります。

専門業者や消費者金融での扱いがありますが、オススメの不動産担保ローンは専門業者です。消費者金融はビジネスローンなどが盛んですが、不動産担保ローンの場合は、専門業者の方が評価額なども高く、金利優遇も期待ができます。この点では、差が出る事もあります。

インターネットでの検索では、全国に支店があれば、地元の評価額に強いと言えます。全国対応でインターネットで申込とある場合よりは、できれば地元に強いとされる不動産担保ローンの専門業者があると、そちらがオススメです。

ただし、必ずそばに専門業者があるとは限らないので、検索と口コミは絶対です。

不動産担保ローンで資金調達

もともと担保があるローンであることから、審査が柔軟です。基本的には完済目的で、評価額の範囲内、返済ができる事業内容での考慮になります。専門業者の多くが赤字決算でも対応していて、返済期間が長いことも特徴の一つです。

長く返済することで、月の負担が少なくなるだけではなく、事業が順調になることで繰り上げ返済もできます。ただし、不動産担保ローンでは繰り上げ返済に関しては、手数料が多い場合もありますから、必ず確認をしてください。

抵当権設定登記をした上で、無担保ローンにはない低金利での利用が期待できます。借入する際の名義人も申込者本人じゃなくても良いとか、ブラックの個人事業主にも対応という臨機応変な審査も期待ができます。

銀行にも不動産担保ローンがありますが、こちらはブラックなどの借り入れができない事もあります。そして、ここが肝心ですが、専門業者でもこの不動産は担保にならないと拒否される場合もあります。何ヘクタールの原野などでは、不動産担保ローンの対象にならない場合もあります。

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンはすごい内容 ゆるい審査と金融事故がある方にもオススメ

総合マネージメントサービスの不動産担保ローンは、3000万円までは即日融資対応ということです。低金利のノンバンクの商品としては魅力です。

メリットを並べると

  • 最大5億円の借り入れができる
  • 上限金利でも10%未満
  • 最長35年間の長期の買い入れができる
  • 抵当権の順位は不問
  • 基本的にどんな不動産でも担保が可能
  • 相続での相談も可能

まさに、魅力満載の不動産担保ローンであり、国内のノンバンク不動産担保ローンの中では上位の人気です。掛目100%以上設定など、評価額も高いことでは、この不動産担保ローンしかないと言えます。

デメリットとしては

これは、事務手数料が高いことです。借り入れ額に対して最大5%の手数料がかかります。

専門業者の中には、事務手数料無料のところもありますので、初期費用が高いのがどうしても気になります。メリットがとても多いことですが、査定金額は高いけれど、手数料が高いことで敬遠してしまうことはありますが、低金利の不動産担保ローンであることで妥協できるとも言えます。

ノンバンクの審査としては

まず、どんな土地や建物でも基本的に査定対象になる点は大きいでしょう。実家の不動産担保ローンをしたい。地方で査定がつかない場合でも借りれたとか、抵当権も第3でも快く審査をしてもらった。希望金額の借り入れがしやすいなどの口コミは多いです。

この点では審査はゆるい事もあり、信用情報で自信がない方も対応していると言えるでしょう。

資金調達にはとても便利?

甘い審査で考えてほしいのが、返済ができない時の対応まで考慮がある点です。セール&リースバックサービスも対応していて、売却した相手との賃貸契約なども対応しています。これは、第三者に返済不履行になった不動産を売却します。その家主の同意で、家賃の形で不動産担保をそのまま利用できる方法です。

ほとんど不動産的な内容ですが、返済ができない。では、競売をするかというと、実際にはそうはいかないでしょう。不動産契約までを行う事ができる。返済が危ない場合でも、こうした対応があることがわかるのも、審査の甘さや対応の良さが光ります。

借り入れの完済は絶対条件で、本来なら手放す物件である契約です。最初から不履行のことは考えてくはないのですが、総合マネージメントサービスの審査の甘さやこうした口コミでは、資金調達をどうしようという個人事業主や中小企業にはありがたい存在です。

とはいっても、審査は存在していて、必ず借りれる保証はないです。口コミで良いとされたとしても、実際には事業内容まで確認が入るじっくりと審査されることになります。

改善の相談もできたりします。個人事業主では自宅の不動産担保ローンでは、ある程度の限界も存在しています。

不動産担保ローンの現状 都会と地方の決定的な違い

不動産担保ローンは事業資金調達として、金融機関の金融商品の一つです。法人だけではなく、個人事業主でも利用ができます。また、個人で多重債務のおまとめローンとしても不動産担保ローンの利用ができます。

審査は甘い

不動産担保があることで、審査対象が多少ゆるくなります。回収リスクが減少することで言えば、金融機関や金融業者としては、審査も柔軟になります。

経営者としては、金融機関の根抵当権設定登記にして、継続的に資金供給を受ける事ができる方法の一つです。個人事業主や中小企業では、信用金庫などが他のローンではなく、不動産担保ローンで「縛り」をすることもあります。

