事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

不動産担保ローン

更新日:

この記事の目次

不動産担保ローンのおすすめ銀行はどこ?

銀行の不動産担保ローンをご利用したいけれど、どこがいいのかわからない。そんな方の為に、不動産担保ローンのおすすめ銀行やポイントなどをまとめてみました。

不動産担保ローンに慎重さを感じたい方は銀行がオススメ

不動産担保ローンというのは様々な金融機関で取り扱っておりますが、初めてのローンで不安があるのであれば銀行系の不動産担保ローンがオススメとなります。

銀行はノンバンク系の不動産担保ローンと審査の方式が違いますので、多少審査は厳しい傾向があります。しかし、銀行の不動産担保ローンの審査に通った場合は、しっかりとした方と認定されたのも同然です。まずは銀行の不動産担保ローンの審査を受けてみる事を、オススメします。

オススメ不動産担保ローン 東京スター銀行 スター不動産担保ローン

事業性資金以外であればどのような使用用途でもOK

個人向けの不動産担保ローンであり、事業性資金以外の使用等とであればプライベート資金に使う事も出来る便利なローンです。

上限金利が安い

上限金利が8.65%とかなりお安いので、借り換えやおまとめローンでご利用される方も大変多くいらっしゃいます。支払い金額を少なく抑える事ができますので、大変合理的な不動産担保ローンとなります。

変動金利と固定金利が選べる

住宅金融公庫のローンのように、変動金利と固定金利のどちらかお好きな方を選ぶ事が出来ます。不動産担保ローンは金利の形態が決まっている物も多いので、選べる不動産担保ローンというのは大変珍しいといえます。

審査スピードが早い

審査スピードは1週間程度ですので、それほど待たずに融資を受ける事ができます。

全国規模ですのでどなたでもご利用出来る

東京スター銀行という名称ですが、申し込み可能エリアは全国ですので、全国どちらにお住まいの方でもご利用が可能となります。

年収200万円以上でご利用OK

年収は200万円以上であれば審査の対象となりますので、ほとんどの方が審査の対象になるといえます。

オススメ不動産担保ローン 住信SBIネット銀行 不動産担保ローン

お借入金額の上限が1億円

なんと、お借入金額の上限が1億円という、大きなお金を手にする事も可能な不動産担保ローンです。大きな不動産をお持ちで多くの費用が必要な場合は、とてもオススメの不動産担保ローンです。

事業性資金以外であれば資金使途は自由

事業性資金を除けば、資金の使途は自由となります。あらゆる費用のプラスとする事が出来ますので、大変柔軟性がある不動産担保ローンです。

担保物件がローン支払い中であってもOK

担保とする不動産物件は、住宅ローンなどのローン支払い中であってもOKです。第2順位以下の抵当物件でも可能ですので、ローン支払い中のご自宅でも担保可能となります。

借入期間が最長25年と長い

借入期間は、なんと最長25年の長さです。その為、高額を借入れしても楽に返済が可能となります。

最高金利お安い

最高金利が8.9%とお安いので、支払い送金額を少なくする事が出来ます。

手続きの全てがほぼネットのみでOK

お申し込みから融資までの手続きが、ほぼネットのみでOKとなります。その為、早い手続きでお申し込みから融資までとする事が出来ます。お忙しい方でも店舗に出向く事無く手続きを完了できますので、とても便利です。

オススメ不動産担保ローン オリックス銀行 不動産担保ローン

最高200,000,000円までの融資

最高2億円までの融資を受ける事ができますので、大きな金額の借り入れが必要な方にオススメな不動産担保ローンです。

金利がとても安い

オリックス銀行の不動産担保ローンは3つの種類がありますが、どれも3%台の低金利となっております。他の不動産担保ローンと比べると破格の金利ですので、少ない支払金額でご利用が可能となります。

固定金利と変動金利の2つから選ぶ事が出来る

3年固定金利特約型、5年固定金利特約型、変動金利型の3つの金利形態から選ぶ事が出来ます。固定金利も2つの種類がございますので、ご自分のニーズに合わせて選ぶ事が可能となります。

