事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

ノンバンク 不動産担保ローン

不動産担保ローン いくら借りれる

投稿日:

ノンバンク不動産担保ローンの方が多く借りれる

不動産担保ローンとは、不動産担保として貸付を受けることができるローンです。

銀行、消費者金融、専門業者があります。この場合、銀行以外ではノンバンクの不動産担保ローンということになります。

ズバリ、いくら借りれる?

不動産担保ローンの場合、融資額は審査によって決まります。また、不動産担保の内容としての基準もあります。土地建物、一軒家、マンションなどがありますが、審査基準によって照らされることになります。そして、担保となる者の地価に大きく左右されます。

誤解してはならないのは、2000万円の購入金額の不動産担保では、2000万円そのまま借りることはできないということです。

掛け目の話し

2000万円の不動産担保で銀行では5割、ノンバンクでは7割が相場だとされています。ただし、これは一般的な数字であり、2000万円で購入したけれど、今は1500万円の価値しかないとなれば、当然融資額も下がります。

そして、とても価値が高騰している時は、実は2000万円のままということもあります。このあたりのからくりとしては、あくまでも売却ではない部分が大きな理由です。

もし、不動産担保ローンの融資金額ではなく、売却したいのであれば、高騰金額での売却ができます。しかし、それは違います。掛け目では購入金額が上限としている場合が多いです。

ですので、審査では高騰不動産担保であれば、有利に働くことになります。金融機関だけではなく、ノンバンクでも審査には良い材料です。

ノンバンクの方が融資は高い

銀行では低金利の融資になることが多いです。

ノンバンクでは、不動産担保の基準も幅広く、多く借りれる可能性があります。ただし、金利では銀行より多少高めということです。これは、事業資金などの借り入れでよくあることですが、銀行が返済に際してはメリットが大きいでしょう。

7割の内容

ノンバンクの不動産担保の7割ですが、その他の審査においても確認されることになります。良い条件の不動産担保であれば、7割程度が上限です。

しかし、不動産担保ローンでは鑑定士が改めて鑑定してから決める融資金額になります。その他申込者の収入や個人信用情報機関の確認があります。そこで、7割の掛け目で借り入れができるとしたら御の字といったところでしょう。

低金利なのか、融資金額なのか。ここは、不動産担保ローンとしては迷うところです。審査基準に関しては、ノンバンクが断然甘いことになります。

おすすめとしては、どちらが良いと言えない部分もあります。希望金額だけではなく、長期の返済期間になるのであれば簡単に決めるられるものではありません。銀行もノンバンクも借りれる信用情報の申込者であれば、慎重に選択してください。

不動産担保ローンってこれだけしか借りれない?

ある方が、不動産担保ローンの査定額に不満があると言います。2000万円のマンションの不動産担保ローンを申込したけれど、700万円しか借りられないと言われたと言います。

不動産査定額と不動産担保ローン

不動産担保ローンの査定額では、市場価格とは違うと言います。それは、からくりがあります。

不動産担保ローンに関しては、銀行やノンバンクでの扱いをしています。その時に、不動産鑑定士によって、申込時期に改めて査定をします。それは、市場価格より低いことが多いです。

要するに、儲けなどではなく単なる担保です。ですから、利益を出すことではなく、融資の完済ができる範囲内に抑える傾向があると言います。事業資金では資金使途ははっきりしている場合でも、鑑定では市場よりは低めだと言われています。特に銀行では査定額が低いようです。

もし、高く借り入れしたい時には、ノンバンクの不動産担保ローンがおすすめになります。それでも市場価格よりは査定は低いようです。

ガッチリ借りたい時には

不動産担保ローン専門会社がおすすめです。既に地域の査定額を押さえている場合では、鑑定もある程度わかっています。それで、高く査定されることもありますが、ノンバンクの不動産担保ローンでは、金利が高めになると言います。

せめて事前に確認を

不動産担保ローンの申し込みの時には、自分で正確に不動産価格を確認しておくことです。

どっちにしても市場価格よりは低いことはわかっています。その時に、極端に低い査定になるかどうかを確認してください。ノンバンクの不動産担保ローンの場合では、比較検討されることです。

