事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン

アパートローン

投稿日:

この記事の目次

アパートローンと住宅ローンの違いとは

アパートローンと住宅ローンは、同じく建物に対しするローンではありますが、内容は全く違います。

どのような違いがあるのか、わかりやすくご紹介致します。

アパートローンは賃貸での収益に対する融資

アパートローンは、月々の賃貸収益にてローンを賄う事業計画による融資です。住宅ローンは、借りる人に対しての返済能力をチェックした上での融資であり、内容は全く違います。

ただし、マンションローンも借りる人に対しての返済能力をチェックされない訳ではありませんので、マンションの収益性と資産性にお金を借りる方の属性をプラスし、総合的にン審査され融資の決定が下されます。

アパートローンの融資の難易度は少し低い

アパートローンは月々の家賃収入に対する借入となりますので、当人の素質のみを問う住宅ローンと比べると審査の難易度は若干低くなります。

住宅ローンでは賃貸物件のローンを賄えない場合がある

賃貸物件は月々の賃料収入がありますので、それを月々の住宅ローンの返済に充てれば問題ないと思われる人が多くいらっしゃいますが、それは100%間違いないとはいえません。

住宅ローンと言うのは自分が住む目的の建物に対する融資ですので、本人以外の人間が存在しているアパートに対するローンは、審査が降りません。不特定多数の人間が居住するアパートの為のローンは、アパートローンしか該当しません。

いかがでしたでしょうか。
アパートローンという名称は聞きなれないかもしれませんが、アパートを運営する為には欠かせないローンといえます。

住宅ローンの方が建物のローンとして非常になじみがありますが、目的が全く違うローンですので役に立ちません。アパートをローンでご利用したい場合は、アパートローンのご利用を検討してみましょう。

アパートローンの商品内容やポイントを把握してみよう

アパートローンを詳しく知りたい方は、アパートローンの内容や特徴を知るようにしましょう。

アパートローンは、このような商品内容

アパートローンの商品内容は、このような内容となります。

使い道

アパートやマンションなどの賃貸住宅の建築や購入、リフォームの際の借換え資金。

ご利用可能な方

満20歳以上の個人の方。法人の方は、該当しない場合があります。

融資可能額 

およそ100万円~3億円以下となります。そのアパートローンにより、ご融資可能額が異なります。

融資期間

1~30年の1年単位で、そのアパートローンによって異なります。一般的に、どの金融機関も住宅ローンよりは短めの設定となっております。

担保

第一順位の抵当権設定を求められる場合が大半です。

保証人

マンションやアパートの経営に実質的にかかわっている方1人若しくは1人以上。

金利

一般的に、2.5~5%程度の範囲で設定されていることが大半です。都市銀行が1番金利が低い傾向があり、次の地方銀行、信用金庫、ノンバンク系となります。

金利は、住宅ローンよりもお高い傾向があります。しかし、ほとんどの金融機関では、申し込む本人の資産状況により金利の高さが左右されます。

一般のサラリーマンはどれだけの借り入れが可能なのか

アパートローンの借入金額の設定は、年収の5倍~10倍程度が一般的と言われています。年収500万円の場合、アパートローンの借入金額は、2,500~5,000万円程度となります。

既に住宅ローンをご利用している方でもアパートローンのご利用は可能

ほとんどの方は、既にご自宅取得の際に住宅ローンをご利用しています。アパートを取得する際にアパートローンをご利用すると、2つのローンを併用する事となってしまいますので、不安に思われる方も少なくないと思います。

住宅ローンとアパートローンの併用は、併用しても可能です。その理由は、住宅ローンとアパートローンは返済原資が全く違うローンだからです。既に住宅ローンをご利用中であっても、気にせずにお申し込みが可能となります。

アパートローンは銀行によって内容がバラバラ

アパートローンの内容は、各銀行などの金融機関によりバラバラです。その為、アパートローンご利用の際は様々な金融機関のアパートローンをチェックされる事をオススメします。

アパートローンは高齢者でもご利用出来るのか

アパート経営は、高齢の方が行う場合もあります。しかし、高齢の方に対し多額の融資を行ってくれる事は出来るのかと気になる方もいらっしゃると思います。

高齢の方に対するアパートローンは、事業栄継承し相続する人が居れば組むことが可能となります。継続する人が居る場合、年齢制限が無い金融機関がほとんどです。金融機関により捉え方に違いがありますので、まずは金融機関に相談をしてみると良いでしょう。