担保提供不動産の場所が限定される

担保提供不動産の所在地は、首都圏、近畿圏、名古屋市、福岡市の居住用不動産に限ります。

借入期間が35年と長い

借入期間は最高35年であり、とても長いのが大きな特徴です。住宅金融公庫並みに長いので、多く借入れしても返済に困りません。

いかがでしたでしょうか。
この3つの銀行の不動産担保ローンは、あらゆるメリットがたくさんありますのでオススメです。銀行の不動産担保ローンは審査が厳しいので誰でもご利用出来るローンではありませんが、気になる場合はチャレンジしてみると良いでしょう。不安な場合は、事前に銀行にお問い合わせをしてご相談をすると良いでしょう。

不動産担保ローンをご利用する前に知っておくべきポイント

不動産をお持ちの方で資金繰りに厳しくなったら、不動産担保ローンがオススメとなります。不動産担保ローンを扱っている金融機関は大変多くあり、その金融機関により内容は異なります。どこも同じ条件ではありませんので、どうせご利用するのであれば内容が良い不動産担保ローンをご利用するべきです。

不動産担保ローンをご利用する際に目を向けるべきポイントを、ご紹介致します。

不動産担保ローンとはどのようなローンなのか

不動産担保ローンというのは、その名の通り不動産を担保として金融機関からお金をお借りするローンです。不動産をお持ちの方であれば、素の不動産を担保として融資を受ける事ができるのです。その為、不動産さえお持ちであれば、どなたでも融資の対象となります。

借入れ出来る金額は、担保とする不動産の価値によります。したがって、不動産の価値が高ければ高い程、多くの費用の融資を受ける事ができるのです。

なぜ不動産担保ローンというローンが存在するのか

一般的なローンもあるのに、なぜ不動産担保ローンというローンが存在するのか、不思議に思われる方も多いと思います。

不動産担保ローンというローンが存在する理由は、不動産を担保とするゆえに受ける事ができるメリットが多いローンだからです。その為、不動産を担保として不動産担保ローンをご利用されている方は非常に多くいらっしゃいます。

個人向けなのか法人向けなのかを確認する

不動産担保ローンには、個人向けの商品と法人向けの商品の2つのパターンがございます。ご利用の用途によっては、どちらが良いのかが問われますので、慎重に選ぶようにしましょう。

個人向けの不動産担保ローン

使途は自由であり、プライベートな資金にご利用が可能です。なお、事業性資金には使う事ができない場合が多くあります。

法人、個人事業主向けの不動産担保ローン

事業性資金としてご利用が可能であり、資金使途が自由となります。

不動産担保ローンは金利がお安い

不動産担保ローンは、金利がお安いのが大きなポイントとなります。一般的な無担保ローンは担保を設定しない変わりに、高い金利でお金を貸します。一般的な無担保ローンは上限金利が15%以上が大半なのに対し、不動産担保ローンの多くは上限金利が3~8%程度です。

不動産担保ローンはお持ちの不動産を担保としてお金を借りるので、万が一返済が滞ってしまっても担保とした不動産で返済が可能となります。その為、低い金利設定で融資が可能となるのです。

担保となる不動産の評価とは

不動産担保ローンは、担保とする不動産の価値の評価により融資金額が決まります。融資金額は、不動産の評価額の6~7割程度となっております。1,000万円の評価の不動産であれば、600~700万円程度の融資額となるという事となります。価値の高い不動産を担保とすれば、多くの融資を受ける事ができるという事です。

融資金額の上限は金融機関によりマチマチ

担保とした不動産の価値により融資額が決まりますが、もちろん各金融機関では湧水金額の上限を設けております。融資金額の上限は金融機関によりマチマチですが、多い金融機関で3億円という場合もございます。とても価値の高い不動産を担保とする場合は、融資金額の上限が高い金融機関の不動産担保ローンをご利用するようにしましょう。

