事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン 不動産担保ローン口コミ

不動産担保ローン 口コミ

更新日:

不動産担保ローンはメリットが多い?

融資の形として、不動産を担保とする不動産担保ローンがあります。銀行だけではなく消費者金融などでもキャッシングの形態としてはおなじみです。

お金を借りる方法では、消費者金融ではなく銀行が先に不動産を担保にしてお金を貸すのが一般的でした。ローンとは言わず、融資と言えば担保がなければならない時代の話しです。

不動産担保ローンとカードローンの違い

今では、キャッシングと言えばカードローンです。銀行系のカードローンは、限度額が700万円と大口融資が可能です。それも無担保、保証人不要で申込者の信用情報だけ貸し付けることが多いです。ところが、それだけの返済ができる収入がある方限定の話しであり、年収300万円程度の方が700万円など、年収以上のカードローンの利用限度額設定は不可能です。

消費者金融になると、総量規制で限度額は年収3分の一になっています。カードローンは限界のある内容です。ところが、不動産担保ローンは違います。消費者金融でも総量規制対象外として、担保のあるローンとして契約内容も審査も変わります。現在も銀行を中心に取扱をしている金融商品ですが、商品概要は差し出す不動産に応じて限度額が変わり、カードローンよりも低金利なのが特徴です。

住宅ローン返済中でも対応

銀行と違い、消費者金融や不動産担保ローン専門業者では、返済中の不動産も担保物件になります。当然限度額は、自身が返済した中になりますし、条件もあります。

しかし、どうしても資金がほしい、カードローンなどが利用できないなどの理由のときには、返済している不動産も担保物件として差し出すことができるなど、臨機応変なキャッシングが可能になっています。

手続きは少し面倒

申込はインターネットから行う事ができますが、その後抵当権の書き換えなどで手続が多いです。手数料も関係してカードローンのように即日融資などはできませんが、それでも総量規制以上のキャッシングができたり、低金利などで返済も楽です。完済してしまえば、抵当権も戻りますし資金作りには最適な方法です。

主に事業者向けとされてきた不動産担保ローンですが、最近では個人向けとして、気軽に申込ができます。融資実施まで、銀行などでは時間がかかりますが、消費者金融や専門業者では、即日や数日で審査回答も可能です。

どうしても不動産担保ローンでなければならないという方にとっては、カードローン以上のメリットもあると言います。口コミでも評判になっていますが、業者によって金利はいろいろです。銀行系が低金利ですが、それ以外の利用では基準金利などをよく確認して下さい。

事業資金調達には最適

不動産担保ローンといえば、事業資金調達方法として金融機関で提供している場合が多いです。資金ショートの対処、銀行からの融資までのつなぎ資金、ファクタリングとの兼ね合い、単純な資金くれのためなど、経営者にとっては事業資金作りの一助として、不動産担保ローンの利用は念頭にあることが多いです。

たとえ、カードローンやキャッシングが難しい個人事業主にしても、不動産担保ローンができれば心強い資金として事業展開の役に立ちます。

不動産担保ローンのメリット

基本的には借金です。しかし、最悪支払いができないときには、不動産を失うことで、自身が傷つかないことが大きなメリットです。家がなくなることは大きなリスクですが、カードローンなどのように返済額に追われて、債務整理をしなくてはならないことはないです。

言い換えれば、最初から支払いができないと不動産は没収という契約でのローンですから、リスクを背負っていることは確かです。融資商品として担保がある場合は、その時点でリスクをおっています。それを承知の不動産担保ローンですから、返済さえしていれば良いわけです。

長期借入ができ、無担保ローンと比較をしても低金利です。銀行なり、消費者金融でも担保があることで、安心してお金を貸すことができるので、審査も比較的甘いです。資金調達の内容も評価額からの計算で、消費者金融の総量規制とか銀行のキャッシング限度が以上の借入も可能でしょう。

したがって、低金利で審査が甘め、そして借入額も大きいのなら、カードローンより不動産担保ローンでゆっくり借りて返済していくと考えるのもありです。

事業資金では最適な方法

事業資金というと、ビジネスローンがあります。個人向けと違い、ビジネスローンも限度額は大きいです。しかし、金利が高いため、銀行融資のように返済が楽ではないでしょう。