アパートローンのお申し込みの際の評価内容とは

アパートローンはローンですので、このような内容を審査されます。

事業計画

アパートは事業ですので、その事業が成功するか否かは非常に重要なポイントとなります。事業計画の中で間違いなく成功すると思われた場合、審査が通ります。

借入者の資産状況

借入される方の収入や資産等は、あった方が有利に審査が働きます。アパート収入のみで多くの収入がある場合だけでも問題ありませんが、その他の収入があればそちらも評価の対象となります。

借入者の他社での借り入れ内容

他社での借入れ場あるかないかを、チェックされます。ある場合は、その金額により評価されます。

各種税金の滞納が無いか

各種税金の滞納がある場合は、ローンで貸しても毎月支払いされるかどうかが不安ですので、審査が通らない場合があります。アパートローンをご利用されたい場合は、各種税金の滞納は全て支払いを終えるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
アパートローンは、このようなローン内容です。アパートやマンション等の購入を検討されている方は、是非検討してみると良いでしょう。アパートやマンション購入の際の資金調達に、とても役立つ頼もしいローンです。

アパートローンは低金利の時の今受ける事がとてもお得

アパートやマンションなどの賃貸経営の際、大切なのは資金計画です。先立つ資金が無ければ、アパート経営は実現しません。

賃貸経営をされる方の多くがご利用されるのが、ローンでの運営です。アパートローンは賃貸経営にとても役立つ、頼もしいローンです。現在アパートローンは低金利となっておりますので、融資を受ける場合はチャンスとなります。

アパートローンの金利について、ご紹介致します。

アパートローンは現在超低金利

アパート購入はお安い資金となりませんので、金利の安さは大きなカギとなります。

アパートローンの金利は、このような2つのポイントで決まります。

変動金利の場合

短期プライムレートにより連動します。短期とは、1年未満の物を指します。短期プライムレートは、日本銀行の金融政策に影響されます。

固定金利

長期プライムレートにより連動します。長期とは、1年以上の物を指します。長期プライムレートは、長期国債の金利に影響します。

ここで言うプライムレートというのは、銀行が貸し出す際の1番良い条件の金利の事を指します。住宅ローンフラット35の金利は、長期国債の金利が影響されます。

現在の金利の低さは、現在の日本の長きにわたる景気低迷の影響により発生しております。この長きに渡っている景気低迷がインフレになっていく事で、金利も上がっていきます。

現在、日本では株や為替、国際等が予想通りに動かない事が多く、現在は日本銀行が国債を大量に買い入れし、金利の上昇が抑えられております。今後景気回復すれば問題ありませんが、インフレが顕在化すると長期国債金利の上昇も考えられます。

長期国債金利が上がってしまうと日本銀行が喜ばしくないので、これまで同様金利の急上昇の抑制策を行っていくと思われますので、低金利はしばらく続くと思われております。しかし、何かの影響で金利が上がらないとは限りませんので、今金利がお安いうちに青アートローンをご利用する事が賢明といえます。

金利が違うとどれ位のリスクを背負うのか

金利は数パーセントですので、大した気にならないと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、ローンの金利というのは、多少の違いにより返済金額に大きな影響を与えます。

金利が2.2%と仮定し計算をしてみましょう。1億円を30年間借りた場合、金利が0.5%上がると年間31万円の返済額アップとなり、30年間の支払期間の中で930万円も支払が高くなります。また、金利が1%上がった場合、年間で62万円の支払い金額のアップ、30年間の支払期間の中では1890万円も高くなります。

金利がたった0.5%上がるだけでもこんなに支払い金額が多くなり、目も当てられない程の支払い金額のアップとなります。金利は0.1%でも安い方が想像以上のお得となる事が、これで理解出来ると思います。ローンは、金利が0.1%でも低い時にご利用する事が最大のお得となるのです。

アパートローンの金利はいつ決定するのか

アパートローンの金利の決定は、融資の審査を受けて、土地や建物に対し金融機関が担保の設定を行った時です。つまり、お申し込みの際に金利が物凄く低くてお得と思っても、担保設定した際に金利が上がっているという事も考えられます。