担保は自分名義じゃない不動産でもOKな場合もある

金融機関によりますが、担保とする不動産はご自分の名義の物じゃなくてもOKな場合もあります。ご家族や親族の不動産でもOKな場合がありますので、ご自分所有以外の不動産を担保にしたい場合はそれらがOKな金融機関の不動産担保ローンをご利用するようにしましょう。

なお、ご自分以外の不動産を担保とする場合は、担保とした不動産をお持ちの方の連帯保証人が必要となります。ご自分で不動産をお持ちじゃない場合はでもご利用が可能となりますので、そのような方でも検討してみる価値があります。

不動産担保ローンの使途用途に気を付けよう

不動産担保ローンには、大きく分けてこのような2つの種類があります。

事業性資金にご利用してもOKの不動産担保ローン

事業性資金にご利用してもOKの不動産担保ローンは、事業に関わる資金にご利用しても構いません。銀行や消費者金融のカードローンは事業性資金には使う事ができませんので、事業性資金にご利用されたい方は事業性資金OKの不動産担保ローンをご利用しましょう。

事業性資金以外の使途用途OKの不動産担保ローン

不動産担保ローンは、事業性資金の使用用途NGの商品が多くあります。事業性資金の使用NGの不動産担保ローンは、事業性資金として融資金を使う事は出来ません。事業性資金以外の使途用途はOKの場合は、身近な資金にご利用が可能となります。

このような使途等、どのような使い方でも構いません。

  • 自動車の購入
  • 学資資金
  • リフォーム
  • 不動産購入
  • 住宅の購入
  • 医療費

など、事業性資金以外であればどのような使い方をしてもOKです。

また、事業性資金にご利用がOKな場合は、これらの費用にも充てる事ができます。

  • 起業資金
  • 運転資金
  • 設備資金
  • 仕入れ資金
  • つなぎ資金
  • 納税資金
  • 融資の返済資金
  • 新規事業資金
  • 不動産投資の資金

など、事業にかかる費用であればご利用が可能となります。事業性資金OKの場合は必ず記載されておりますので、注意してチェックするようにしましょう。

不動産担保ローンは大きく分けて2つの金融機関にわかれる

不動産担保ローンは、大きく分けてこの2つの金融機関にわけられます。

銀行系の不動産担保ローン

銀行系不動産担保ローンは、銀行独自の審査内容となりますので、審査は厳しくなってしまいます。審査が厳しい分、金利はお安いのでお得にご利用出来ます。

ノンバンク系の不動産担保ローン

銀行系の不動産担保ローンと比べると金利はお高いですが、審査が柔軟なのは大きなメリットとなります。

審査に不安な方は、ノンバンク系の不動産担保ローンがオススメとなります。金融機関によっては即日融資も可能ですので、お急ぎの方にオススメです。

事務手数料の内容をチェックしよう

不動産担保ローンのデメリットとしては、様々な手数料がかかるという事です。これらの手数料は各金融機関によりマチマチであり、お高い金融機関やお安い金融機関もございます。ご利用するのであれば、事務手数料の少ない不動産担保ローンの方がオススメとなります。

例えば、事務手数料が0円の不動産担保ローンもございます。さらに、融資金額の3%となる、事務手数料の不動産担保ローンもございます。

融資金額の3%は少ない金額と思われるかもしれませんが、1,000万円の融資の場合は30万円の事務手数料となってしまいます。0円の事務手数料の不動産担保ローンとは雲泥の差となってしまいますので、チェックして選ぶようにしましょう。

不動産担保ローンは審査が通らないケースはほとんどない

不動産担保ローンの審査は、ほとんど通らないケースはないと言われております。不動産に対する価値とお申し込みされるご本人や、法人への審査となります。なので、Wの信用度となり審査が通らないという事はほぼありません。

  • 20歳以上であればOK
  • 転職して間もない方でもOK
  • 起業して間もない場合でもOK
  • 赤字決済の企業でもOK
  • 債務超過の企業でもOK
  • 収入が少ない個人や法人でもOK