そこで、不動産担保ローンであれば銀行融資よりは金利は高いですが、ビジネスローンよりも返済は少ないです。口コミでも、個人事業主などでビジネスローンに行くのなら、不動産担保ローンを検討したほうがよいと言われています。本人名義ではなく、他人の不動産でも同意があれば契約ができるなどの臨機応変の部分もお勧めの理由です。

金融機関としても、ビジネスローンより審査内容も甘くするのは担保があるからです。できれば、銀行の不動産担保ローンが低金利ですし、東京スター銀行などでは人気の商品になっています。資金調達プロなどでも優良業者の紹介があり、事業資金調達方法としてはてっとり早いでしょう。ネット銀行の住信SBIネット銀行、楽天銀行、オリックス銀行などでも取扱をしています。

総合マネージメントサービスの不動産担保ローン

株式会社総合マネージメントサービスは、ノンバンクの不動産担保ローンでは人気です。15年の歴史がある企業で、個人向け・法人向けの不動産担保ローンや売買なども手がける企業です。

よい口コミは多数

最高5億円の高額借入ができます。この時点で、事業資金としては設備投資などの費用捻出が可能になることでしょう。資金調達プロでも紹介していますが、即日融資が3000万円までというのも心強い存在です。

低金利では最高でも10%を切る低金利は、ノンバンクとしては最高の金融機関です。担保制限も緩めで、審査が通りやすいと口コミでも評判です。どのような不動産でも原則対応で、ネットで申込が簡単にできます。そして、住宅ローン返済中であっても、何位の抵当権でも対応してくれます。

最長35年間ローンもできます。商品概要としてはかなり魅力的です。会社的にも大きいですし、事業者としては、つなぎ資金、資金ショートのための一時金のためのローンとしても使えます。

銀行系の審査にはなかなか通らない方、ノンバンクで比較的低金利の不動産担保ローンとしては、お勧めで、事業者や経営者の間では有名です。個人事業主も安心して利用できます。

最もお勧めポイント

株式会社総合マネージメントサービスでは、借入額のアップが期待できます。融資金額で、不動産担保ローンは市場価格の7割程度だといわれています。

ただし、総合マネージメントサービスでは、プラスアルファができます。掛け目が100%の明記では、他の不動産担保ローンにはない魅力です。単純に、他社不動産担保ローンの1.3~1.5倍の資金調達ができると口コミでも言われています。返済も苦しければ長期にすることで、経営のための資金作りとして持ってこいの条件が揃っています。

気になる審査

不動産売買などを手がけることで、評価額が正確です。そして、自社売却が可能なため、審査内容も柔軟です。売却回収でのマージンがありませんから、ギリギリまでの融資が実現しているのです。

担保内容も基本的には評価額が付けばOKで、他社で断られた悪条件の担保でも不動産担保ローンの対象になると評判です。ですから、審査内容も断然甘いといえます。事業資金だけではなく、個人向け不動産担保ローンとしても同じです。

金融機関では難しいとされる審査判断のハードルが下がり、なおかつ低金利での利用ができるということであれば、ノンバンクならここに決まりです。資金融資にも余裕ができますし、商品としては魅力です。会社の規模が大きいだけに、借入する方としても安心です。審査も融資のスピードが多くの口コミでも好評です。

東京スター銀行の不動産担保ローン

不動産担保ローンと言うと、最近では銀行でも力を入れています。メガバンクだけてはなく、ネット銀行の台頭が目立ちますが、不動産関係は東京スター銀行が強いです。審査期間は長いですが、審査に通ればほぼ銀行融資並の低金利です。

事業資金はNG

最高1億円と言うのは個人としては大きいですが、事業資金としては低い方でしょう。経営者にとっては苦しい選択ですが、事業資金は対象外になります。

ただし、個人事業主の利用は事業目的以外では可能で、年収が200万円以上の個人向けローンとしての商品ですが、まとめローンとして利用している方も多いです。ですが、審査内容としては、銀行カードローン同様に銀行のガッチリとした内容になります。ブラックなどは原則審査落ちであり、これはネット銀行等も同じです。

