事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

家を担保に融資

投稿日:

まとまったお金が欲しい…でも貸してくれない


まとまったお金が必要になったけど、貸してくれるところがない…そういったことで困っている人もいるのではないでしょうか。お金が欲しいと思ったときにまず考えるのが、銀行や消費者金融会社などの金融商品であるカードローンです。ちょっとしたお金でしたら、クレジットカードのキャッシング機能を使うのも一つの手と言ってもいいでしょう。

それでも、クレジットカードのキャッシング機能には気をつけたほうがいいです。というのも、かなり金利が高いのです。これは銀行系クレジットカード、他の信販系クレジットカード、さらには交通系クレジットカードでも流通系クレジットカードでも同じことが言えます。

すぐに返したら金利もかからないのでは?という人もいることでしょう。それは、クレジットカードのショッピング機能と混同しています。確かに、クレジットカードのショッピング機能では、翌月一括払いにしたら金利は一切掛かりません。

しかしながら、それと同じようにキャッシング機能も翌月一括払いにしたら、金利が掛からないということではないのです。クレジットカードのキャッシングの金利は、日々掛かっていくのです。ですから、無条件にキャッシングした日から次の締め日までは、しっかりと金利手数料が計算されるので、それを添えて返済しなければいけません。

クレジットカードのキャッシングを使っている人も多いかもしれません。ショッピング代金と同じに引き落とされるので、それほど気にしていないというのが実情ではないでしょうか。さらに支払いをリボルビング払いにしていると、そういった金利計算もどこかに埋没してしまうので、まったくわからないということになります。そういった面もクレジットカードのキャッシング機能にはあるので、利用する際は注意したほうがいいでしょう。

カードローンのキャッシングには無利息期間も

クレジットカードのキャッシングは、キャッシングしたらすぐに金利手数料が発生します。一方の消費者金融会社のカードローンはどうでしょうか。これも消費者金融会社によるのですが、中にはキャッシングしてから、30日間は無利息というカードローンがあるのです。

大手消費者金融会社のカードローンで行っているサービスですから、給料日までまだ日にちがあるのにお金がなくなった、あるいは急な入り用があったという場合に重宝する事間違いなしです。こういったサービスが、消費者金融会社のカードローンの売りといってもいいでしょう。

銀行と違って、長年貸金業者としてのノウハウがサービスに活きている、大きな売りの部分と言ってもいいのです。このサービスは、確かに銀行カードローンでは無いサービスです。銀行はこのあたりで、消費者金融会社のカードローンに負けていると考えてもいいでしょう。

もっとも、銀行はそこまでしなくてもお金を集める方法があるのです。それは預金です。預金者がお金を預けることによってカードローンなどの原資ができるので、多くの人や企業にお金を融資することができるというわけですね。

しかし、預金は保証されなくてはいけません。だからこそ、審査基準を厳しくしてお金を貸す人を厳選しなくてはいけないのです。いうなれば、返済能力がある人にしか融資をしないと考えていいでしょう。

昨今では、銀行カードローンは融資のしすぎでは?といった記事も見受けられます。銀行も審査が甘くなったのでは、という意見も多いのですが、これは単に銀行の審査が甘くなったというよりも、それなりの返済能力のあるような属性のある程度良い人が、銀行カードローンに申し込みをしているという流れになっているようです。

多くの人が借金体質になっているのではという懸念もあり、総務省から銀行に対して銀行カードローンの貸し出しをある程度自粛するようにとの通達が出たという噂もあります。噂というよりも、火の無いところに煙は立たないということわざがあるように、これもしっかりとした出所のあるニュースと考えていいでしょう。

多くの人が銀行カードローンを利用したがるのは、ひとえに金利の低さでしょう。これは消費者金融会社のカードローンと比較しても、金利の低さが際立っているのです。1%違っても、それが高額融資になったり、返済が長期間になると1%ではなく0.1%違っただけでも大きな利息差になることは間違いありません。

使い勝手の良さよりも、最初のローンは銀行系カードローンからと考える人が多いのが、最近のローン利用の傾向なのです。もっとも、借金の無い状態が属性の高い状態とも言えるので、最初のカードローンは銀行から借りるのがベストでしょう。

借入れが多くなるほど属性は低くなっていきます。時間の経過とともに、正社員の場合は勤続年数が増えていきますから、属性はどんどん上がります。しかし、それにともなって借金の総額が増えていくと、属性は下がっていくのです。借入件数が多くなるのも属性を下げる要因となるので、注意したいところです。属性が下がると銀行はそのあたりを注視してるので、新たな融資を行ってくれなくなります。

銀行で貸してくれなくなるとどうしたらいい?

