事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産売る

不動産売るコツ

投稿日:

不動産会社だけではなく、担当者にも注目


不動産売却を考えるとき、不動産会社や仲介会社の選択が大きなカギを握ります。もっと細かく言うのなら、会社ではなく担当者の腕がポイントです。

現在、自分で査定価格を知ることができます。インターネットを使って、暫定的な査定価格を各不動産会社でどのくらいの値を付けているかを一目で確認することができます。その数字を目途に、数社の不動産会社に依頼をすることが可能です。

この時に、高い査定価格であってとしても、実際の内覧をした上で売り出し価格を大きく下げることがあります。それは、単なる顧客を増やしたいだけで、売却活動も消極的になる会社もあります。自社で、その地域での購入希望者層を持たない場合、高いコストをかけてまで営業はしないという判断です。

それでも、査定価格を吊り上げて、売主の心をくすぐる作戦もあるのです。そんな不動産会社に依頼をしたのでは、いつ売れるかも検討がつかないことになります。

しかし、インターネットの査定価格から、自分に都合の良い不動産会社を選ぶのは簡単にはできません。高く売りたいときには、ここだと思った不動産会社すべてに連絡をして内覧を行ってもらい、その後の態度を確認してください。

担当者の熱意などで多少価格が下がってしても、信頼できる担当者であればその後の売却活動にも期待ができます。そして、ホームページなどへの積極的な売却活動をしてくれたり、連絡などを密にするなどの営業活動、口コミなどを参考に売却手法を観察します。

不動産を希望価格で高く売却するタイムリミットとしては、たいてい3ヶ月と言われています。その後はどうしても下がってしまうのが市場価格です。ですから、一度依頼をしてしまうと3ヶ月の勝負になりますから、しっかりと担当者を見極める目を持つことが必要です。

同時に、仲介手数料などの比較検討も忘れずに。売却価格や査定価格は低いし、仲介手数料は高いという事になるとそこは考えなければならないことです。

不動産の売却の場合、売却可能価格の差で100万円というのは大きいですが、手数料関係でもそのくらいと簡単に取られることもあります。売却を考えている場合は、あらゆる知識を入れておくことも不動産会社選びには必要な事です。

古くてもきれいな方が良い


家にしろマンションにしろ、中古は中古でしかありません。建物は古くなればその分価値は下がりますが、古いと汚いは違います。

価格を吊り上げたいのであれば、可能な限りキレイにすることは必須条件です。それは査定価格に大きく関係することで、リノベーションのように最初から全部変えてしまう目的であれば、多少の汚さも良いのです。それでも、売買の場面では古いけれどキレイなものの価値は変わってくると考えて良いでしょう。

そこで、売却を具体的に考えるとき、必ずハウスクリーニングをすることを提案します。プロによる掃除は素人では気がつかない部分をピカピカにすることが可能です。このピカピカがポイントです。

建物や室内は使っていくうちに摩耗します。それをある程度よみがえらせることができるのが、ハウスクリーニングです。トイレやお風呂、キッチンなどの掃除はプロが行うと仕上がりが全く違います。

そして、部屋のレイアウトも工夫してみましょう。ショールームのような感じにしておくと、印象が違います。担当者が本格的な査定に来るときに、部屋に入ってキレイと思わせるところで、価格にも変化があると言えます。もちろん、一軒家の時には外回りも点検してください。

古さに関しては、どうしようもない点があるにしても、キレイに使っていることを印象付けることも査定の時には必要なことです。ベテラン担当者にしてみれば、小細工と見破られることはありますが、キレイな印象だけは心に残るはずです。

この先、買い手に紹介するにしても、良い物件を持っていることをアピールしたい不動産会社にとっては、手の行き届いた不動産の売却にはきちんと手をかけてくれるはずです。

高い査定価格には飛びつかないこと


不動産を売ると決めた場合、すぐに不動産会社を決めるのではなく時間をかけて選択することをおすすめします。

現在は、特定の不動産会社取りお付き合いがない場合、インターネットの一括査定のサイトがとても便利です。入力一つで、現在の自分の土地周辺の相場、市場価格を知ることができますし、取り扱う不動産会社もそこで知ることができます。