地元は強いということは言えますが、現在は不動産担保ローンではインターネット申し込みで全国対応ができるところも多いです。

売却したらいくらくらい?その数字は知っておくと良いでしょう。そして、不動産担保ローンの査定額との乖離が大きい場合には、思い切って売却して資金調達をする方法もあります。

売却よりは必ず低い

不動産担保ローンでは、返済をしなくてはならない。売却ではそのまま現金が入るだけ。

財産としての不動産ですが、手放すことが競売などではなく、自分で行うことであれば、査定と現金のバランスで検討されることです。融資のつもりの不動産担保ローンですが、売却の予定もしつつ申し込みを検討することが必要です。

この不動産担保ローンで2000万円の価値があるとしても、700万円程度の不動産担保ローンにしかならない。この手の話しはよくあることです。住宅ローン中だったり、審査によってはもっと少ない融資になってしまうこともあります。

不動産担保で7割借り入れできれば多い方

不動産担保ローンの上限は、不動産担保の7割だとされています。それはノンバンクなら可能な金額です。

平均的な不動産担保ローンの上限額は1億円程度です。それ以上借り入れしたい時には、不動産担保ローン専門業者などの選択が必要とします。

とはいっても厳しい

現実には、不動産担保ローン専門業者などが決めた評価額の中の設定になります。

不動産担保ローンを事業資金ではなく、個人で借りたい場合もあります。その理由として、多重債務者のおまとめローンとして行いたい。少しまとまった資金を借りたいなどです。そうした時には、きちんと査定額を確認してください。

もし、地価が下がっているのなら、いくら7割と言っても希望額ではない場合があります。反対に地価が上がると審査が簡単になります。

個人だからと言うことはなく、審査の内容では返済能力があるほど高く借り入れができることができます。7割の不動産担保ローンというのは、かなり条件が良いと言えます。

審査内容について

例えば、おまとめローンでは返済能力が低い場合もあります。

もともと、総量規制以上の借り入れができるおまとめローンです。価値のある不動産の場合では、一応審査はしてくれます。申込者の返済能力が高いことが理想ですが、不動産を担保にすることで、毎月の負担が小さくすると長期返済になります。

融資審査では、できれば高い返済ができることが理想です。その上で、何割の不動産担保ローンになるかが問題になります。融資金額に関しては、審査次第でどの程度借り入れができるか?審査次第であり、不動産担保ローン専門業者などで借り入れ額が変わります。

インターネット申し込みを

インターネットで査定額の確認ができます。それぞれの査定額を確認してみてください。どの程度高く不動産担保ローンの借り入れができるか?その時には、悪徳業者に頼らないことです。

インターネット上では、いくつか口コミも多くある不動産担保ローン専門業者が紹介されています。事業資金にしてもおまとめローンにしても、資金使途に関係なく、返済能力や不動産担保価値によって借り入れ内容が変わります。いくつかの専門業者をあたってみることです。

銀行の不動産担保ローンは?

審査が厳しい上に、不動産担保ローンでは不動産担保の5割程度とされています。要するに、銀行では多く借り入れができないとされています。ただし、ノンバンクよりは金利が低い点ではメリットがあります。

ちなみに、審査基準が高いため、消費者金融などの多重債務のおまとめローンとしては審査通過はないでしょう。

住宅ローンが残っているのに不動産担保ローンしたい理由は?

不動産担保ローンは住宅ローン返済中も借りれる場合があります。ただし、条件が多いです。

資金調達したいけれど、住宅ローン返済中

どのくらいの支払いができていますか?まずはこれが問題です。

数字は具体的には、10年以上の返済期間、1000万円以上の支払いしていることなどが言われています。会社によって内容は違いますが、せめてこの程度は必要だとされています。

住宅ローン中の不動産

抵当権が付いていて、ある程度の返済ができないと、自分のものの部分が少ないことになります。完済しないと100%自分のものにならないので、借りたいと言っても返済している中からの借り入れになります。