先述したように、銀行は融資したお金が焦げ付くことがないように細心の注意を払っています。だからこそ、審査にも慎重になるのです。そのような銀行から融資をしてもらうには、どうしたらいいのでしょうか。

住宅を購入した人は、銀行の住宅ローンを組んでいることでしょう。これも、保証会社が間に入っていたり生命保険に入っていることで、焦げ付きを未然に防ぐようにしているのです。それと同じように、銀行から融資を引き出そうとするのであれば、不動産などを担保にするという方法があります。いわゆる不動産担保ローンというものです。

担保というのは、返済ができなくなると、その担保を差し押さえられるというものです。不動産担保ローンでは、持ち家を担保に出すということになりますから、お金を借りることが容易になるでしょう。また気になる金利も低く抑えることができるはずです。そして、それでも銀行からの借入れができない場合は、消費者金融会社からの融資を受ける事を考えるようにしたいところです。

消費者金融会社の金融商品にも、不動産担保ローンが用意されています。この場合は、通常のカードローンよりも融資限度額が大きく設定されていることが多いのです。加えて、金利もカードローンよりも低く設定されています。それもこれも不動産を担保にできる大きなメリットと言えるでしょう。

それでも大げさにいえば、質屋に質に入れることと同じと考えると、まかり間違うと不動産となる持ち家をなくしてしまうことにもなりかねません。ですから、返済計画をしっかりと練るようにしたいところです。

もっとも、通常のカードローンよりも不動産を担保に入れることで、それだけ返済に対して注意が行くことは間違いありません。それだけに、しっかりと返済するようになるのも大きなメリットと言えるでしょう。返済不能になるということは、そのまま住まいをなくすことにつながるのですから当然のことです。

銀行などの金融機関と消費者金融会社などの貸金業者では、不動産担保ローンを用意しています。通常のカードローンの審査には落ちたという人でも、不動産担保ローンは持ち家を担保にするのですから、審査に通りやすくなるでしょう。それでも金額が大きければ、返済が長期にわたることは必至です。それだけに綿密な返済計画を融資を受ける前に、しっかりと練ることが大切なのです。

抵当権はどちらが握るかにもよるのですが、これも銀行や消費者金融会社側に最初から譲渡することはないと言えますが、契約によって返済不能になるとそのまま抵当権が移動するという契約が多くなるので、契約内容についてもしっかりと精査する必要があります。

不動産を担保にするということはどういうこと?


前にも書きましたが、家は自分の持ち物でありながら、それを元に融資の申込みをすることです。というのも、もし返済できなければ家を手放しますという約束をするわけです。それが不動産を担保にする不動産担保ローンなのです。ですから、融資を受ける額も、不動産となる土地と建物の評価額以下となります。

通常、住宅の価値というのは、購入あるいは建ててから10年程度でゼロになるとされています。ですから、ほとんどの不動産の評価額は土地の評価額となるのです。土地などの不動産評価額が1000万円だとすると、大抵は融資を受ける事のできる額は評価額の6割から7割程度とされています。したがって、不動産評価額が1000万円だと、融資を受けることのできる金額は600万円から700万円ということになります。

こうなったときに気になるのが、金利や返済期間です。これは通常のカードローンよりも低金利となるのは間違いありません。融資を受ける金額も大きくなればなるほど、金利も低くなります。消費者金融会社の不動産担保ローンでも5,6%の金利は期待できるかもしれません。もっと低い金利となる可能性もあります。

また、気になる返済期間も、10年あるいはそれ以上という長期にわたる設定もできます。無理に返済金額を多めにして、早めに返済しようと考える人も多いことでしょう。しかし、借りる側の事情にもよると思います。

中には、おまとめローンの審査に通らなかったから、ここで一気に多重債務状態を解消しようと思って、不動産担保ローンを借りることを決めたという人もいることでしょう。基本的に不動産担保ローンの使途は自由です。よって、多重債務の解消のために、おまとめローンとして活用してもいいでしょう。中でも、おまとめローンでしたら東京スター銀行が有名ですね。

あるいは、ビジネスローンとして個人事業主が事業の運転資金に充てるのも問題ありません。この場合、銀行でも消費者金融会社でもビジネスローンを用意しています。保証人や担保を用意しなくてもいい金融商品です。審査に通らない場合は、やはり不動産担保ローンを活用したほうがいいでしょう。

高齢者の場合は不動産担保ローンしかない?

