事業者ローン不動産担保ローンで借りやすい審査が通りやすいところはあります。

借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融

不動産売る

不動産売る 相場

投稿日:

不動産を売りたいときには査定価格を知ろう


不動産を売るには、相場を知ることが大切です。手っ取り早く知る方法としては、ポストに入るチラシやダイレクトメールです。

ただ、そこで知ることができるのは、不動産がいくらで売れるのかではなく、売られているかです。ということは、チラシにある価格よりも低いのが実情です。

不動産会社にとってみれば、売却価格は自分の儲けをプラスしていますから、売りたい不動産はいわば仕入れ価格。ですから、売られている価格から儲け分を差し引き、なおかつ手数料も引いた価格が買取価格になります。

そこで出てくるのが査定価格です。自分の不動産の査定、これが売却価格に近いものになります。チラシの売り出し価格の元になるものですが、不動産会社に買ってくれという査定は、おもったよりも低いことが多いと言われています。

不動産会社がほしい不動産でなければ、その低さは顕著です。街角の不動産会社に私の不動産を買ってほしいと言う場合、手一杯価格が叩かれると言います。バブル期のように、土地が宝と言う時代ではないのです。

そこで、不動産査定価格一括サイトの利用です。これは、実際に不動産会社に尋ねることなく、自分の周辺の不動産査定価格を各不動産会社が一覧として表記しているものです。

このサイトで閲覧をすると、国の評価額を基準として査定額を算出しています。決して一律ではないのが特徴的で、不動産を売りたい方にとっては、一つの指針となります。ただし、机上査定に過ぎないので、その査定が取引価格になることではないので、次に訪問査定を行うことになります。一応、一覧となっている査定価格がおおよその相場といえます。

一括査定サイトの査定価格にはご用心


パソコンやスマホで確認できる不動産の査定価格。各不動産会社で大差があるのですが、過信し過ぎない、鵜呑みにしないことが大切です。

マンション売却、一軒家、土地など数字が並んでいますが、あくまでも簡易査定です。一応このくらいで取引されています程度の知識として、売却の参考にしてください。

相場を知るためには便利ですが、気になるのが不動産会社の差でしょう。高い・低いの差が大きいのですが、気になる不動産会社には訪問査定を依頼すると良いかもしれません。この時に、一社だけに依頼するのではなく、必ず査定価格の差がある数社に連絡をしてください。

一括査定サイトは、コンピューターにその不動産周辺の査定を数字化しているだけで、詳しい事は訪問査定で決まります。高い査定をおいている場合、客寄せの要因がある場合もあります。反対に低い査定が正直な数字の可能性もあり、実際は担当者が物件を見て決めるのです。

そして、では買いましょうという結論ではなく、この価格で売りに出しましょうと言うスタンスですから、不動産会社が即買取ではないのです。そういうと、高い査定価格の不動産会社に対しての不信感も生まれますが、これも営業活動の一環です。

取引価格にも手数料が加わったり、物件の欠陥を見つけて低くなることもありますから、一括査定サイトでの高い査定価格に対してぬか喜びしないことが必要なのです。

不動産一括査定サイトの利用方法


不動産一括査定サイトの利用方法は簡単です。住所と名前を入力するだけで、簡易査定の取引価格が出ます。それもサイトに参加している不動産会社の各社の数字が並び、そこで大体の相場を知ることができます。この時に取引価格に差が出ているのですが、これは仕方のないことです。

一括査定サイトにしてみても、どのくらいの不動産会社が参加しているかも問題で、首都圏や大都市になると、何十という不動産会社が査定価格を公表しています。ただし、全て簡易査定であり、実際には訪問査定を経ないと正確な査定額は算出出来ません。一括査定サイトでは、簡単な入力で相場を知る程度に利用することが必要です。

訪問査定に関しては、そのまま連絡すると、不動産会社からの担当者が実際に応対してくれます。そこからはサイト関係なくと言いたいところですが、中には不動産会社の担当者の態度が悪かったり、不審な場合もあります。