メイン銀行としての取引をすることで、互いにwinwinの関係性を持ちたがる場合もあります。願ってもないことですが、不動産担保ローンで結ばれる関係も良い事業パートナーになります。

もちろん審査があるのですが、ノンバンクの不動産担保ローン業者が入り込めない地方では、この信用金庫の存在はとても大きいです。地元で評価額には明るいという側面も見逃す事ができない理由です。

ノンバンクの専門業者

信用金庫で話がまとまるのなら、そんなに良いことはないです。融資額が高くないことはありますが、地元に強い点では地方の中小企業や個人事業主でありがたいことです。

まずはノンバンクの専門業者も良いですが、土地勘のある信用金庫が妥当です。銀行ですから、低金利です。

ブラックは借りられない

申込者に金融事故があるとか、債務整理経験者などで個人信用情報機関での傷がある場合は難しいです。

融資の最終決定は保証会社であり、信用金庫の営業マンが良い事を言ったとしても、仮審査の部分です。債務整理などは時期がきたら良いですが、根本的に返済能力が疑われるような事業内容では、不動産担保ローンもできないことは多いです。

融資実行までも時間がかかりますが、メイン銀行としての取扱と不動産担保ローンの攻防は続きます。銀行としても、完済ができる不動産担保ローンの客はほしいのは確かです。

実際に地方ではこうなる

ノンバンクの不動産担保ローン専門業者が対応する場合と、そうではない場合があります。地方に行くほど、融資先が信用金庫になってしまうことは多いです。

個人事業主などでは、そんな事も知らずにインターネットで簡単に申し込みをしたがるのですが、その土地の不動産担保ローンはできませんと言われることがあります。

土地の問題ですが、全国対応の不動産担保ローンといっても、ノンバンクでは地方にまでに手をのばすことをしない。又したとしても、実地の確認で交通費が別途かかっしまう事があります。そうなると、信用金庫の営業マンが強い味方になるのは必至です。

ビジネスパートナーが良い理由とNGな理由

ネームバリューのある不動産担保ローン専門業者は、ビジネスパートナーでしょう。紹介される機会も多いですが、銀行融資でうまくいかない事業資金の調達には、検討されると良いでしょう。

不動産担保ローンの内容

不動産担保ローンとは、手持ちの不動産か連帯保証人が名義人の不動産を担保にして評価額の7割程度の借り入れができます。

担保ローンであり、事業資金で多額の資金調達には便利です。審査は平均して甘めであり、ノンバンクの専門業者では、抵当権設定の順位も問わないことが多いです。ですから、すでに抵当権がある、住宅ローンがある不動産担保ローンもできます。

ビジネスパートナーがよい理由

事業資金に特化している事で言えば、基本的に赤字決算でも相談に乗ってくれます。

種類がありますが、不動産担保ローンでカードも存在しています。ATMでの入出金ができることで言えば、事業資金としても多彩な使い方ができます。限度額の最高が1億円であり、会社の規模も申し分ないです。

審査では、他社で断られた方でも借りれる口コミが多い。ここが人気ですが、金利は他の専門業者よりは高めです。難と言えば、返済が苦しいと感じられる部分ですが、返済期間も長くできることから、安心して運転資金として借り入れができます。カードローンのように対応ができ、ビジネスローンよりはずっと審査は緩めです。

手数料は10万円ほど

初期費用として、10万がかかります。ということで、少ない不動産担保ローンでは高上がりになってしまうことがあります。

事業資金では、数十万円というのは個人事業主では可能性がありますが、少額融資では、ビジネスパートナーの借り入れは高金利で手数料が高いというデメリットがあります。ここは、多少考えなければならないですが、金利が高いほど審査が甘いことから、今後の経営に対しての資金調達としては慎重に検討してみてください。

一時的な資金調達

資金ショート、今だけの資金では、不動産担保ローンではなく、ファクタリングもあります。

こちらは、売掛債権の現金化になりますが、融資ではないです。返済予定表も不要で、審査は主に取引先の信用情報です。返済ではなく、売掛債権の支払いが確かにできる会社であれば、それだけ手数料が少なくなる。お得なファクタリングで多くの現金を手にすることができます。

最近では、個人事業主対応のところもありますが、基本的には多額のファクタリングほどお得です。ビジネスパートナーでは、多額の資金がほしい中小企業の不動産担保ローンが妥当です。個人事業主で100万円以下の希望金額なら、ファクタリングが良いと言う口コミが多いです。

いずれにしても、査定だけなら手数料なしで受けられます。返済、抵当権設定料金などを確認して決めましょう。

-不動産担保ローン, 事業資金
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.