事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

銀行の不動産担保ローンのメリットデメリット

更新日:

銀行の不動産担保ローンのメリットデメリット

資金調達の方法、例えば経営者が低金利での融資を受けたい時には、銀行を検討します。融資商品としては、担保を要する不動産担保ローン、事業に対する融資などがありますが、審査は厳しいですし審査期間も長いです。すぐに事業融資をしてほしい時、銀行は使えない場合が多いです。

銀行の魅力は低金利

審査に時間はかかりますが、返済時に低金利の商品ですから負担は小さいです。返済期間が長期に渡ることで、金利の低さは魅力ですが、即日融資などは一切ないです。

審査が厳しい、さんざん待った挙句に審査落ちでは、経営が危なくなってしまう場合があります。事業資金調達として資金ショートの場合は、ファクタリングや不動産担保ローン専門業者の存在が大きいでしょう。

専門業者の魅力はスピード

審査が早いのですが、金利は銀行と比較をすると高めです。ただし、ビジネスローンとの比較ではお得なローンになります。また、銀行で受けられない、申し込みができない、借りられない審査落ちでも、専門業者の審査はぐっと甘くなることが多いです。

この甘さの加減では赤字決算、個人向けでは債務整理中の不動産担保ローンにも対応しているところがあります。特に、多重債務解消のための不動産担保ローンの利用は、有効な借り換えとして見直されています。

やっぱり銀行が良い

銀行の融資実行までの時間で専門業者に申し込み、銀行審査で通れば借り換えという手段もあります。銀行融資の低金利は、融資額が大きくなるほど魅力です。

三井住友トラストの公式サイトでは、危ないと思われる方も相談してくださいとあります。ダメ元での銀行の不動産担保ローンの申込はしてみると良いでしょう。同時にファクタリングなども検討、業者が分からないときには、資金調達プロの公式サイトなどを参考にしてみてください。

金融機関の紹介、借入ノウハウの情報が満載です。経営者なら一度は目を通していただきたいサイトになっています。

-不動産担保ローン
-, , ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.