そこで、1000万円程度というのが目安になっています。ですから、住宅ローンで2年程度しか経っていない時には、不動産担保ローンの契約ができないことになります。

第二抵当権

住宅ローン中の不動産の場合は、不動産担保ローン会社では第二抵当権になります。

第一抵当権はローン会社です。その第二抵当権でも良いという場合のみ契約が成立します。ノンバンクでしか対応していないのですが、住宅ローンと不動産担保ローンの二重の返済になってしまう。そこは覚悟です。

審査も大変

この不動産担保ローンで、返済ができないと第一抵当権者が売却して、第二抵当権者に分割します。ですから、第二抵当権としては分が悪いのも確かです。

そこで、ある程度の返済をしている不動産担保でなければならず、慎重な審査になることが多いと言います。第二抵当権、第三抵当権でも大丈夫というのですが、案外と審査では難しい局面があります。

銀行の不動産担保ローンでは、第二抵当権になることはできません。住宅ローン中の不動産担保ローンの申し込みは受付をしていないです。そこは審査の厳しさがあります。

住宅ローン返済中の場合の注意点

自身の返済能力を確認することです。

どうしても借り入れをしなくてはならない理由の中に、住宅ローン以外の借金が多い時には、個人では個人再生の債務整理があります。原則、住宅ローンだけの支払いで他の債務を大きく減額するものです。

おまとめローンも良いのですが、住宅ローンだけは何がなんでも完済していく。あとの借金は小さく支払ってブラックリストにはなってしまうのですが、不動産担保ローンの必要もありません。

また、住宅はそのまま残り無傷です。債務整理でも自己破産では、競売で手放すことになりますが、個人再生では住宅は守り切ることができます。その他任意売却などがありますが、住宅ローンがなくなる変わりに売却ですから、住宅もなくなります。ただし、競売とは違う市場価格での売却が可能になります。

不動産担保ローンはいくら借りれて、返済はどうなの?

不動産担保ローンは、不動産担保でお金を借りることができます。

中小企業などでは、銀行からの安定的な資金提供のために、根抵当権設定者としている場合があります。不動産担保ローンの契約なしに、継続的に資金調達ができる方法です。

銀行としても確実に返済ができるのなら対応していることです。審査基準では保証会社の保証も必要ですが、中小企業にとっては、安定的な資金調達方法です。

個人も不動産担保ローンができる?

事業資金としての不動産担保ローンだけではなく、個人もまとまった資金調達として不動産担保ローンの申し込みができます。

銀行だけではなく、ノンバンクの不動産担保ローン会社も対応しています。キャッシングと大きく違う点がいくつかあります。

総量規制以上の借り入れ

不動産担保ローンのメリットとしては、不動産担保の評価額の7割程度を上限として借り入れで着ることです。

この時に、年収3分の一の総量規制は無関係です。消費者金融からのキャッシングと大きく違うのは、多額のキャッシングが可能な点です。

銀行融資で、個人ではフリーローンなどですが、それでの審査落ちの時に、消費者金融のカードローンなどではたくさん借りれない。そんなとき不動産担保ローンでドンと借りるというのは1つの方法です。

ノンバンクの審査では比較的審査が甘く、総量規制以上の借り入れができることではありがたいことです。

手数料が高い

ところが、デメリットとしては手数料がかかります。

キャッシングでは手数料と言えば、返済のときに振込くらいです。不動産担保ローンでは、抵当権の書き換え、不動産鑑定士などで、費用がかかることは絶対です。そして、この手の費用はとても高いです。せっかくの借り入れですが、手数料分は常に頭に入れることです。

ですから、少額の不動産担保ローンではとても高い金利計算の返済になってしまうことになります。融資金額に手数料を入れる、金利も返済ということでは、多額の不動産担保ローンの返済になります。

不動産担保ローンでは、まとまった金額でなければその価値がないと言えます。

思ったより借りれないかも?

返済上では、こうした手数料の存在もあります。しかし、その前に不動産担保の査定だったり、借り入れ金額を見て、そんなに借りれないと思う場合も多いと言います。

1000万円の不動産担保でも500万円程度、多くても700万円に届かないことが多いです。それは、申し込みのときに不動産担保ローン会社で不動産鑑定士に確認をしてもらってからの査定になるからです。

このときに売却のためではなく、不動産担保ローンのための数字であり、市場価格より低め設定になります。

-ノンバンク, 不動産担保ローン
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.