事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産売る

媒介契約の種類と内容

投稿日:

媒介契約の種類と内容

媒介契約は宅地建物取引業法によって定められ、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類あります。

専属専任媒介契約

すべてを不動産会社に任せます。自分で一切の売却活動ができません。

専任媒介契約

他の不動産会社に依頼はできませんが、買い手を自分で見つけることはできます。

一般媒介契約

複数の不動産会社に依頼をすることができます。

この3つですが、たくさんの窓口ができる一般媒介契約が理想です。たくさんの方に不動産を知ってもらう事ができ、あちこちの不動産会社で売却活動をしてもらえます。そして、1社の不動産会社で契約が成立した場合、他の不動産会社には、売却活動でかかった経費だけを支払う事になります。

取り扱う物件も多いのですが、積極的な売却活動は期待できないでしょう。

不動産の売却活動と言えばチラシなどなどの広告費ですが、専任媒介契約などの場合は熱心に行う事で自分たちの利益につながりますが、一般媒介契約の場合、頑張ったとしても他の不動産会社に取られてしまっては損をします。経費は請求するものの、活動のトーンダウンは避けられないことです。

専任媒介契約の場合、他の不動産会社には依頼はできませんが、自分で買い手を探すのはOKです。そして、依頼された会社にしても売却活動は期待できます。信頼できる会社であり、できれば早くに高く売却を考えている方には最適です。

というように、それぞれの特徴があります。専属専任媒介契約は拘束力がありますが、依頼された不動産会社の担当者は積極的に活動することが約束されていると言えます。早く高くという事であればこの方法がおすすめですが、担当者が頑張ってとしても時が味方をしてくれないとなかなか難しいのが現状です。

とりあえず、一般媒介契約で時を待つという方が大多数のようです。

-不動産売る
-

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.