事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産売る

不動産 査定

投稿日:

不動産 査定


不動産査定と言えば、我が家の価値と思う方も多いですが、これは少し意味合いが違うのです。

例えば、車の査定というと、この古さだと売却価格はこのくらいと言われることになります。車屋にしても不動産屋にしても、自分がほしい金額ではなく自分が売りたい価格から逆算していきます。

ですから、プリウスの◯年型の相場情報がこのくらいだから、この辺の土地の評価額が◯円だからきっと査定もこのくらいと思っていると、思ったよりも低いことが多いです。

ただし、不動産の場合、自分たちがほしいエリアが存在します。例えば、自分の顧客で一軒家を探していて理想と合う家の査定を依頼した場合、願ってもいない査定が付くことがあります。これは、他の不動産屋に物件が取られまいとするための手段です。話題になっている土地での中古マンションなども同様な取引事例があります。

査定は、水物と言われています。相場があったとしても、不動産が狙っているエリア、物件があることで、査定額に幅が出ることもあります。

とはいっても、そういった情報はどうしたらわかるのでしょうか?場所にもよりますが、都会なら話題になっているお店とか人の流れもありますが、そうではない土地の場合、何気なく地元の不動産屋などに聞いてみると良いでしょう。そんな物件、待っていたという場合もゼロではないのです。

最近は土地は売れないといいますが、新築の家は登場しています。欲しい所には待っているということですから、自分の足での情報収集はオススメです。同時にインターネットの一括査定などにも申し込みをして、同時進行で自分の本当の不動産の価値を知りましょう。

不動産屋の査定で生じるこの差は何?


不動産売却の時に行う査定ですが、不動産屋によって大差があります。これは一体どういうことなのでしょうか?

不動産の売買は、買いたい人がいて初めて成立をします。一軒家、マンションなどを多く手がける大手不動産会社は、それだけ派手に営業をしているようですが、とにかく沢山の物件を用意すると同時に買い手を端から探しています。

その時に、この良い条件での不動産物件情報が一つでも多く欲しいのは確かです。しかし、できれば安く入手をしたい、そこで査定を厳しくしてしまうことが多いです。

査定で100万円の家の場合、売却の際には300万円、500万円というように設けを出したいところです。ですから、できるだけ査定は低くが条件になります。

不動産屋は言います。「査定は安いといいますが、今の時代はなかなか不動産も土地も売れる時代ではないのですよ」と。確かにそうです。マンション売却には厳しい時代ですが、不動産屋が言うと最もらしく聞こえます。

ここで一括査定サイトを必ず利用してみてください。同じ土地、相場もあるのにときには数百万円の差が出ます。これは、不動産屋がほしい物件であるとの証拠の一つです。そのエリアに強い不動産屋というのがありますから、査定は必ず1社ではなく複数行うようにしてください。

売却相場はありますが、大差をつけてでもほしい物件に関しては業者は高い査定を付ける場合があります。時間も労力もかかることですが、簡単に決めないことが大切です。

高い査定をつけさせる交渉のススメ


不動産売却で、不動産屋に依頼をすることで得られることが2つあります。

  • 煩雑な事務手続き
  • 経験豊富な不動産屋の知識で高く売れる査定

です。

少しでも高い査定画が付くことを願うのは当然のことです。しかし、相場情報などによって、不動産会社は顔をしかめることも多々あります。

こちらは相場に関してはド素人ですから、言われるままに依頼をしてしまう。でも、それは信頼できる業者だからこそと安心感も誘っていることになります。

不動産に対する査定は、たいてい自分が思っているよりも低いことが多いです。付近の土地や一戸建て、中古マンションはもう少し高く設定されていることも多く不安になりますが、これは不動産屋が売却価格ではなく、自分の仕入れ価格を査定としているからです。

査定した不動産に売却活動をすることになりますから、営業コストもかかります。その上、仲介手数料としての不動産屋の収入も加わるのです。査定は仕入れ価格であり、その上乗せの売却価格になります。

では、どうしたら希望価格での査定に近づけることができるのでしょうか?この時に役立つのが一括査定サイトです。自分の不動産に対して、多くの不動産屋が査定をつけます、そこで、この査定から売却にどうつなげて行くのかを確認します。