このように、一般的なローンでは敬遠される条件の方であっても、問題なく審査が通ります。不動産さえ持っていれば、ほぼどなたでも融資を受ける事ができます。

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンといっても、このように様々な内容となっております。商品により内容は様々となりますので、細かくチェックしてご利用するようにしましょう。じっくり検討して選ぶ事で、お得に快適なローンとする事が出来ます。

不動産担保ローンのメリットとデメリット|不動産担保ローンを知ろう

不動産担保ローンは、なぜ皆さんがご利用するのでしょうか。それは、不動産担保ローンが持っている多くのメリットによる影響です。どのようなメリットがあるのか、不動産担保ローンのメリットをご紹介致します。また、良い物を採用する為にはデメリットも大切ですので、デメリットも後半にご紹介致します。

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンのメリットは、これらが挙げられます。

金利が低い

様々なローンと比べると、金利がお安いのが最大のメリットといえます。不動産担保ローンは低い金融機関で3%程度、高い金融機関でも8%程度となります。一般的な無担保ローンと比べると半分程度ですので、少ない金利でのご利用とする事が出来ます。金利が低いので、おまとめローンや借換えにご利用される方もいらっしゃいます。

借入額が大きい

最大憶の単位での借り入れが可能となりますので、より価値の高い不動産を担保とすると大きな金額の借り入れとする事が出来ます。不動産の価値プラス借入者の信用力をプラスし審査となりますので、信用力がより高まり大きな額の融資を受ける事が可能となります。億単位の資金の借り入れが可能という事で、不動産投資でレバレッジを生かしたい方などに公表です。

審査が通過しやすい

一般的な無担保ローンの場合、個人に対し様々な角度から審査を行います。よって、どうしても審査が厳しくなってしまい、時間もかかってしまいます。

不動産担保ローンの場合不動産が担保となっておりますので、不動産に対する審査をすればよいだけですので、余程不動産に価値が無かったりご自身の借り入れ件数が多すぎない限り、審査が通る可能性が高くなります。また、審査のチェック項目も少ないので、短い期間での審査とする事も出来ます。その為、中には即日融資の不動産担保ローンもございます。

保証人が不要

不動産担保ローンは、不動産を担保とする物上保証人となりますので、人的保証の保証人は不要となります。第三者の保証人の設定をしなくてよいので、快適にご利用出来ます。

借入期間が長い

不動産担保ローンは、借入期間が長いのが大きなポイントです。金融機関により事なりますが、10年や20年、25年、30年、35年の返済期間の設定となっております。長い返済期間となっておりますので、多くの費用の融資を受けても返済に困る事がありません。

使途用途が自由

使用用途が限られるのは事業性資金程度であり、ほとんどの不動産担保ローンの場合資金使途が自由となっております。事業性資金利用可能な場合はその旨記載がありますので、チェックしてみると良いでしょう。

不動産担保ローンのデメリット

不動産担保ローンのデメリットは、これらが挙げられます。

第三者に不動産担保ローンのご利用がわかってしまう

不動産担保ローンでは、抵当権設定により登記簿に借入れの情報を記載します。その為、登記簿を閲覧すれば、第三者に不動産担保ローンのご利用がバレてしまいます。

不動産担保の価値によっては追加担保が必要となる場合がある

担保とする不動産は、情勢や年月により価格が下落していきます。本来の担保設定よりも大幅に価値が低くなってしまった場合、追加担保を要求される事もあります。不動産というのは価格の流動性がありますので、このような状態が発生してしまう事もあります。

返済が滞ったら担保の不動産を失ってしまう

当然の事ですが、返済が滞ってしまった場合は担保とした不動産を失ってしまいます。ご自宅を担保設定としている場合は、返済が滞る事により住まいを失ってしまいますので、要注意です。

担保とした不動産が担保割れ状態になった場合差額の返済が発生する

担保とした不動産の価値が契約時より下落してしまった場合、融資額と不動産の価値が合わなくなってしまった場合、融資額と現状の不動産価値のとの差額を支払わなければいけない場合があります。