銀行系金融機関の不動産担保ローンでは、住宅ローン返済中の不動産担保ローンはなかなかできないですし、信用情報なども細かくチェックされます。まとめローンとして使用できるのですが、延滞がなく、比較的余裕の返済をしていることが条件になります。

やっぱり銀行は厳しい

それでも、フリーローンでの借入よりも不動産担保がある分審査は柔軟になります。

東京スター銀行では、10%を越える金利はなく、変動・固定金利でも現在は3%以下という水準です。審査が通れば、多重債務者などはとにかく魅力的な内容といえますが、そのためには、延滞なしの信用情報に徹底することです。

事務手数料は10万円ほどかかりますが、低金利でのローンであり、審査に通れば何よりでしょう。まとめローンとして利用する方がとても多いですが、審査は厳しい、特にノンバンクと比較をしてしまうと、雲泥の差です。

返済額の圧縮ができた

東京スター銀行の口コミでは、多重債務者などが多く利用しています。カードローンなどと比較をしても金利差が10%以上というのは魅力です。

このまま行くと債務整理しかないと思っていたけれど、東京スター銀行の不動産担保ローンですべて完済ができたので良かったという内容の口コミはとても多いです。返済総額が大きく減額でき、ブラックリストにならない、債務整理も必要ない、など口コミでは好評です。

ただ、カンタンには審査に通らないので覚悟。多重債務者で債務整理しなければならないブラックなどは、東京スター銀行の不動産担保ローン審査はちょっとむずかしいとの見解です。銀行だから、審査は厳しいとは予想されるのですが。

個人向け不動産担保ローンは事業資金には使えない

不動産担保ローンでは、個人向けと法人向けがあります。銀行などの金融機関などでは、ノンバンクと比較をして減額額が小さな内容になっています。

個人を対象にして、事業資金として使えない場合が多いですが、低金利なだけに残念です。銀行融資や国の融資制度が使えない場合、他の不動産担保ローンに行くしかないのですが、金利で銀行と比較をすると高めなのが難です。

カードローンを利用するのなら

最初からお金を借りる手段として、不動産担保ローンを選択するのもありです。審査は甘めで低金利が理由です。カードローンなどは簡単申込などで宣伝していますが、何と言っても金利が高い。ノンバンクの不動産担保ローンの方がずっと低金利です。

最初の手数料はかかりますが、高額融資が期待でき、その上低金利なら、総返済額も変わります。長い目でみたら、高い金利のカードローンキャッシングよりも不動産担保ローンがずっとお得です。ノンバンクでも低金利設定になっています。

また、ブラックではない時点の多重債務者は、楽天銀行やオリックス銀行、住信SBIネット銀行などのネット銀行も狙い目です。もともと店舗がないことで、インターネットで簡単に申し込むことができます。

そして、絶対にブラックではないと自負があれば、不動産担保ローンは東京スター銀行が断然お得です。更新日の確認が必要ですが、変動金利も固定金利でも2%台の不動産担保ローンは魅力です。最高でも10%を越えることはありません。

投資家なども利用

ただし、投資家の場合、大きく儲けるか大損してしまうことが考えられます。カードローンなら自己破産で終わりますが、不動産担保ローンでは不動産を失うリスクは高いです。返済できるのであれば低金利が魅力ですが、投資に運用をするのなら簡単に不動産担保ローンでの資金作りは危険かもしれません。

あくまでも返済目的での借入が理想でしょう。それでも低金利は魅力。無理のない返済計画が立てられる範囲が妥当です。

保証人不要で使途は自由

個人向けの不動産担保ローンでは何に使ってもよいのですが、事業資金に使うことができない場合があります。融資条件としては、この部分が許容されるかで借り方も変わりますが、個人向けスピード審査とか、資金使途で事業性はNGであればできない相談です。

ノンバンクの専門業者などの利用をお勧めします。こちらも現在は審査が早く、即日融資にも対応しているところが多いです。ちなみに、ブラックでも借りれる中小消費者金融などでも不動産担保ローンはあります。多分甘い審査で借入ができますが、金利は高いです。

-不動産担保ローン, 不動産担保ローン口コミ
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.