事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産売る

不動産売る 流れ

投稿日:

不動産売る まず相場を知るために


不動産を売ることを決めたら、その相場を知りましょう。現在、それを知る方法として、家に配られるチラシとインターネットなどの土地査定情報があります。

チラシに関しては、売り出し価格が掲載しています。建物の年数などでも変わりますが、その価格で売れるということは、自分で不動産を売るときには基準が下がります。

インターネットの査定は簡易査定もできますし、こちらは買値価格です。ですから、この価格で買い取ってくれると考えましょう。そこで、だいたい言い値を決めていきます。

インターネットの情報について、全て鵜呑みにするのは危険です。客寄せでよく書いてあることもあります。必ず、このくらいと数字を読むことが、後でがっかりしないことになります。

一括で査定ができるサイトは、どれだけ多くの不動産屋が参加しているかが問題です。できるだけ多くの不動産屋が査定額を出していると比較もし易いのです。少しでも高いところと言うのは本音ですが、ここから数社に訪問査定を依頼することになります。

簡易査定はあくまでも目安に過ぎす、こちらもそれを踏まえての訪問査定で本格的な交渉に入ることになります。とはいっても、訪問査定=依頼ではありません。ここで、他の不動産屋にも見てもらっていますと言ってもOK。その言葉で、査定額が少し上がることもあるかもしれません。

どの不動産屋と契約をする?


不動産の売買契約は、必ず不動産屋に入ってもらうことです。個人的な契約は後でトラブルになってしまうこともあります。ですから、不動産の売却先としては不動産屋がベストですが、できれば1円でも高く買取をしてくれるところが理想です。

不動産屋が土地や不動産を買い取る場合、2つのパターンがあります。

  • 購入希望者がいる不動産を買いに行く
  • 売却希望者の売り込み

です。

この2つですが、当然買いに行く方が査定は高くなりますが、売り込みに関してはなかなか厳しい査定がつきます。それでも、不動産屋から見てこの不動産は商品として価値がある場合には、査定も高くなることがあります。

既に◯◯の不動産がほしいという希望者が居る場合は、売却査定は高くして早く手に入れようとします。売買価格は不動産屋のさじ加減1つですから、自分の不動産付近に買い手が現在居るのであれば、それはラッキーでしょう。

インターネットの査定ばかりではなく、近所の不動産屋でも良いですから、とにかく査定をつけてもらいましょう。簡易査定から訪問査定ですが、業者によって大差が出ます。

ここは◯◯だからいくらと言うような事は常套句でもっともらしいことを言いますが、はっきり言ってここで担当者が言う言葉に関しては無視で良いでしょう。肝心なのは、いくら出してくれる?という点です。

その不動産屋で、たまたまほしい物件なのかもしれませんし、最初からどうでも良いのかもしれません。とにかく提示された査定額を見て、本格的に交渉を始める不動産屋を探しましょう。

不動産屋との契約 決定は慎重に


査定をしてもらい、ここという不動産屋と触媒契約を結びます。

簡単にここと決められない場合は、時間をかけて選んでも良いです。その間、訪問査定をした不動産屋からの営業連絡が入ります。正直大変と言われますが、インターネットによる新規の客を放したくはありません。

最初から、ここはダメ、ここは保留としておくも良いのですが、断るとところはさっさと断ってください。時間をかけたら良いというものではなく後になって依頼をしようとしたら、査定額が下がっていたなんて言うこともあるのです。

査定と言っても、担当者とのコミュニケーションです。それが良ければ印象は良いですが、必ず納得の行く査定額であることが必要ですし、よい人間関係が構築できそうな不動産屋との契約が望ましいです。

契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属媒介契約があります。それぞれに自分が行なって良いこと、複数の不動産屋に依頼ができるなどの制限がありますから、必ず確認をしてください。

そして、この時に売り出すための経費がかかることもあり、これも売却との関係の有無もはっきりさせておいてください。仲介業者としての不動産屋が決まると、後は売却去される日を待つばかりです。

売却できない時の対処法


不動産は、不動産屋に売却を依頼した時点で終わりではありません。どんな方法での売却活動をしているかもチェックしてください。購入希望者がいる場合はその都度見物に来ますし、忙しい毎日になります。

その時に、不動産屋の情報と実物に違いがないようにしましょう。チラシよりもキレイとか、良い印象を与える事も大切です。不動産屋に依頼をしたから後は勝手にやって、できるだけ協力を惜しまずに売却に向けて働きましょう。

そして、本当は最初の希望価格で売却できるのが理想です。ここで、約3ヶ月売却ができないと、査定額を落とすことになります。

ちなみに、現在の不動産屋のスタンスは売れないと買わない、売り込みにきた土地をストックしておくことはあまりありませんから、あくまでも買い手がついてからの現金化です。ですから、なかなか売れないと売買代金を下げていくことになります。

売り主としては納得行かないかもしれませんが、これはよくあることです。その時に必要なこととして、長期で考えているか、短期でなんとかしてほしいのかを伝えることです。

ここでもし、長期で良いのならすぐに代金を引き下げることはありません。しかし、すぐに現金化してほしいということであれば、ガンガン代金を下げていくことになります。不動産屋のやり方もありますから、そのタイミングなどについてはしっかりと打ち合わせをしてください。

最終的には売れることが大切


不動産を売るときには、様々な手数料がかかります。一番大きいのは仲介手数料で、不動産屋に払うものです。

一般に、

  • 売買価格×3%~5%+調整費

です。

例えば、1000万円の物件ですと388,000円、500万円ですと226,800円です。手数料はこれだけではなく、抵当権があれば抹消手続きなど、所有権委譲など、複雑です。不動産屋はすべて書類など揃えるだけではなく、売買契約の立会人になります。

不動産を売るとなると、査定サイトなどで高い査定が目につきますが、いろいろと長いお付き合いになることがあり、途中で売れなくて販売価格を下げるようなことになれば、最初からそんなに高くなくても良かったと思う場合もあります。

査定価格や売買価格については決して同じではなく、その時の事情もあり簡単そうで複雑です。売主となることでの立場の難しさや見学人の受入、売買契約書などの取扱など、何かと大変な事も多いですが、最終的に納得の行く価格での売却が理想です。

土地は売れない時代と言われていますが、買い主にしてみれば中古でも良い物件ならほしいという声も多いです。ですから、うまく行けば購入希望者がいないわけではなく、べらぼうな価格でなければ市場価格での売却ができるかもしれません。それにしても、協力的な不動産屋の存在は大きいでしょう。

-不動産売る
-

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.