事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

不動産担保ローン 延滞したどうなる?

投稿日:

不動産担保ローン 延滞したどうなる?

本来であれば避けたい事ですが、不動産担保ローンを組んで延滞してしまった場合、どういったことが起こるのでしょうか。不動産担保ローンで延滞した場合は最初の手続きによって変わります。契約を結ぶ時は延滞する事を前提にはしていません。しかし、不利な設定になっている事もありますので、事前に知っておくことは大切です。

延滞した場合は延滞利息が発生するケースがあります。延滞利息は遅延損害金とも呼ばれます。延滞利息の金利は会社によって異なりますが、約定返済日の翌日から設定された年利が日割計算で設定され、支払いの費用が大きくなっていきます。

不動産担保ローン以外にもキャッシングなどで返済が難しくなった時は、任意整理をして自転車操業から脱却する方法があります。不動産担保ローンだと抵当権が債権者側にあるので、任意整理できない可能性もあります。不動産担保ローンは自由度が高いローンですが、抵当権があるのでトラブルが発生すると面倒です。

仮に返済が難しいとなった場合は、不動産が競売に入ってしまう可能性がありますが、任意売却をして自ら売却する意思を示す方法もあります。任意売却だと競売よりも多く返済が戻ってくるメリットがありますが、全体の返済が終わるわけではありませんので、どちらのしても延滞は避けたいです。

-不動産担保ローン
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.