事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産売る

適正価格と査定価格、時と相場は自分でも確認すること

投稿日:

適正価格と査定価格、時と相場は自分でも確認すること

インターネットなどの一括査定サイトなどで、高く査定価格を付けた不動産会社と売却手続きをするとします。

そこで、具体的な査定価格ではなく売却価格についての説明があります。売主が聞くその価格は、最初の査定より大きく下回ることもあります。売却時期がその時の不動産価格の高いときであれば良いのですが、たいていは低い価格で売買されると思ってください。

この適正価格とはつまり相場を意味します。地域と建物の相場を知り、それに沿う売却価格の設定をするのが、不動産会社の売却活動の第一歩になります。相場は業者などは常に調査、適切なアドバイスなどもできます。売主も情報をもとに、今の状況を知ることが必要です。

相場は、売主が考えるより冷静な数字です。安すぎると文句をつけて、高い査定価格を出す不動産会社を探したとしても、多分売却は難しいのです。

手軽な相場情報は、ポスティングなどのチラシです。特に、近隣の売却予定マンションの価格が正確な相場です。自分が売却したいものと比較検討され、高ければ下げた方が早く売却できることは納得されるでしょう。

すでに、インターネットの一括査定サイトで地域の売却価格がわかっている方は、現在の動いている数字と必ず比較をしてください。その数字とかけ離れている不動産会社の査定は、あてにならないことが考えられ、依頼をしたとしても売却はできないもののと思ってください。

一番査定価格が高かった不動産会社だったので、依頼したのに売れない。長期化する販売期間の影響で、適正価格に下げても売れない。結局、安いと思った適正価格や相場よりも安く価格を下げてやっと売れた話もあります。

そのときの相場と適正価格を知る、それが思った以上に安いものであったとしても、それが今の限界価格という事になります。

-不動産売る
-

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.