手数料が多くかかる

不動産担保ローンは、事務手数料や不動産鑑定費用、印紙代などの手数料がかかります。その手数料は意外と多く、数十万となってしまいます。

低金利で不動産担保融資を受ける事ができても、融資金額によっては得とならない場合がありますので、要注意です。不動産担保ローンで融資出来る金額とその他のローンを比較し、どちらが有利なのかを考えてからご利用する事をオススメします。

お申し込みから融資決定まで最低でも数日かかる

不動産担保のチェック等がありますので、お申込みから審査まで最低でも数日かかります。

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンが人気があるのは、このようなメリットがあるからです。無担保ローンは担保が必要ないので良いように思えますが、不動産担保ローンには無担保ローンには無いメリットが満載です。しかし、デメリットも生じてしまいます。メリットもデメリットもしっかりと見極めて、不動産担保ローンのご利用を十分に検討するようにしましょう。

不動産担保ローンは金利の選び方がとても大事!

不動産担保ローンには、様々な金利形態があります。各金融機関により不動産担保ローンの金利形態は違いますので、しっかり見極めて選ばれる事をオススメします。

どのような金利となっているのか、詳しくご紹介致します。

不動産担保ローンの金利の相場とは

不動産担保ローンの金利の低さは、最大の魅力となっております。一般的な無担保ローンと比べると、かなり低い金利設定となっております。2~3%程度の低金利のものから、8%程度の金利の商品もございます。一般的なローンの上限金利は15%以上となっている場合が大半ですので、かなり低いという事が分かると思います

変動金利と固定金利がある

不動産担保ローンの金利形態は、変動金利と固定金利の2津の種類があります。金融機関により、どちらかから選ぶ事も可能な場合もございます。

変動金利と固定金利は、情勢によりどちらが適しているのかが変わります。ご利用される際の属性により判断し、適した金利体系を選ぶようにしましょう。変動金利の方が金利がお安い場合が大半ですが、後に情勢が変わり金利が高くなってしまった場合は、支払い金額が多くなってしまう事もあります。

不動産担保ローンの金利の計算方法

不動産担保ローンの金利は、年率で決まります。1年間借りた場合、このような計算方法となります。

利息=融資金額×年率÷365日×利用した日数となります。年率8%で1,000万円を100日融資した場合は、このよう利息の計算方法となります。1,000万円×8%÷365日×100日≒219,178円という利息となります。年率8%で1,000万円を100日融資した場合は、219,178円の利息が付く計算となります。

金利で不動産担保ローンを選ぶポイント

金利で不動産担保ローンを選ぶ場合は、上限金利が低い不動産担保ローンを選ぶ事です。

金利は、上限金利が低い商品の方が、最終的な支払い金額の削減に繋げる事が出来ます。下限金利にばかり目が行ってしまいがちですが、大事なのは上限金利の高さとなります。下限金利が高くても上限金利が高い方が絶対有利となりますので、目を向けるようにしましょう。

不動産担保ローンを選ぶ際は適用金利を比較する

不動産担保ローンを快適にご利用する為には、いかに金利がお安い商品を選ぶかです。その為、複数の不動産担保ローン商品を比較した上で、金利がお安い不動産担保ローンを選ぶようにしましょう。

不動産担保ローンによっては、金利の形態が全く違います。細かい部分まで見極めて、1番の不動産担保ローンを選ぶようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンというのは、いかに金利をお安くするかが大きなポイントとなります。各商品の金利を細かく比較し、納得が出来る商品を選ぶようにしましょう。

不動産担保ローンの担保はどのような物が良いのか

不動産担保ローンをご利用したけれど、どのような担保が良いのかわからないという方も、多いのではないでしょうか。そこで、不動産担保ローンの担保に適した担保というのはどのようなものなのか、詳しくご紹介をしていきます。