高齢者となると、収入が年金しかないというのが普通です。また高齢でありながらローンを組みたいとなると、手持ち資産がない人が多いことでしょう。そうなると返済計画が気になります。そのような人でもお金を借りることができるとしたら、不動産担保ローンしかないでしょう。

それでも、焦げ付いているので、不動産を手放さなければいけない状況になるのがわかっていたら、いかに不動産担保ローンでも審査に通ることがないかもしれません。しかし、反対に家を手放したいからと、不動産担保ローンに手を出す人もいるかもしれないですね。

事業主が不動産担保ローンを利用するケースが多い


家を担保にして、融資を受けようとする人はどういった人でしょうか。属性を考えると、通常の銀行カードローンあるいは、消費者金融カードローンの審査に落ちた人ということが浮かびます。また、高額融資を狙っている人という人物像を思い浮かべる人もいるでしょう。

検索ワードが「担保 融資」ということになると、普通の人では融資という言葉を使いませんから、事業性の高い資金が必要で、家を担保にしたら借りやすいのでは?と考えて検索している人も、少なくないということが言えます。

高額融資となると、通常のカードローンでも500万円以上借りることができます。それでも、これだけの金額の融資を受けるとなると、銀行カードローンでは審査が厳しいでしょう。かといって、消費者金融会社のカードローンでは総量規制があるので、これだけのお金を借りようと思うと、年収は3倍の1500万円ないと借りることができません。

そもそも、これだけの年収があって、カードローンで500万円を借りなければいけないというのは、相当な理由ということになります。ですから、債務者としては、借りやすい形でローンの申し込みをしたほうがいいのです。

連帯保証人を付けるという方法がありますが、不動産担保ローンでしたら、保証人を付ける必要がありません。とにかく保証人という話になれば、人間関係がぎくしゃくしがちになります。それはたとえ身内であっても同じことが言えるのです。

なので、債務者の立場としては、保証人を立てるよりも、自らの責任だけとなる不動産担保ローンを選ぶのが一番ということになるわけです。これは、たとえ事業者ローンでも一緒です。事業者ローンが事業主にとってみれば、そのままのローンになるので借りやすいと考えるでしょう。しかし、事業者ローンでは担保設定がないものが多いのです。

また、カードローンでは事業性の高い融資には応じられないスタンスの消費者金融会社もあります。使途自由がカードローンの売りでありながら、運転資金などの事業性の高い使途については、融資に対して渋い顔をするというわけですね。

金融業者としては高額融資をしたい

金融業者の立場から考えると、不動産担保ローンというのは、どういった位置づけになるのでしょうか。まず第一に、貸し倒れの心配がないのが一番のメリットと言えるでしょう。不動産という、評価の定まったものが担保に入っているのですから、当然です。

不動産評価額は念入りにチェックしなくてはいけませんが、評価額が1000万円だとしたら、それをそのまま融資することはありません。評価額の6割あるいは、7割が融資額の相場となっているので、この場合は600万円から700万円の融資でよいわけです。

返済不能となった場合は、返済までの金額を差し引いて、当然不動産も売却して現金に換える必要がありますが、差額は債務者に支払われることになります。債務者としても数百万円の戻りがあれば、そこから再起を期すことができるのです。

家と土地は失いますが、家財道具一式はそのままの財産として残ります。引っ越し費用が大変かもしれませんが、それは差額の戻りでまかなうことができるでしょう。

不動産を担保にするメリットはどういったところ?


家を担保にする場合、融資を受けるメリットは、もしも返済不能になったら家と土地を手放すだけで済むということです。それはメリットでもありデメリットでもあるのですが、それを納得して借りているのですから、返済不能になったら手放さなくてはいけないのは、家や土地を担保に入れた時からわかっていることです。

ですから、それは仕方のないことでしょう。そして、家や土地を手放したくないから、必死で金融業者へのローン返済に励むことになるのです。

不動産担保ローンの利用者は、デメリットのほうが多いと考えられがちですが、そうでもありません。というのも、属性がそれほど高くなくても、不動産があるということで融資を受けることが可能だからです。土地建物があるということは、それだけで大きなメリットとなるのです。

