事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産売買

相場を知ることと案外とかかる諸経費 

投稿日:

相場を知ることと案外とかかる諸経費 

誰だって自分の不動産は高い買取価格が付くことを願っています。必要な人にとっては、土地の価値は多少高い売却価格に対応してくれることが多いのです。そんな不動産との出逢いができれば、高く売ることができるのですが…。

不動産売却の成功の鍵は相場を知ることです。売りたいと思ったとき、やや正確に自分の不動産の相場を調べてみましょう。国が提示する評価額とは別に、スマイスターで簡単に今の相場を知ることができます。しかし、その価格での売買については、その後の交渉が大切です。

スマイスター土地活用無料一括

不動産売却をするときには、インターネットや近所の不動産屋等から査定価格を出してもらいます。

この時、価格差が出るところで迷うのですが、本体価格とは別に手数料などの諸経費を必ず確認してください。調査票などに、その記載がない場合は即却下です。

不動産屋が仲介しなくても50万円程度は最低限かかります。その上、不動産が入ることで、もっと費用がかかってきます。ですから、安い査定額になった場合、手数料折込なんていうことになったら、査定価格は高いけれど諸経費で一番安い査定価格設定だったということもあるのです。

物件情報などでも、諸経費はかかりますとか、仲介手数料があるので、必ず明記されている金額では収まらないということです。

ちなみに、仲介手数料=取引価格×3%+6万円+消費税です。500万円で22万7000円となり、1500万円で55万0800円です。絶対にかかる経費ですから、売却査定の価格はとても重要です。100万円程度の違いで諸経費が浮くのですから。

-不動産売買
-

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.