不動産担保ローンには担保となる不動産が必要

不動産担保ローンは、担保となる不動産が必要となります。不動産となる担保がある事で、不動産を査定してもらい融資へと導く事ができます。

担保となる不動産の価値により、借入出来る金額も変わります。不動産担保ローンは、担保となる不動産の内容により融資の内容が大きく変わります。

担保に出来る不動産とは

不動産担保ローンで担保に出来る不動産は、これらが挙げられます。

  • 土地
  • 駐車場
  • 住宅
  • アパート
  • マンション
  • ビル
  • 別荘
  • 賃貸物件

など、様々です。これらの不動産で売却が可能であれば、不動産担保ローンの担保とする事が可能となります。

不動産担保の評価額とは

不動産担保の評価額は、不動産の評価額の60~70%程度となります。不動産の評価額の満額とはなりませんので、注意しましょう。

不動産担保の審査評価は金融機関によりマチマチ

不動産担保物件の審査評価額は、金融機関によってマチマチです。同じ不動産を担保として審査をしてもらった場合、A社は2,000万円の評価額だったのに対し、B社は1,700万円の評価額となった場合もございます。

一般的には先程ご紹介した通り不動産の評価額の60~70%程度となりますが、この掛目は各金融機関により掛目のパーセンテージはマチマチとなります。2,800万円の担保評価となった場合、70%の掛目で約2,000万円となります。しかし、60%の掛目で約1,700万円となります。同じ担保物件でも、300万円もの評価額の違いが生じてしまいます。

その為、同じ不動産担保で3つ程度の金融機関に、不動産担保ローンのお申し込みをする事をオススメします。その中で、1番評価が高かった金融機関を検討してみると良いでしょう。

このような不動産は評価額が低くなってしまう

この様な不動産は評価額が低くなってしまったり、場合によっては価値が付かない場合もあります。

道路に面していない土地

建築基準法により、道路に面していない土地には建物を建てる事ができません。使い道が少ない土地ですので、売りに出しても買い手が付きにくく価値が低い物件となってしまいます。

崖地の土地

崖地の土地は、災害の際に厄介となってしまう土地となってしまいます。ですので、買い手が付きにくい場合となってしまい、価値の低い物件となってしまいます。

僻地の不動産

僻地の不動産は土地の価値が低く、その為不動産の価値も低くなってしまいます。

山奥の不動産

山奥の不動産は価値が低く、その為不動産の価値も低くなってしまいます。

著しく劣化が激しい建物

築50年以上等古民家のような著しく劣化が激しい建物の場合は、不動産の価値が低くなってしまいます。

など、素人目で見ても明らかに評価が付きにくいと思われる物件は、評価が低くなってしまいます。全く評価が付かない物件もございますので、明らかに評価が付かなく不安な物件の場合は、あらかじめ金融機関とご相談をしておくと良いでしょう。

家族や親族の不動産でも担保が可能

家族や親族等、これらの親族がお持ちの不動産でも不動産担保とする事が出来ます。

  • 配偶者
  • 実父母
  • 実兄弟姉妹
  • 親族

これらのご自分以外の親族の場合は、各金融機関により定義が違う場合がありますので、あらかじめチェックするようにしましょう。これらの親族の不動産の場合は、親族かたOKが出る場合は担保としてご利用する事ができます。

その場合、その不動産をお持ちの家族や親族に連帯保証人になってもらわなければいけません。あらかじめ了解を得て、不動産担保と設定しましょう。

ご自分以外の不動産を担保とする場合は、もし返済が滞った場合を考えて判断するようにしましょう。ご自分が返済できない事で、家族や親族の不動産が取られてしまいますので、慎重な判断が必要となります。

このような不動産でも担保と出来る場合がある

また、このような不動産であっても、担保とする事が出来る場合があります。

  • 借地権が付いた宅地の所有権(底地)
  • 建物所有を目的に他人の土地を借りている場合(借地)
  • 共有持ち分

このような不動産であっても担保と出来る場合がありますので、ご利用の金融機関に問い合わせてみると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
この様なポイントを把握しておくと、不動産とする担保についてイメージが付きやすいです。不動産次第で融資額が変わりますので、慎重に選んで設定するようにしましょう。

-不動産担保ローン
-

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.