会社経営をしている人が、そのまま社有財産を担保に入れて融資を受けていることもあります。事業性の高いローンとなりますが、特に不動産担保ローンだからといって使途は自由なのです。前述していますが、多重債務を解消するために不動産担保ローンを活用してもいいわけです。特に多重債務者となると、行き着く先は債務整理か自己破産ということになります。

自己破産の場合は、土地や建物を手放さなくてはいけません。つまりは、これも担保に入れているのと同じ状況が自己破産の場合は訪れるわけです。それが嫌だから、債務整理を多くの人は選択するというわけですね。

不動産担保ローンの契約者は、会社経営をしているといった経営者が多い傾向にあります。借金も新規登録で申し込んでいるという人も多いでしょう。将来の年金を担保にするといった人もいます。ビジネスローンという選択肢もあるのですが、その場合は保証人を立てなくてはいけない場合もあるので、保証人のあてがなければビジネスローンの道もなくなると考えていいでしょう。

確実な返済計画を立てること大切

高齢者が、お金が必要になったらどうしたらいいでしょうか。老後資金にと用意していた自宅を担保にお金を借りることをリバースモーゲージと呼んでいます。さらに、考えを発展させて、これから住もうとしている自宅を担保にすることも含まれているのです。これは住宅ローンが残っている場合も、想定してもいいでしょう。

いずれにしても、家や土地を担保にするというのは、かなりリスクの高いものであるのは間違いありません。しかし、多重債務に陥っていて、これ以上お金を借りることができないとなると、最後に考えなくてはいけないのが、不動産担保ローンあるいはリバースモーゲージなのです。将来的に持ち家を手放さなくてはいけないことも想定して、確実な返済計画を立てるようにしなくてはいけないのです。

家を手放したくないけど仕方がない


不動産担保ローンあるいは、リバースモーゲージでは家や建物を担保に入れなくてはいけません。まかり間違えば、住まいを土地ごと失いかねないリスクの高いものです。

しかし、借りたお金は返さなくてはいけないのが原則ですから、それに則って考えれば、返済が絶対条件であることで融資を受けることができるのですから、これは大きなメリットと考えてもいいでしょう。抵当権者も、債権者である銀行や消費者金融会社に譲ってしまうことになりますが、完済すれば抵当権を再び取り戻すことができます。

家を担保にすると、通常のカードローンよりも借入可能額はかなり高くなります。当然のことですが、消費者金融会社のカードローンに適用される総量規制は、不動産担保ローンには適用されません。ですから、不動産の評価額の、総額の6割程度の融資を受けることが可能となるのです。

担保設定をするということで、不動産確認書類が必要になります。現在地価で評価額が計算されるので、その土地を購入したときの価格とは増減があるのが基本です。

不動産担保ローンの資金使途は、自由となっています。おまとめローンにすると、多重債務の解消になるのですがメリットはそれだけですから、多くの場合は他の使途にしたほうがモチベーションとしては上がるでしょう。

多くの場合、事業資金として利用する会社経営者か、個人事業主が多く不動産担保ローンを利用する傾向にあるようです。成功すれば楽に返済できますし、失敗すれば不動産を失います。しかし、不動産を失うだけで済むので、それをメリットとする人もいます。

ですが、会社の財産を担保にしている場合、返済不能になってしまうと会社そのものを失ってしまうことになります。そういったところがリスキーになってしまうのですが、反対に後が無いということでモチベーションが上がり、きちんと返済できるものかもしれません。

連帯保証人となると、保証人に迷惑をかけてしまいます。その点、自宅を担保にするというのは自分だけに迷惑をかける、あるいは家族だけということになるので、迷惑をかける人を最小限に抑えることができます。もっとも、会社の財産を担保設定することは、従業員も迷惑が掛かるということを忘れてはいけません。

不動産担保ローンは財産の価値を算定しなくてはいけないので、融資までに時間がかかります。それまでは返済があれば、それもきっちり返済するようにしましょう。返済が滞っていれば、そこを突かれて融資を受けることができなくなってしまう恐れがあります。

また、返済の遅延はかなり厳しいかもしれません。しかしながら、通常のカードローンでも3回あるいは3ヵ月滞納すると法的手段に取られるのが普通です。不動産担保ローンの場合は、抵当権がすでに債権者に移っているので、すぐに処分ということになりかねません。その点にも注意が必要です。

-不動産担保ローン
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.