事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン 審査落ち

評価額がそんなに低い?希望額が借りられない

更新日:

評価額がそんなに低い?希望額が借りられない

不動産担保ローンでは審査が必ずあります。良い言葉で言えば、担保があることで審査は通りやすい可能性があります。特に銀行などでは、無担保のローンと比較しても審査内容は大きく違います。反対に、価値のない不動産担保であれば簡単に審査は落ちます。

また、いくら担保があったとしても、本人に返済能力がないと契約はできないです。不動産担保ローンの審査落ちでは、担保価値と返済能力が大きく関係します。

金融商品の本当の意味

申込者は、資金調達のために不動産担保ローンを持ってきます。銀行も金融業者も審査では、お金を貸す=利息収入が増えて完済が大原則です。お金を貸す損失とともに、返済額が大きくなるにつれて、返済リスクも高くなります。その時に不動産担保が有ることで、無担保ローンよりはいくらかリスクは減少します。

不動産担保ローンでは、金融業者も損をしない程度の限度額、評価額を下げる傾向にあり、貸し倒れのない契約に持ち込みます。

審査で確認すること

担保価値のことは、不動産担保ローンで大きな審査でも大きな範囲を占めます。希望額に対しての担保価値の大きさです。1億円の担保価値に対して、100万円の借入なら難なく借りれるでしょう。

信用情報を関係ないとした場合、担保価値が高いほど審査は甘くなります。もちろん返済能力は必要ですが、余裕のある不動産の提供が不動産担保ローンでは大切です。もし、評価額が低い場合の希望額はできるだけ下げることです。

銀行系は特にチェックが厳しい

貸金では不動産担保ローンであっても、審査は厳しいです。減額での借入しかできないこともあり、銀行融資を期待するのなら担保価値と希望額の比率はかけ離れるほど良いです。1億円の不動産に対しての5000万円の借入と500万円の借入では、審査は違います。

不動産担保の価値の見直し

評価額に対して借りれるのが最大7割です。そこに信用情報などが審査で加わり、最終的には5割程度になります。また、この評価額が市場の内容ではなく、銀行で定めたものなら低くなる傾向にあります。いくらで売れるか?そんなことではなく、完済ができないとき金融業者が損をしない程度にすると言われています。

時価を見極めること

高い希望の申し込みはしないことです。融資額に関しては調べようがないので、最初から低くされると予想して申し込みをすることです。今は高いから、ずいぶん借りれると見込んだ場合、審査落ちしてしまうことは多いです。

銀行も金融業者も評価額に関しては、厳しい数字をつけるのが不動産担保ローンです。考えている以上に借りられないというのが口コミで多いです。

-不動産担保ローン, 審査落ち
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.