事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

不動産担保

投稿日:

不動産担保で事業資金


事業資金にも不動産担保を利用する事ができます。新規に事業を始めようと思うと、ある程度の資金が必要になってきます。

新規事業の場合だと実績もないので、なかなか資金を融資してくれる銀行が無い場合もあります。そういった時に不動産担保で資金を得る事ができます。不動産担保を利用した事業資金の調達だと不動産自体の評価もしてくれますが、事業の評価もしてくれるので通常の不動産担保よりも余裕を持って融資してくれるケースがあるのです。

親族が亡くなって賃貸アパートと会社の経営を承継した場合、会社に債務があり賃貸アパートを利用して不動産担保で債務を返済する方法もあります。一般的な地方銀行だと融資を断られてしまう可能性もありますが、不動産担保を使えば、総合的に判断をして融資してくれる場合もあります。不動産担保を使った事業資金の調達は、総合的に判断をしてくれるので柔軟に対応してくれる事が多いです。

既に所有している不動産を売却して新しい物件の購入を検討している時、その間の資金が足りないとなったら不動産担保を利用してつなぎ融資に使うこともできます。事業を続けていると資金が足りなくなるケースもあります。そういった時のつなぎ融資に、不動産担保で事業資金を調整することもできます。

不動産担保に審査甘い所


お金を借りたいと思ったとき、一番気になるのが審査です。審査に通らなければお金を借りることができません。審査は甘いほうが良いですが、甘い審査だとキケンな会社である場合があるので注意です。審査が甘いという言い方もありますが、審査が通りやすいという考え方もあります。

不動産担保は、他のローンサービスや融資サービスと比較して審査が通りやすいと考えられています。具体的な資産を担保にしているので不動産担保は借りやすいです。もちろん、返済を適切に行わなければ担保にした不動産が無くなってしまうので、融資を受けるときは無理のない返済計画を考えることが大切です。

銀行や消費者金融会社と比較して、不動産担保を使った融資は柔軟に対応してくれるので、まずは相談してみることが大切です。中小企業の融資会社でも不動産担保を実施しているところがあります。大手の不動産担保のサービスより柔軟に対応してくれる可能性があります。

不動産担保のサービスは不動産の審査が必要になるので、場合によっては対応していないエリアもあります。地方の中小企業だと対応エリアになっている事もあるので、審査の基準も変わってきます。九州で不動産担保を検討していれば、福岡県に本店がある融資会社を検討することができますし、四国をメインに活動している中小企業の会社もあります。

ノンバンクの不動産担保ローン


不動産担保ローンは、他のローンサービスよりも用途を気にせずに審査も柔軟に対応してくれるのが特徴です。不動産担保ローン自体が柔軟なサービスなのですが、それでも融資を受けることができないケースもあります。

融資を受けることが難しい場合は、ノンバンク系の会社を検討します。不動産担保ローンに限らず銀行系よりも、ノンバンク系の会社の方が柔軟に対応してくれると言われています。ノンバンクの不動産担保ローンだと、セゾンファンデックスがあります。セゾンファンデックスはセゾングループのローン会社なので安心感があります。

不動産担保ローンは一般的に審査に時間がかかりますが、セゾンファンテックスは最短3日のスピード審査を実施します。また銀行系だと難しい案件にも柔軟に対応してくれます。セゾングループの会社なので、ある程度多めの金額も長期的な返済プランで設定してくれる場合もあります。

不動産担保ローンなので、使用目的を自由に設定できるフリーコースもありますし、リフォームや不動産購入を目的にした不動産担保ローンの検討もできます。個人事業主や法人の為の不動産担保ローンのサービスもセゾンファンデックスでは提供されているので、事業目的でも検討することができます。

銀行の不動産担保ローン


銀行でも不動産担保ローンを提供している所は多いです。大手の銀行であれば支店も全国にあるので、不動産担保ローンのサービスの対象エリアになっている所が多いです。支店も全国にあるので、気軽に窓口で相談できるのもメリットです。

銀行の不動産担保ローンはノンバンク系と比較すると、金利が低いのが特徴です。どうせ融資してもらうのであれば、金利が低い方が返済額が少なくなるのでお得です。しかし、銀行の不動産担保ローンだと審査に時間がかかったり審査に通らないケースもあります。不動産担保ローンなので、他のローンサービスと比較すると審査が通りやすい可能性もありますが、ノンバンク系と比較すると厳しい面もあります。

銀行系には2種類あり、大手の銀行だったり地方銀行などと別にネットサービスに力を入れている銀行があります。ネット専業であれば楽天銀行はインターネットサービスがメインなので、銀行のように金利が低いメリットとノンバンク系の柔軟さを持っています。

東京スター銀行も店舗展開もしていますが、ネットでのサービスに力を入れている銀行です。不動産担保ローンにも沢山のサービスがありますので比較すると面白いです。大手の銀行と比較すると都市銀行、地方銀行、信用金庫なども地域密着型の銀行だと柔軟に対応してくれるケースもあります。

不動産担保ローン 共有名義で借りれる?


不動産には共有名義というルールがあります。一般的には不動産の所有者は1人です。ただし場所によっては、共有名義で複数の人が所有者として管理する場合があります。共有名義で不動産担保ローンを検討する事は可能です。共有名義でも担保にする権利を持っていますので、自由に使うことができます。

共有名義の場合、基本的には全員の意見が一致しないと変更する事ができないルールになっています。建物の建て替えだったり売却も全員の意見の一致が前提です。不動産担保ローンで活用する場合は全員の意見を聞く必要はありません。単独で不動産担保ローンを検討する事ができます。

仮に不動産担保ローンを組んで返済ができなくなった場合、共有名義の一部が変更になります。共有名義のメンバーが入れ替わる形になります。メンバーが入れ替わっても、全員の意見の一致が前提になります。例えば親族だけで共有名義になっていたのが、不動産担保ローンの返済ができずに他人が共有名義に加わります。

不動産担保ローンに限らず、共有名義はトラブルが起きやすい可能性があります。トラブル回避の為に共有名義を専門で扱う不動産会社もあるくらいです。マンション購入や不動産の相続などで共有名義になることがありますが、ポイントは共有名義になっている方とのコミュニケーションが大切です。

-不動産担保ローン
-

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.