こちらの売却そのものが急いでいないから、とにかく高く査定を願う上で不動産屋に説得するのも一つの手です。不動産屋にしても、もしその不動産に希望購入者の検討が付くことで、売却の価格交渉に入ることが可能になります。物件情報でチラシに出る前に交渉が出来れば、互いに高い査定と高い売却が実現するのです。

不動産屋にしても、購入検討者が存在する不動産に関しては、査定の勉強も持さないことになります。他社より高く買います。査定実績ナンバーワンと言うような不動産屋も多いですが、まずは一括査定サイトなどでの検討をオススメします。同時進行で数社の不動産屋との査定交渉をする上で、こちらの出方と不動産屋の動向に注意してみてください。

不動産の机上査定と訪問査定


机上査定とは、一括査定サイトなどでの理論上の数字です。たいていの売却希望者は、この一括査定サイトを使って付近の不動産相場を知ることができます。

“なんと◯◯社の不動産屋を掲載”ということであれば、ある程度競争意識を持って査定額をつけてきます。得意エリアや中古マンションや一軒家などの得意分野の売却価格相場、売却事例を引っさげて新規開拓に意欲的な業者が多いのが特徴です。

ですから、案外無理して査定額も高くしている所も少なくありません。ただし、これが注意点なのです。売り出し価格からの逆算での査定額は、訪問査定によって正体が暴かれます。

机上査定での1000万円が、訪問査定によって悪条件をつけてきます。消去法的に、これがあるからマイナス◯◯、これも不利になるからマイナス◯◯と言うように、最終的にはとても低い査定になることも珍しくありません。このことが、一括査定サイトで高い査定に飛びつくなと言う証拠です。

そうなったら、取引実績や売却事例などは参考にならないのですが、それでも会社としての経営スタンスが見えるのは確かです。高い査定でお客様をひきつけ、訪問査定でマイナスを付ける。このパターンがとても多いといえます。

しかし、実際に一括査定サイトで低い査定のところへはなかなか依頼ができないのが人間の心理です。ですが、訪問査定の時に大体の見当がついていましたからと説明をする不動産屋も少なくありません。

一括査定サイト経験者の話では、高い査定額に依頼をしなかった点として"訪問査定の際に誠意が見られなかった"ことも挙げられています。最初はいいようなことを言いながら、最終的なケチを付けるような許せない態度の営業マンの存在もあります。

査定を付ける不動産屋の真意を見抜くのと大変なことですが、机上査定において数社の不動産屋に訪問査定をしてもらって、実際の際の驚くということは良くあることです。

そして、訪問査定の方が正確であることは違いないのですが、それが本当の不動産の価値であるかどうかは不確かなことです。それを見抜くには、時間をかけて不動産屋や誠意のある営業マンとの出逢いが重要になります。

不動産売却 いざ、査定交渉!


不動産売却には、様々な数字が交錯します。売り主は、高い査定額を要求するのは当然です。一応相場を知った上で◯◯円に手数料などを考えたり、既に引越し先などの検討がある場合、希望売却価格を割り出すことができます。と同時に、最低でもこの程度はほしいと思うところです。

不動産屋にしてみれば、過去の取引事例からだいたいの査定をつけます。そして、購入希望者はこの土地の不動産なら◯◯円というように、一つの不動産に対して数種類の価格が錯綜します。

そこで、売り主と不動産屋は少しでも儲けを出したいのですが、決め手になるのが不動産屋が提示する査定です。査定は仕入れ価格であり、そこに手数料を入れ売却の時の儲けが上乗せされていくのです。

一括査定サイトなどでそれぞれに査定額が違うのは、手数料や儲けの差です。我が社の取引事例がこの程度ですからというのは常套手段の一つですが、もし既に購入希望者や購入検討者が待機している状態なら話は変わってくるはずです。

そうなると、全国に店舗展開をしている三井のリハウス、東急不動産などネームバリューのある不動産屋が強いと見てしまいがちです。顧客数は膨大ですし、購入希望者としても大手なら安心と見ることが多いです。

査定でのせめぎあいになりますが、不動産屋は少しでも安く仕入れをしたいのは本音です。その交渉に入っていくのですが、売り急がない場合は強気の態度で粘りましょう。

どうしてもほしい、買い手がもういる場合は売りたい価格、高い査定での交渉ができるはずです。妥協しない査定というのであれば、売却したい査定額を決めることです。ただし、相場とかけ離れた数字での勝負は得策ではありません。一応相場情報などを鑑みることは大切なポイントです。

-不動産売る
-

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.