査定価格を見ると多少の差はありますし皆似たりよったりですが、期間をあけて同じように査定価格を調べてみてください。そうすると、ある時から徐々に価格が下がる不動産会社があります。買い手にとってみればこの時が買い時になりますが、売主にしてみればこの時は考えものです。

査定価格において、高い設定は不動産会社に戦略の一つです。高い設定は、売主にとってみれば魅力的ですが、それは単なる宣伝、売主の顧客集めにすぎないことが考えられます。要するに、高い設定にして不動産を差し出してもらうけれど、なかなか売却ができずに市場価格を下げていく戦法です。それに乗ってしまうと、高い査定価格はなんだったの?という事になります。

ですから、一括査定サイトを見るときに、安定的に価格設定をしているところで、あまりにも相場とかけ離れていないところが安心と言えるでしょう。それには、少し長い間同じ不動産会社を観察をすることが必要で、すぐに売却するのではなく確実な不動産会社選びをすることが大切になります。

会社にしてみても、得手不得手の土地や建物があります。自分が持つ買い手顧客層だけではなく、時期的なこと災害の有無など関係してくることから、長期間の観察はどうしても必要になります。

1円でも高く売りたいのは、不動産会社にしても同じです。売却手法はそれぞれですが、あまりにも高い査定価格にはご用心を。必ず、その価格が売却価格ではないことは知っておくことが必要です。

大手ばかりに頼らない


不動産を売りたいときには、会社の信用度も気になります。大手と言われる不動産会社なら安心と思う方も多いでしょう。確かに流通量が多い分売却率も上がるような気がしますが、そうとは言い切れないのが中古市場の現状です。

これが新築ならば、大手の方が保証などもしっかりしていると言えますが、中古物件に関しては売主が不動産会社であったとしても、もともとの持ち主は別です。ですから、近所の不動産屋でも、購入希望者にとっては安心な場合も多いのです。

自分の足で不動産会社を探すのであれば、一軒一軒売り込んでいくことで、どんな不動産屋なのかも確認することができます。しかし、現在は一括査定のサイトを利用して、そこから不動産会社を選択することが多いです。

町の不動産屋にしても、待っていても売れない、物件がないので登録しているケースが多くなっています。大手はもちろんですが、こうした小さな不動産屋も入っていることから、必ず両者の査定価格も確認しておくと良いでしょう。

土地だけであったとしても、立場(営業規模の大小)が違う不動産査定の確認ができます。購入と違って一連の手続きがあり、売買成立ができれば良いことですから、しっかりと宣伝、売却活動をしてくれればよいのです。

地元の不動産屋の場合、古くからの顧客がいたり買い手の情報が多い可能性もあります。ですから、ネームバリューだけの信用ではなく、どれだけ高く売却ができるかを確認するためにも、大手ばかりではなく小さな不動産屋の査定にも注目をすることをお勧めします。

時間がかかる不動産売却


不動産売却の極意として、『高く売りたいのなら時間はかかる・早く売りたいのなら安くなる』と言われています。誰でも早く高く売りたい不動産ですが、そう簡単なものではないのです。

そして、ネットオークションのように市場に出すのが自分であれば、セールスポイントも直接伝えることができますが、不動産会社や仲介業者が判断して売却をすることになります。ですから、内覧の印象を良くするためにきれいにするのはもちろんですが、リフォームも考える方も多いです。

しかし、リフォームはしない方が良いと言われているのですが、その理由として売却価格が高くなるからです。中古物件の購入希望者は、物件を少しでも安く入手して自分でリフォームしたり、リノベーションをしたい方も多いです。ですから、売主としてはキレイにして売却依頼の提供がベストなのです。

一応、中古マンションや家の売却の旬と言われるのは、広告を出してから3ヶ月と言われています。それを過ぎると、価格交渉で下がっていくことになります。

ただ、これも絶対的な数字ではなく、周辺の相場や売買状況によって大きく違います。不動産会社の意向もありますが、それなりに売却活動もがんばってくれて、売却手法もしっかりしているのに売れないというのは仕方のないことです。

そんな時代の相場も知った上で、自分の不動産の売り時期、依頼時期も考えることが必要です。たとえ時間がかかったとしても、高く売れればよいというのが一般的な考え方、余裕のある売却ができる方は時間をかけて不動産会社選びから始めてください。

-不動産売る
-

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.