細かい目で金利の流れを把握し、1番ベストなタイミングの金利の際に決定出来るようにお申し込みを行うのがベストとなります。

変動金利型と固定金利型はどちらが良いのか

アパートローンには、変動金利型と固定金利型の2つの金利形式があります。どちらも一長一短ですので、とても迷う部分といえます。考え方としては、金利が上昇局面の場合は、固定金利を選ぶ事が理想となります。

今現在最低の金利の底だとすれば、固定金利がお得となります。今現在金利が高く、今後の情勢により間違いなく金利が下がる傾向がある場合は、変動金利型の方がお得となります。

金利のタイプは選びにくいので、アパートローンの金融機関とご相談をしてみると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
アパートローンは、金利の面でもしっかりチェックして把握し、無駄や損が無いようにローンを組むことがとても大事となります。借入する金額が少なくないので、金利の高さというのがとても重要となります。絶好のタイミングでアパートローンをご利用し、快適なローンとするようにしましょう。

アパートローンの選び方

アパートローンは、色んな金融機関で行っております。それぞれの金融機関により内容は若干異なりますので、どの金融機関の商品が良いのか詳しくチェックして選ぶ事をオススメします。

アパートローンの選び方のポイントを、ご紹介致します。

アパートローンはどこで借りる事が出来るのか

アパートローンは、民間の金融機関や公的金融機関にて取り扱っております。

民間金融機関

一般銀行、信託銀行、信用金庫、信用組合、農協、生命保険会社、損害保険会社等です。

民間金融機関のアパートローンは、使いやすいローンと捉えるとわかりやすいと思います。公的金融機関よりは金利は高いですが、現在の低金利時代の影響により、ご利用される方がとても増えました。

公的金融機関

日本政策金融公庫、住宅金融支援機構、地方自治体等です。公的金融機関のアパートローンは、金利などの融資条件が良いローンと捉えるとわかりやすいと思います。

どれ位の借入が可能なのか

金融機関により、借入金額に違いがあります。融資限度額は10億円のところもあれば、500万円というところもあります。

融資限度額の決定は、ご利用される方の年収に対して決定されますので、ご自分がご利用したい金額に似合った金融機関を探す事が大事となります。

借入期間はどれ位なのか

借り入れ期間も金融機関により異なりますが、ほとんどの場合住宅金融公庫の支払い期間に近い、30~35年の設定の金融機関が大半です。しかし、金融機関によっては10年など短い場合もございますので、細かく確認して選ぶようにしましょう。

また、法廷耐用年数を上限と設定している金融機関もございますので、その場合はパターンにより有利に活用する事も可能なアパートローンとなります。

金利のタイプの選び方

どの金融機関も、変動金利型か固定金利型、若しくは両方を採用しております。

金融機関によっては、金利のタイプを変える事が出来るアンサンブルローンを組んでいる場合もありますので、チェックするようにしましょう。1度決めると金利の形式を変える事が出来ない事もありますので、金利のタイプの選び方は慎重に行わなくてはいけません。

金利の高さのチェック

金利の数字は、各金融機関により異なります。ほぼ似たような数字ではありますが、本の0.1%違うだけでも最終的に支払う金額に大きな差が発生します。少しでも少ない金利の商品を選び、少ない返済金額のローンにする事が望ましいです。

金利は、この程度でいいだろうという考えで選んでしまうと、最終的に多額の金額を支払わなくてはいけなくなってしまいますので、想像以上に重要なポイントとなります。金利のパーセンテージの少しの差は気にされない方もいらっしゃるようですが、驚くほど最終的な支払金額に差が出ますので、注意が必要です。

提携ローンを行っているアパートローンにも注目してみよう

アパートローンの中には、建材メーカーや住宅メーカーなどが金融機関と提携しているローンがあります。その建材メーカーや住宅メーカーで建築される方向けのアパートローンとなっており、様々なお得があるローンとなっております。

繰り上げ返済が出来るか否か

繰り上げ返済が出来るアパートローンですと、一定期間分まとめて支払いしたい場合に大変助かります。繰り上げ返済は設定していないアパートローンもございますので、チェックして選ぶようにすると良いでしょう。

