事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産担保ローン 不動産担保ローン口コミ

不動産投資ローンの悪徳業者の口コミ

更新日:

不動産投資ローンの悪徳業者の口コミ

不動産投資ローンには、悪徳企業がある事をご存じでしたか。悪徳業者のトラブルに巻き込まれないよう、実際に不動産投資ローンの悪徳業者に当たってしまった方の口コミをご紹介致します。

聞いた事ない会社なのでおかしいと思ったら…

不動産投資ローンを行いたくネット上で色々調べていたら、大手企業や大手金融機関の名前に似せた企業の名前がありました。てっきり大手企業だと勘違いし、お問い合わせをしてみると不利な契約内容で疑問を持つようになりました。

あの大手企業は評判も高いのにおかしいなと思ったら、名前が激似の全く別会社という事が分かりました。危うく契約をしてしまうところで、急いでお断りを入れました。断りを入れてからもしつこく連絡が来ましたが、全部無視しました。怖い会社です。

見覚えのないダイレクトメールは危険

自宅に不動産投資ローンの郵便物が送られてくる事が多く、以前から不動産投資ローンに興味があったので中身を拝見しました。安心、即日融資、多重債務でもOKなど、何か虫が良すぎる内容ばかりが並んでおり疑問に思えるようになりました。

後日、ネットにて検索して確認してみると、なんと悪徳企業という口コミを多く拝見しました。不動産投資ローンに興味があったものの全くの無知でしたので、あやうく信用してしまうところでした。見覚えのないダイレクトメールの不動産投資ローンは、絶対鵜呑みにしない事をオススメします。

返済が厳しくなっても大丈夫という不動産投資ローン

そもそも不動産投資ローンはお金が必要だからローン契約を組むので、返済の際に支払いが厳しくなってしまう事もあります。そんな場合を踏まえて「返済が厳しくなっても外の金融機関から借入れが可能なので大丈夫です」という不動産投資ローン企業があります。

この言葉、一見嬉しい声に聞こえるかもしれませんが、ただ単に借金で借金を作るという流れとなります。この様なシステムを促す不動産投資ローンの会社の場合、後に紹介する企業はグルの可能性が大変多くあります。更に、高い金利で貸し出し余計支払いが大変になり、とんでもない目に合ったという口コミは大変多くあります。

この様な紹介を促す業者は悪徳業者ですので、大変危険です。一般的な良心的な企業は、しっかりとした返済計画をし納得した上での契約とする事が一般的です。

不動産調査の費用を別途請求してくる

不動産投資ローンですので、投資に使う不動産の価値の調査は必ず行われます。しかし、その調査費用はローンの金額の中に含まれているか、契約となった場合に調査費を幾らか取られるのが定番です。ですが、悪徳業者の場合は不動産調査費に多大な費用を請求し、最終的に融資が出来ないと断りを入れて不動産調査費用のみを請求する悪徳企業がいます。

このように、融資もしないのに不動産の調査費用のみを請求する事は有り得ませんので、このような口車の業者は絶対に信用しないようにしましょう。不動産調査費のみで何十万も請求され取られているケースは少なくなく、皆さん残念な口コミを多く挙げております。

審査がダメだった際に他の業者を紹介し紹介料を取る

良くあるケースといえば、低金利を売りにし顧客を確保し、審査の結果融資が出来ないと報告し、代わりに知り合いの業者を紹介してくれるというパターンです。その流れは既に最初から出来ており、紹介する事で別途紹介料を得る事で収入を得ている業者です。

低金利は名が知れている業者にはよくありますが、名が知れていないどこの業者かわからない業者低金利で多額を融資する訳がありません。聞いた事の無い業者の低金利話は絶対に叶いませんので、口車に乗らないようにしましょう。

この様な流れで、紹介料として手数料を取られた方は実際に多くあり、事実を知るまでこの流れが普通だと思っていたという方も少なくありません。審査で落ちる事があっても、知り合いの業者を紹介するなんて本来有り得ません。自分の企業の審査に該当しない相手を、知り合いの業者は審査が通るなんていう流れにはなる訳がありません。

契約前に実印を求めてくる業者

このパターンは、まだ契約もしていないのに「すぐ融資が出来る事が可能となった場合スムーズに手続きを可能にする為に事前に実印を持ってきてほしい」という流れです。そう言われると、早く審査が進んで融資を受けたいがために、契約もしていないのに実印を預けてしまう方が実は少なくありません。

契約前にうっかり実印を渡してしまう事で、好き勝手に投資物件の抵当権を設定され、不動さを取られてしまう事があります。嘘のような話ですが、実際発生している事実であり口コミも多くあります。取られた不動産は悪意を持って取られているので取り返す事は出来ますが、取り戻すのには時間とお金が発生してしまいます。これでは、何のための不動産融資化わからなくなってしまいます。

契約もしていないのに実印を他人に預ける事は、絶対にしてはいけません。それらの重要な物は、契約当時まで持ち歩かない事が、うっかり必要な物を手渡す事を防ぐ事のポイントとなります。

金融仲介料が請求される企業

金融仲介料とは、不動産投資ローンの会社自体が融資を行わず、別会社に仲介してもらうj事で金融仲介料がかかってしまうというパターンです。ホームページなどではいかにも自社で融資をするように紹介しておきながら、実際は他の金融会社が不動産投資ローンを行うという流れです。その企業の下請けが実際の不動産投資ローンを行うので、2つの企業と関わる事となり、2重の仲介手数料を支払わなければいけません。

このような金融仲介は違法ではありませんので、そのような業者と契約してしまった場合は2重の仲介料を支払わなくてはいけなくなってしまいます。違法では無くても、一般的な業者の場合は2重の仲介手数料なんていうのはありませんので、悪徳な企業と言えます。

こんな事有り得ないだろうと思われている方もいらっしゃると思いますが、全て現実にあった話であり多くの口コミがある事も事実です。お金に絡むところでは、色んな悪徳な事が発生しております。それらに合わない為には、お客様自身が気を付ける事が大事となります。

悪徳業者の手口というのは、日に日に巧妙化となっております。その為、悪徳なのか否か見抜けない事も時にはあると思います。少しでもおかしいなと思ったら一歩引き、冷静な目で考えて不動産投資ローンの検討をするようにしましょう

-不動産担保ローン, 不動産担保ローン口コミ
-,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.