たいていの一括査定サイトでは、悪質な不動産会社は参加していないことになりますが、あの担当者は気に障る、もうこれ以上の営業活動はやめてほしい場合もあります。

特定の不動産一括査定サイトになりますが、そのような不動産会社に対して、おことわりを代行してくれるサイトもあります。物件情報だけではなく、フォローやサポートが万全なサイトの利用が安心です。

もちろん、どの不動産一括査定サイトも無料、不動産会社への連絡、訪問査定も原則無料です。だからこそ、アフターフォローがしっかりしているサイト利用がオススメです。

すぐ売りたい不動産 査定価格にご注意


不動産を売りたいとき、とても急いでいる場合もあります。すぐにでも売りたい、そんなときにも不動産一括査定サイトは便利です。

この時に、すぐ売りたい、少しでも高くというのが本音ですが、両方がマッチすることは少ないかもしれません。サイトでの簡易査定から訪問査定に至るまでの時間、そして実際の売却活動で、買い手がつかないと売買契約が結べないのが現状です。

そこで、一刻も早く買い手を見つける方法としては、安く売りに出すことです。もちろん、査定価格を見た上で不動産会社の手数料なども加味、結局は買取価格が下がってしまうのですが、すぐに売りたいということであれば、査定価格の妥協も不可欠です。

一応、一括査定サイトの利用から実際の売却までは3ヶ月程度が目処だとされています。この期間ですと、売り手も不動産会社もお互いが納得行く査定価格が望めますが、もっと短期間、できればすぐという場合は、価格を下げての売却になります。

不動産会社では販売活動を始めて1、2ヶ月過ぎた頃、価格を下げる交渉をしてきます。中古マンションや一軒家などは、売出しから1ヶ月程度が一つの目安とされています。その間、我慢ができるのであれば高い査定価格もありますが、急いで売りたい態度を出してしまうと、不動産会社は査定価格を低くしてきます。

この不動産会社ではダメと、他の不動産会社に依頼も良いのですが、そうこうしているうちに時間だけが過ぎて行きます。

一括査定サイトなどで、ここと見つけた不動産会社に関しては、信じるしかないかもしれません。そして、早く売りたい態度は足元を見られますから、1、2ヶ月程度の余裕があるときには、澄ました顔をして、普通の交渉をするのが高く売るコツです。

不動産一括査定サイトの使い方 連絡待ちが基本


不動産を売りたい方に便利な不動産一括査定サイト。サイト数だけでもたくさんありますが、全国対応のところがほとんどです。そこで、利用者数◯◯万人とあるのも納得、参加不動産会社◯◯社というのも、選択肢が多くて嬉しいことです。

各不動産一括査定サイトでは、参加不動産会社が違う場合があります。大手不動産会社などでは、あちこちに参加していますが、エリアが違う不動産会社も参加していたりといろいろです。

一括査定サイトの利用では、1つではなく数社に連絡をするのが鉄則ですが、不動産会社の反応もまちまちです。すぐに電話連絡、メール、詳細な資料とともに郵送での連絡もありますが、原則的には自宅にて連絡待ちになります。そして、期間も10日ほどかかって、各社の連絡があると言った感じです。

この不動産会社への連絡ですが、中には返答がないところもあるようです。実際にきた返答の中には、訪問査定もしていないのに、取扱をしていないというケースもあります。

ですから、必ず数社に連絡をして、比較されることをオススメします。実際には、訪問査定をしなければ何も始まらないのですから、不動産一括査定サイトを有効に活用するためには、連絡をして連絡待ちをすることがスタートになります。

単に、不動産の相場を知りたいだけの方は、閲覧だけでOK。事前に住所や名前も登録しますが、一括査定サイトからの連絡はありません。

-不動産売る
-, ,

Copyright© 借りやすい事業者ローン【不動産担保ローン】審査通りやすい金融 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.