また、繰り上げ返済の場合は手数料を取る金融機関もありますので、その部分もチェックして選ぶようにすると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
この様なポイントに目を向けて選ぶと、アパートローンが選びやすくなります。

アパートローンは、各金融機関により商品内容がマチマチです。1つや2つだけを見て選ぶのではなく、様々なアパートローンの商品内容をチェックした上で、これだという1つを選ぶようにしましょう。後から「しまった」と思うのではなく、全てにおいて万度なローンを選ぶ事が大事となります。

アパートローンは借り換えにご利用する事も可能

アパートローンは、借り換えにもご利用が可能です。今現在ご利用されているローンを借り換えし、金利や返済期間を見直す事が可能となります。

アパートローンを借り換えにご利用する際のポイントなど、まとめてみました。

アパートローンの借り換えする事がメリットになるのかをチェックする

借り換えは一歩間違えると得とならない場合がありますので、アパートローンで借換えをする事で間違いなくお得となるのかをチェックするようにしましょう。借り換え効果の計算や費用の内容を見直して計算をし、間違いなくアパートローンでの借り換えの方がお得となるのであれば、見直しがオススメとなります。

アパートローンの借り換え可能ポイント

アパートローンへの借り換えは、これらの7つのポイントがクリアしている場合、借り換えできる可能性が高くなります。

ローンの延滞がない

ローンの延滞がある場合は、きちんと返済出来ない方と認識されてしまいますので、借り換えが難しくなってしまいます。

物件への差し押さえが無い

アパートローンをご利用したい建物が差し押さえされている場合は、ローンの審査が降りません。

ローンの残債より課税明細の評価額が高い

アパートローン対象のアパートやマンションの残債よりも課税の明細上の評価額が高い場合は、審査が通りやすくなります。

アパートの入居率が8割以上

対象となるアパートやマンションの入居率は、8割以上じゃないと審査が通りません。入居率が少ない場合は、ローンでお金を貸しても返ってこない恐れがありますので、審査が通りにくくなってしまいます。

対象物件以外に収入がある

対象物件以外にも収入がある場合は、支払い能力が高い方と認識され、審査が通りやすくなります。

連帯保証人で収入を確保出来ている

冷帯保証人で収入を確保できている場合は、支払い能力があるとみなされ審査が通りやすくなります。

債務者が高齢者の場合相続人が連帯保証人になる事に同意している

債務者が高齢者の場合、相続人が連帯保証人になる事に事前に同意している場合は、支払い能力が高いとみなされ審査が通りやすくなります。

これらの7つのポイントがクリアしている場合は、アパートローンの借り換えが可能となる確率が高くなるといえます。

アパートローンの借り換えの際の融資額の決め方

アパートローンの借り換えの際の融資金額の決め方は、今現在残っている借入額をそのまま新規で借入れするという事が一般的な流れとなります。

しかし、アパート経営というのはその他の要素も加味する事もありますので、他の借入れを一緒にまとめて借入れする事も必要となります。担保の価値が十分であれば借入金額を増やす事も可能ですので、どこまでの費用を借入れに充てたいのかを十分に検討して決定するようにしましょう。

返済のしやすいローンを検討しよう

せっかくアパートローンを借換えにご利用するのですから、返済しやすいローンとする事も必要となります。アパートは事業ですので、家賃収入などに合わせて返済日を設定する事も大事となります。

金融機関により返済日の設定はマチマチですので、どの日であれば1番ベストな返済日となるのかを細かく考えて決定するようにしましょう。特に、複数の不動産を所有している場合は、他の返済日との兼ね合いも十分に考慮し、決定するようにしましょう。

せっかく借換えをするのですから、キャッシュ不足で返済が出来ないなんて事が無いように、支払い日の設定はとても重要となります。

アパートローンの借り換えはどこに相談すると良いのか

アパートローンの借り換えは、借り換えが可能なアパートローンを行っている金融機関に相談をするようにしましょう。もちろん、以前ご利用していた金融機関でも扱っている場合はご相談も可能です。

いかがでしたでしょうか。
アパートローンの借り換えは、意外と使う事が出来る魅力的な方法です。気になる場合は、まずは金融機関にご相談をし、どのようなパターンがあるのか、商品内容等もチェックしてみるようにしましょう。今よりも支払いが柔軟になり、快適になる事間違いありません。

-不動産担保ローン
-

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.