事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン 不動産担保ローン口コミ

できれば不動産担保ローンは銀行から

更新日:

できれば不動産担保ローンは銀行から

不動産を担保にできるローンですから、銀行の不動産担保ローンも審査に通りやすいと思っている人も多いでしょう。確かにそうなのですが、そこで気をつけておきたい点があります。

不動産担保ローンを活用しようというのは、全ての人において最後の手段的なローンと位置づけている人も多いでしょう。審査に通らないから、不動産を担保にするローンしか後は道がないという人も少なくないかもしれません。

これは確かにそうなのですが、そうなった場合の注意点として、そこに行き着くまでにすでに多重債務に陥っていないかという点です。さらに、多重債務から複数回滞納などをしていないかという点も銀行は見ているのです。

この場合は、申込み内容から信用情報機関に照会します。信用情報機関では申し込み者の全ての与信情報を照会できますから、カードローンの滞納やクレジットカードの滞納などがないかなどを詳細にチェックしているのです。

クレジットカードの滞納というのは多くの人が経験しているのではないでしょうか。クレジットカードの滞納は誰もが軽く見がちです。そして、多くの人が滞納についてすぐに返済していることでしょう。そうしないと、クレジットカードが使えなくなるからです。

だからこそ、クレジットカードの滞納は誰もが軽く見がちになるのですが、そういったうっかりミスによる滞納も信用情報機関にしっかりと記録されています。そこには、うっかりミスといったような備考はありません。ですから、どういった事情であっても滞納は滞納なのです。

うっかりミスであっても、お金がなくて滞納せざるを得なかった場合でも滞納には変わりはありません。そういった情報を不動産担保ローンの申し込みにおいても、しっかりとチェックされているのです。ですから、不動産を担保に入れるからと確実に審査に通ると思っていると、そこに落とし穴があります。

消費者金融会社の不動産担保ローンでは審査に通るかもしれませんが、銀行の不動産担保ローンでは審査落ちとなる可能性が高いです。滞納といった記録は5年間は記録されたままになりますから、一度でも滞納してしまうとその記録が5年間は残り、それを紹介した銀行では不動産担保ローンであっても審査落ちになる可能性が高いことに注意する必要があります。

消費者金融会社の不動産担保ローンでも金利は十分に低いのですが、どうせならもっと金利の低い銀行の不動産担保ローンを利用したいものです。

銀行の公式サイトで不動産担保ローンの取扱があるようでしたら、まずは相談するとよいでしょう。融資金額も大きい融資商品となるので、後の返済などを考えると個人事業主であれば、なんとしてでも金利の低い銀行の不動産担保ローンの審査に通って、高額融資を勝ち取りたいものです。

-不動産担保ローン, 不動産担保ローン口コミ
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.